一人暮らしをしたいのですが - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

一人暮らしをしたいのですが

マネー 家計・ライフプラン 2008/03/18 12:59

現在就業年数五年目で、手取り収入月額約18万円、ボーナスは1.5ヶ月分を年2回支給で、実家暮らしで生活をしています。給料は小さい会社なので今後もそんなに上がる予定がありません。

結婚の予定もなく、家族四人で狭い家に住んでいるので
自立のためにも一人暮らしをしたいと考えているのですが、今欲しい物を購入したり、老後や、今後のライフステージで必要なお金も貯めなければと思いながらも、生活費にほとんどが消えると思うとなかなか一人暮らしに踏み切ることができません。

定年まで、もしかしたら働くとして、いくらくらい貯めておかなければならないものなのでしょうか?
月いくら程度の貯金をすれば大丈夫なのでしょうか?
それによっては一人暮らしも厳しいかな〜と思います。

こけももさん ( 京都府 / 女性 / 25歳 )

回答:3件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

老後の生活について

2008/03/18 13:48 詳細リンク
(5.0)

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

老後のお金がどのくらい必要なのかは人それぞれです。まずは老後どんな生活をしたいのか考えて見ましょう。どこで暮らし、どんなことをして生活をしたいのか。それにより生活費などがかなり違ってきます。老後にいくら必要なのかは統計では出ていますが、あてにならないでしょう。
ただ、こけももさんの場合には25歳ですので老後の生活設計より前に5年後、10年後の生活設計が必要かと思います。また、現状の収入ですと元本確保の商品のみでお金を貯めるのは難しいと思います。経済を勉強して株、債券、投資信託などの商品での運用も考えたほうがいいでしょう。
一人暮らしをしたいということですが、現状で一人暮らしをしたら貯蓄はなかなかできないと思います。もっと給料がいいところに転職するのもひとつの方法でしょう。

最後に参考までに統計から計算すると
老後のゆとりある生活は月額38万円です。もしこの金額で60歳から85歳まで計算すると11400万円必要になります。60歳までの平均報酬月額(厚生年金加入中の月の平均額)が30万円で加入期間38年だとすると65歳以降年額約180万円です。そうすると65歳から85歳まで3600万円もらえます。ということは差引き7800万円は何とかしないとなりませんね。

評価・お礼

こけももさん

回答ありがとうございました!

なかなかお金をためていくだけでは増えないものなのですね。。。

経済の勉強からしていったほうがよさそうですね。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

40年後の貯蓄額

2008/03/18 14:13 詳細リンク
(5.0)

こけもも様
初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

老後資金の確保は、40年先の準備としてお答えします。但し将来の物価がどうなるかが分かりませんので、数値は現在価値に為ります。

現在、総務省家計調査H18年の「60歳以上の単身無職世帯の収入と支出」は別紙の通りです。収支の差は27,684円で、これを貯蓄から補っています。
また、女性60歳時点での返金余命は27.74歳ですので88歳と置き、退職が65歳に成っていますので、その間に必要な貯蓄額は、

27,684×12ヶ月×23年=7,740,784円と試算されます。ただこれは平均値ですので、現在価値で1,000万円を目標にされては如何かと考えます。

25歳から65歳までの40年間で、毎月1万円を3%複利で運用できた場合の最終金額は9,260,595円になります。倍の2万円を積み立てた場合には、約1,850万円になります。
また4%複利運用の場合は、1万円積立では、10,819,495円、2万円で約2,160万円になり、現在の65歳以上の平均貯蓄額が約2400万円ですのでこの値に届く貯蓄額と考えます。

長期運用では、運用開始が早ければ早い有利に働きます。とりあえず1万円の積立から始められては如何でしょう。

評価・お礼

こけももさん

回答ありがとうございました!
ちょっとずつでも、
運用していくことは大事なのですね。

勉強不足で知らないことが多すぎて
不安なので何もせずにいてました。

ちょっとかんたんなことから勉強していこうと思います。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

- good

自分は、どう生きたいのか?

2008/03/20 11:07 詳細リンク
(5.0)

こけももさん、初めまして。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

お金の心配をする前に、自分は、どう生きたいのかを考えてみましたか?

自分の人生の経営者は、自分です。
経営者として、自分の会社は、どういう経営をしたいのかをきちんと考えましょう。

「結婚の予定もなく」とありますが、今のところはないが、できればしたいと思っているのか、するつもりがないのか。

特に、女性の場合は、結婚相手により人生が変わってしまう要素が高いので、自分の人生をあなたまかせにしてしまう傾向があるのですが、それは、もったいない話です。

もっと、主体的に考えて、自分の生き方に合うパートナーに出会ったら、結婚を考えるという具合にしたらどうでしょう。

自立というのは、1人暮らしをすることとイコールではありません。

自分の会社の経営方針を決めてから、計画をねって、それから行動ということになります。

評価・お礼

こけももさん

回答ありがとうございました!

確かに明確な人生設計もせず、
漠然と不安を抱えてすごしてるだけでした。

一人暮らしはしてみたいことの1つなので、
自己投資につながると考えています。

結婚もしたいので、
その上で一度人生のプラン、考えてみます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計の見直しについて bingobingoさん  2010-10-07 01:08 回答3件
生活環境の変化で…家計診断お願い致します kokomeiさん  2014-03-05 20:59 回答3件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
家計診断をお願いいたします≪貯蓄と生活の質≫ minami0227さん  2012-06-12 10:39 回答4件
二人目は難しいでしょうか? 動物大好きさん  2010-12-21 20:45 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)