リビングが寒くてたまりません - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

リビングが寒くてたまりません

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2008/03/15 00:20

南向きの8畳のリビングなのですが、南側に出窓、東側に大きな掃きだし窓、西側に玄関へ行く扉、北側にダイニングキッチン10畳との引き戸3枚でのしきりになっています。大勢の家族が行き来するので、部屋が暖かくなりません。いつも上着を着てコタツにあたっています。
通常、カーペットとこたつでの暖房ですが、夜はエアコンとハロゲンヒーターも使うときがあります。ですが、エアコンの送風向きが玄関側ドアに向かっているので、誰かが部屋を出ると、廊下の吹き抜けに暖かい空気が一気に逃げてしまいます。
玄関、廊下、階段の吹き抜け部分は10畳近くあります。
今度の冬を快適に過ごすためにリフォームを考えていますが、どのようにしたらよいかアドバイスをお願いいたします。

みっきーみっきーさん ( 山梨県 / 女性 / 31歳 )

回答:1件

深澤 熙之 専門家

深澤 熙之
建築プロデューサー

- good

断熱効果の方法にはいろいろございます。

2008/03/15 01:11 詳細リンク

こんばんは、みきーみっきー様

はじめまして、外断熱リフォームを専門としています深澤 煕之です。

みっきーみっきーさんのお話の状況から、リビングの熱が四方八方へ逃げていき、リビングの熱損率がかなり大きく、いかにも寒そうな感じですね。

リビングの熱が玄関廊下の西側、台所の北側、東、南の窓側と開口部が部屋の割には数が多いので熱損率(熱の逃げ道)が大きいのですね。

断熱効果を高めるには部屋全体の熱の集熱効果を高める事なのですが、まずは窓などの開口部に熱が逃げないように断熱効果のあるカーテンとかをすると多少は効果的になります。

ドア部分や仕切りドアの開口部ですが人の出入りがするところですから、カーテン等をすると人の出入りがしにくい状態になりますね。

そこでいくつかの方法があるのですが、ドア、仕切りドア、内壁に断熱塗料を添付する方法があります。

その断熱塗料はセラミック系の樹脂とウレタン樹脂を配合した特殊塗料ですが、日本の宇宙開発の技術で開発した塗料と米国NASAで開発した技術の塗料の二つあり、それぞれの断熱効果は通常の住宅のグラスウールや発泡ウレタンより、断熱効果があると実証されたものです。

その塗料を使用してリビングの部屋の中全体の集熱効果が高まり、断熱効果はかなり上がると思います。

今あげたのは住宅の壁、ドアの内装や外装に使用できる断熱効果のある塗料でセラミック製でマイナスイオン効果もあり、シックハウスの心配がないF☆☆☆☆の評価を受けており、お寿司屋さんなどの店舗でも安心して使われている方法です。

また、もう一つの方法はリビングだけの断熱効果だけを高めるのではなく、家全体を外断熱リフォームで断熱効果を高め、リビングと台所、玄関の温度差を無くしてあげる事です。

家の中の玄関・トイレ等、どこへ行っても温かい温度差のない家にしてしまえばドアが開けっぱなしでも温かくお年寄りの方にはからだにやさしい家になります。

補足

この外断熱アルミ外壁リフォームや 先にあげた内装断熱塗装リフォームは特殊な技術も必要となってきます。

断熱効果を上げるだけを考えて、施工をしますと家全体が蒸れて、カビだらけになったり、冬は温かくなったけど・・夏は逆に昼間、部屋の中にこもった熱が外げ逃げずに、真夜中も暑くて、かなわないという状態になったり、

夏は涼しくなったけど、冬は寒いという事になってしまいますので、日本の風土で20年。30年と実績を積んできた技術のある会社へ相談をする事が安心だと存じます。

外断熱リフォームをするにしても通気が大事であり、外断熱で外壁が通気工法になっている事が重要なポイントです。(湿気や結露は外へ逃がしてあげる事、部屋の中の湿気を発散させる効果がポイントです。)

簡単に言えば、湿気をコントロールをして、結露が出ないようにする事であります。

ですので、今現在のみっきーみっきーさんの住宅は壁の中に断熱材が充填されている内断熱工法と言われているものですが、その内断熱工法で断熱効果を強化させると、逆に結露が出やすくなり、家全体にカビが広がりやすくなる危険性が大きくなりますので、そういう同じ工法での断熱補修工事や断熱強化を図る事は絶対避ける事です。

また、外断熱工法であれば、湿気や結露が心配ないと安易に思う事も危険ですので要注意です。

外断熱工法は断熱効果を高めやすいのですが
大事な事は断熱効果を高めると同時に湿気を閉じ込めないように湿気のコントロールができるように通気工法による施工をする事が肝要であり
財)住宅保証機構では住宅性能表示に於いて外壁通気工法を必須事項にしております。

また、結露とは温度差による原因ですが、その温度差を無くして結露防止するという方法は新しく外断熱外壁リフォーム通気工法をする事で可能ですが
今までの遮熱塗料やただ単に反射率が高い塗料での塗装リフォームでは不可能だったのですがそれを可能にした塗料です。

回答専門家

深澤 熙之
深澤 熙之
(埼玉県 / 建築プロデューサー)
昭和アルミ株式会社 
0120-870-457
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

SOIV工法の外断熱通気リフォームで今の家が新築のように甦る

当社は外断熱リフォーム専門メーカーです。リフォームはアルミ超合金を用いた独自開発の資材と、独自の外断熱通気性工法「SOIV工法」で、高い断熱効果と通気性を実現しています。家は生活の基本です。安心・確実な家造りのため、私たちが直接施工も行います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件
西向きにトップライトをつけても大丈夫? ぱるっこさん  2009-07-01 16:21 回答4件
北向きリビングは暗いですか? poiさん  2014-07-30 16:07 回答3件
廊下のフローリングを張る方向について lemongrassさん  2012-12-13 16:46 回答5件
ミニマムな3LDKの使い勝手 nutsさん  2012-10-07 02:51 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)