ライフプラン - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

ライフプラン

マネー 家計・ライフプラン 2008/03/23 23:45

この度、住宅ローンを組みます。
ローンの額や返済計画などは、可能な範囲だと言う事なのですが、今後のライフプランに一抹の不安を感じますので、アドバイスいただければと思います。
生活費として、月に50万受け取っております。
光熱費や保険等、毎月引き落とされるものが、およそ10万。
食費や雑費として現金で使うものとして10万。
第一子(小3)の習い事に3万。
第二子(2歳)には今のところありません。
そして住宅ローンに15万。(23年ローン)
年間にかかるものとして、二人の学資保険32万。
それに固定資産税など諸々を加算すると、100万ぐらいだと思います。
こういった状況なのですが、月々どのくらい貯蓄するのが望ましいのでしょうか。
また、今後たとえば中学から私立を考えた場合など、第二子の幼稚園時期と重なり、出費がかなり増えてくる事が予想され、心配です。
その時には、手取りとしてもう少し考慮してもらうよう話はしているのですが。。。
またそうした場合には、どのくらい必要でしょうか。

coccoroさん ( 兵庫県 / 女性 / 34歳 )

回答:6件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

今後の予定を考えましょう。

2008/03/24 10:02 詳細リンク
(5.0)

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

月々どのくらい貯蓄するのが望ましいのでしょうか。というご質問ですが、これはそれぞれの家庭によって違ってきます。まずは、ご夫婦で今後の予定を考えましょう。いついくら必要なのか。そしてそのお金はどのように貯めるのか。運用利回りが何パーセントだったらたまるかなど検討しましょう。資産=収入-支出+運用利益です。どれをいじって貯めていけるのか検討してみてください。

評価・お礼

coccoroさん

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

学習費の年額、イベント表とキャッシュフロー表の勧め

2008/03/24 10:43 詳細リンク
(5.0)

sari様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

貯蓄額や生活費は個々の家庭で大きく異なります。従いまして、また、ご主人が幾ら手元に残されているかも分かりません。記載されている内容から、年間12マン程度程度の余裕がありますので、月々3万円程度を目処に貯蓄されては如何かと考えます。

なお、お子様の学習費は(学校教育費+学校給食費+学校外活動費)はH16年度文科省調査、年間平均
幼稚園 公立23.9万円、私立 50.9万円、小学校公立31.5万円、中学公立46.9万円、私立127.4万円、高校公立51.6万円 私立103.4万円、大学国立初年度81.78万円 次年度53.58万円、私立文系初年度114.43万円、次年度66.13万円になります。

現状の50万円の場合には、月々10万円以上の不足に為ります。
このようなことも含め、一度ライフイベント表とキャッシュフロー表の作成をお勧めします。

将来の夢や希望をご家族のイベント例えば、進学、車・住宅ローンの繰上げ返済、レジャーや趣味を費用とともに記載するイベント表。収入・支出そして貯蓄額の年度推移を記入するキャッシュフロー表です。これらの表を作成しますと、家計の全体像と将来像が把握でき、夢や希望を実現するための、貯蓄目標も明確になります。サンプルを私のホームページに掲載しています。宜しければご参照ください。
http://www.officemyfp.com/planningtool.htm

評価・お礼

coccoroさん

ご回答ありがとうございました。
具体的に数字を出していただいて、参考になります。
現状で3万の貯蓄、数年後には10万程度の収入増を目指したいと思います。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

ライフプランの件

2008/03/24 19:02 詳細リンク
(5.0)

sariさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『月々どのくらい貯蓄するのが望ましいのでしょうか。』につきまして、収入形態がご主人様のみか、あるいは共働きなのかにもよりますが、ご主人様だけの収入の場合、手取り月収の15%は最低限、貯蓄していただくようにしてください。

『今後たとえば中学から私立を考えた場合など、...どのくらいひつようなのでしょうか。』につきまして、各年ごとに予定している『ライフイベント』とそれにかかる費用を、今後お子様が独立するまで書き出していけば、概ね出て行くお金の流れや必要となる教育資金の総額は把握することができると考えます。

さらに、収入を含めた『キャッシュフロー表』を作成していただくことで、各年ごとの『資金残高』の推移を把握できますので、万が一、途中で『資金残高』がマイナスになることがあっても、早い時期から対処することで、資金を後から慌てて準備するようなことがなくなります。

尚、このようなことをファイナンシャル・プランナーが行ってくれますので、一度ご相談していただくことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

coccoroさん

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。色々と具体的に考えてみます。また何かありましたら相談させてください。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

家計の全体像を把握し資金計画を立てましょう。

2008/03/24 07:47 詳細リンク
(5.0)

sariさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

ご主人からもらう生活費以外の部分はご主人が自由に使っていらっしゃるのでしょうか?
それとも一部は貯金されているのでしょうか?
そのあたりがチョッと気になります。

年32万円の学資保険だけでは二人分の教育資金としては不足しますね。
中学から私立となるとなおさらです。

毎月50万円の中から年払い分も出すとなると年払い用の貯金を8.3万円
その他が月3.7万円が貯金できることになります。

いくら貯金をすればいいかと言うご質問に関してはその生活費の中からどこまで出すのかによってことなってきますね。
また、家電の買い替えやレジャー資金はどこから出るのですか?

一度ご主人とライフプランについて話し合った方がいいでしょう。
お子さんの教育費はいつごろいくら必要となるか?などを割り出してみましょう。
そして我が家の家計全体像を把握し、きっちりとした資金計画を立てましょう。

評価・お礼

coccoroさん

ご回答、ありがとうございました。
私は自宅でピアノ講師をしておりますが、まだ第二子が小さいため、精力的に仕事を増やす状況にないため、がんばって節約してできるだけ貯蓄をしていこうと思いました。最低でも月5万という具体的な数字をいただき、参考になりました。


ライフプラン作成をされることをお勧めします。

2008/03/24 11:00 詳細リンク
(5.0)

はじめまして。sari様
ファイナンシャルプランナーの網野です。

今回住宅取得に伴い住宅ローンを組む事になりいろいろ考える事が
出てきたようにお見受けいたします。

将来のことを考えるといろいろなことが次から次へと出てくるものです。
このようなことは何も不思議な事ではありません。

余程楽観的な人以外はほとんどの方が通過する道です。

自分の頭の中でいろいろ考えても中々はかどりません。
具体的心配事、気になること、やってみたい事を全て書き出して
ライフプランを作成してもらう事です。

具体的な問題点、課題、将来へ向けたやるべき事が明らかになります。
なんと具体的な数字で課題が浮き上がってきます。

そこで自分なりの目標が明確になり、その目標に向かって行動するだけです。

まずは近くの独立系FPにご相談されたらよろしいかと思います。

評価・お礼

coccoroさん

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。


計算してみました

2008/03/24 11:12 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、FPの城木きよ子です。

簡単に計算してみました。

・年間生活費予算 50万円/月×12か月=600万円

・引落し生活費 10万円/月×12か月=120万円

・現金生活費 10万円/月×12か月=120万円

・習い事 3万円/月×12か月=36万円

・住宅ローン 15万円/月×12か月=180万円

・年払い生活費 100万円

支出合計は556万円。
貯蓄可能額は、600万円-556万円=44万円(3.67万円/月)

今後、中学受験準備のための通塾費、第2子の幼稚園代が必要になると、毎月50万円の生活費では不足することが予想されます。
教育費は学資保険だけでは不足しますので、その準備も考慮しないといけないと思います。

N&Kコンサルティング 城木きよ子
http://www.norikiyo.com/

評価・お礼

coccoroさん

ご回答ありがとうございました。やはり不足ですよね。がんばって貯蓄します。

質問者

coccoroさん

再質問

2008/03/25 11:04 固定リンク

ご返答いただきありがとうございます。
記載が不十分ですので、追記させていただきます。
まず、主人の取り分ですが、7万ぐらいだったと思います。浪費家ではないのですが、会社関係での交際費などに使った残りは、そのまま貯まっていき、レジャー費や外食などに使っています。
家電の買い替えは、結婚してからはなかったのですが、この度新居に移る際に考えております。その資金から出す予定で、またその先の買い替えについてなどの資金ぐりは、まだ考えておりません。
この度ローンを組む事になり、今までの暮らしぶりで余分な部分があれば改善したいと考えているのですが、細かく他人と比較した事もなく、このままで十分倹約できているのかいないのかわかりません。
もちろん各々の家庭で違うとは思うのですが、節約して生活した場合の世間一般の状況など教えていただけると嬉しいです。

coccoroさん (兵庫県/34歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

35年住宅ローンと教育資金で将来が不安です JFKさん  2009-01-26 15:42 回答7件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
毎月赤字で貯金ができません めぐぱそさん  2007-07-18 13:46 回答4件
家計診断をお願いします ひよこ5さん  2013-04-12 14:26 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)