部屋の間取りについて - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

部屋の間取りについて

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2008/03/15 06:23

20年前の中古住宅を購入しました。部屋数は多いのですが、それぞれ独立した部屋ばかり、それも4畳半とか6畳がほとんどで、たんすを3つ置くだけでいっぱいになったり、家族でくつろげる広さの空間もありません。ふすま等でしきってあるような二間続きもなく、すべてが廊下にそってそれぞれ入り口があるような独立した下宿部屋のようです。なんとかして広い部屋に改築したいのですが、地震に弱くなるのでやめたほうがいいといわれていますが、結局狭い部屋にみなが寄り集まって、使わない部屋はまったく使っていません。強度を弱めず、広い部屋にしたいのですが、どのような方法がありますか。

餅袋さん ( 三重県 / 女性 / 42歳 )

回答:2件

深澤 熙之 専門家

深澤 熙之
建築プロデューサー

- good

地震対策は縦揺れと横揺れの両方を考えて補強をすれば

2008/03/15 10:38 詳細リンク

おはようございます、餅袋様。

はじめまして、深澤煕之です。

昔の家は部屋の大きさ小さくして部屋数が多い家が一般的に多いですね。

おそらく、大家族が住んでいた家なのでしょう。

最近では部屋数を小さくして、部屋を大きくする改築リフォームが多いです。

耐震構造に於いては建築設計の方の専門なのですが、餅袋様にわかりやすく説明をすると
すれば、

まず、地震が来ても安心な家にするには、どういう家が倒壊をしたケースが多いかという事を判断をすれば、良いかと存じます。

まず、一番多いのは下からの突き上げによる縦揺れに対する力が大きく働いて、木材柱で弱いところが折れたり、その部分の土台と柱が折れて倒壊するケースが一番多く、

その次にメンテナンス不備による柱を支えている筋交部分や壁部分の耐震強度が弱く、地震の横揺れの力がその弱い部分に特に働いて、倒壊するケース。

そして柱と梁のねじれの力が弱い部分に働いて倒壊したというケースがあります。

間取りを広く、部屋数を少なくするという事は柱を切らなければならなず、その分の耐震壁部分も少なくなる訳であります。

それらを総合的に判断した場合、縦揺れに対して、一番大切な柱は2階建て場合、1Fより2Fまでいっています。通し柱というものがあるのですが、その柱はとても耐震という点について大事な柱ですのまずは切らない方が良いと判断をした方が良いです。

どうしても壁をとりたい部分であれば、柱を残し角材を斜めにして筋かいの役目を果たせ、その部分をデザイン的にわざと見せるという方法もあります。

まず、通し柱の部分は筋かいが入っていないと耐震に弱いのでその部分は壁としてないと駄目です。

柱をきるとしましたら、通し柱になっていないところを切るようにして、切ったところの梁部分を補強して、縦揺れとねじれ現象に対しても大丈夫なように梁と梁を組み手にして耐震金物、ボルト等を使用して補強すれば、大丈夫です。

補足

また、柱を切ったところの梁を両側で支えている部分の柱が大丈夫かどうかをチェックする事が大事であり、上からの重量が1本2本に集中してかかってくるという設計は避け、どうしてもそうなる場合はその支える部分の柱を補強する事です。

地震の縦揺れは今の重量を支えている柱や梁にその重さの約8倍相当の力が働きますのでその8倍分の荷重をさせられるような強度にしなければなりません。

また、土台部分と柱が強い力が加わっても大丈夫かどうか? 柱と土台のほぞ穴が抜けないように耐震補強金具が入っているかどうか?(入っていると思いますが)

土台と柱ががっちり、基礎からのボルトでしっかり止まっているか?すき間が空いてないか?基礎部分にひびが入っていないかもまずチェックをされる事です。

淡路阪神大震災は私の身内も震災の犠牲者として亡くなりましたので、その恐ろしさは痛感しています。

細かく言えば、まだまだアドバイスをさせて頂く事は沢山ありますが、今上げた事を留意しながら、考えて判断をしていけば、部屋を大きくしていく事は可能ですので、参考にして下さい。

ライフスタイルにあわせ、改築していく事は楽しい部分の一つです。

地震対策さえ万全であれば、大丈夫です。

設計士さんでしたら、より詳しく教えて頂けると存じますので、地元の設計士さんによく相談をされて、良いリフォームをなさって下さい。

疑問点があればそのままにはせず、納得するまで調べる事が最も大切な事です。

記事の文字数に制限がありますので、残念ですがこれで失礼をしますが、良い、設計士また、工務店に出逢われる事をお祈りしています。

回答専門家

深澤 熙之
深澤 熙之
(埼玉県 / 建築プロデューサー)
昭和アルミ株式会社 
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


改築は耐震診断をしてから

2008/03/15 10:30 詳細リンク

餅袋さん、はじめまして。

壁を抜いたら地震に弱くなるというアドバイスは確かに言えることでしょうね。

しかし、どれもこれも抜けないかというとそうではありません。在来工法の木造住宅の場合は筋交いのある部分以外は壁を抜いても構造的には大丈夫ということになっていますが、耐震診断では筋交いのない壁も計算に乗せて耐震性能を計算します。

じゃあ一体どうすればいいのかということになりますね。

今の住宅の構造チェックを木造の耐震診断の資格を持っている人に見てもらって安全性を確認してから改築されるほうがいいと思います。

築20年を経過しているのであれば耐震診断をするとほとんど倒壊の恐れ有りと出ますが、これは近年の耐震基準が変わった影響です。

以前の基準でしっかりと作っていた住宅でもほとんど同じ結果になりますのでご安心ください。

診断の結果を見て、補強しないといけない箇所と壁を抜いていい箇所をしっかりとアドバイスしてもらってから改築されるほうが安心ですね。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

キッチンに苦戦 ともぴょんさん  2015-06-13 09:07 回答1件
建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件
リノベーションは高くつく?安くつく? ぽぽんたさん  2009-02-06 11:22 回答4件
リフォームか住み替えか迷っています。 秋田小町さん  2008-10-09 10:56 回答2件
2階の補強 もちもちさん  2008-09-30 13:52 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)

メール相談

パネル交換によるプチ・キッチンリフォームでイメージチェンジ

パネル1枚からオーダー出来るリフォームをしてみませんか?

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)