今の円高を賢く貯蓄に生かすには - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今の円高を賢く貯蓄に生かすには

マネー お金と資産の運用 2008/03/20 06:48

久方ぶりの円高
この状況を生かして貯蓄をしようと考えていますが、対米ドルに対してのみで、ユーロに対してはあまりよくない様子。
どのように投資したらよいでしょうか教えてください。

むらきんさん ( 埼玉県 / 男性 / 42歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

通貨も分散投資をお勧めします

2008/03/20 08:32 詳細リンク

むらきん 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

むらきん様が書かれているように現在の状況はドルの各国通貨やスの状況です。
今後本来の円の価値(購買力平価換算)に戻るかは疑問です。

外貨建て商品の配分では、2つの投資方針により大きく異なります。
1年間程度の短期投資では、対ドルだけの円高を利用して、FXや米ドルMMF(公社債と短期金融商品で運用する投信です)など流動性の高い取り引きをお勧めします。FXの場合はレバレッジを効かせずに2倍程度で収めれば、リスクは限定されます。MMFは購入翌日から売却が可能ですので機動的です。

長期的な観点から投資を行う場合は、米ドル安を良い機会として、通貨分散をお勧めします。
米ドルに対して円安になれば利益が出、他の通貨に対して円高が進んでも緩和されます。
債券シェアや株式時価シェア、貿易量等を勘案し米ドル50%〜60%、ユーロ20%〜30%、その他10〜20%をお勧めしています。
例えば米ドルMMF50%、ユーロMMF30%、ポンドMMF10%、豪ドルMMF10%のように分散をお勧めします。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

為替は通貨の交換料金。

2008/03/20 08:44 詳細リンク

はじめまして、FPの岩川です。

投資をする場合は、投資先が重要です。

債券や株式は、
債券を発行する企業、国が投資先として存在します。
株式も発行する企業が存在します。

どちらも、お金を提供、支援して、その見返りにリターンが得られます。

しかし、
為替は、通貨を交換する料金です。
為替そのものは、投資先が存在しない、通貨交換の料金の変動を予測して収益を狙うわけです。

円高になると、外貨預金や外貨MMFを購入しますが、外貨を保有しているわけでなく、短期債券に投資、保有をしていることになります。

知らずに、誰か(企業や国)の発行する米国短期債券が投資先になっているわけです。

ですから、まず、投資先を決定しなければなりません。
米国資産(米国株式や債券)に投資を行えば、ドル相場(為替)の影響を原則受けます。
つまり、このような時に堅実に資産形成を始めたいのであれば、為替の先にある、米国資産を含めた投資プランを考えて行うことです。

円高だから、という理由だけで行うのであれば、投資ではなく、投機(ギャンブル)と考え、大切な資産でなく、余裕資金で行いましょう。

「円高=いずれ円安=儲かる」のであれば、全資産をつぎ込みます。
大切な資産をそんな理由で投資をして、儲かり続けるほど「甘く」ないと思います。

この円高で為替のQ&Aをいくつか回答しています。
真剣に検討している方には、参考になると思います。是非、ご覧ください。

http://profile.allabout.co.jp/pf/iwakawa/qa/detail/13444

http://profile.allabout.co.jp/pf/iwakawa/qa/detail/13512

http://profile.allabout.co.jp/pf/iwakawa/qa/detail/13449

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。


投資する理由を整理してみましょう

2008/03/20 08:32 詳細リンク

むらきん様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

過去と比べて現在が円高になっていることは間違いありませんが、将来に対して現在が円高になっているのか、誰にもわかりません。これは、むらきん様の投資判断になります。

もし、短期的にみて、現在の水準が円高である(すぐに円安になる)と考えるのであれば外貨自体に投資すればよいでしょう。

そして、その判断に対する自信が強いのであれば、レバレッジをかければよいでしょう。つまりFX取引です。同じ投資金額でもレバレッジが効いていると損益の幅は大きくなります。

短期的に円安に戻る & 自信はほどほど -> 外貨建MMF(レバレッジなし)
短期的に円安に戻る & 自信がある -> FX取引(レバレッジあり)

ということになります。もし、いずれでもないけど外貨に投資したいと考えるのであれば、もう少し長期的に考えたほうがよいでしょう。

為替とは日本とある国の経済格差を調整するものと考えればよいでしょう。対象となる国の経済が日本より速いスピードで発展するのであれば、その調整役としての為替は、その国との関係で円安に動くことが予想されます。

その国がアメリカであるのかどうかは、むらきん様の投資判断になります。

為替に関しては、素人だから勝てる外貨投資の秘訣などを読まれるとよくわかるように思います。

ちなみに、日本人は為替を安易に考えがちですが、為替は株式に勝るとも劣らない程度のリスクを持った投資対象です。先が読みにくいという点では、株式以上かもしれません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

お金と資産運用・投資 なやみますよさん  2016-08-03 14:43 回答2件
積みあがった普通預金の投資について youmeconさん  2016-05-13 12:45 回答2件
ユニットリンク保険への切り替えについて S.Nさん  2016-04-25 05:28 回答2件
預金と投資の比率について シャピクワさん  2016-03-08 21:52 回答1件
長期投資においての利益確保について しゅーぴんさん  2016-01-20 23:21 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

森本 直人

森本FP事務所

森本 直人

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

吉野 充巨

オフィスマイエフ・ピー

吉野 充巨

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 資産運用相談(アドバイス専門)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 実務家FPによる貯蓄・資産運用相談
平野 雅章
(ファイナンシャルプランナー)