子犬の後ろ足について - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

子犬の後ろ足について

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2008/03/12 12:02

3月頭、チワプーのメスを買いました。2ヶ月に少したりないくらいの、小さな子です。元気もあり、食欲もあるので、心配はしていなかったのですが、後ろ足の発達が少し遅れているような気がします。ブリーダーさんは、健康状態には特に問題がないと言われましたが、時々、おしりをひきずって歩いたり、フローリングですべったり、触ると、前足と比べて細かったり感じて少し心配です。25日にワクチンに連れて行くのですが、これからちゃんと成長するのでしょうか?
普通に歩いたり、走ったりはしています。

トトロ76さん ( 福岡県 / 女性 / 29歳 )

回答:2件

RE:子犬の後ろ足について

2008/03/21 11:04 詳細リンク

2ヵ月齢ぐらいの子犬は骨格がまだしっかりできていないので足もとがおぼつかなかったり、ふらふらしているようにみえたりすることが一般的にあります。普通に走ったり、歩いたりしているとの記載がありますのであまり心配はないと思われます。もちろん、骨や筋肉、神経の異常などが原因となって足のふらつきが認められる場合もあります。25日にワクチン接種の目的で動物病院を受診するとのことですからその時に脚の状態を含めて不安に思っていることを動物病院の先生に相談することをお勧めします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


小型犬の後ろ足

2008/03/13 13:09 詳細リンク

小型犬の後ろ足でよく見られる疾患は膝蓋骨の内方脱臼です。もともと犬は膝蓋骨が滑る大腿骨の溝が浅く、特に小型犬では膝蓋骨が溝を越えて内側に外れてしまいます。成犬でも走っていて急転回したときなどに外れることがあります。成長段階の骨の柔らかい時期に、膝蓋骨の脱臼が頻繁に起こりますと、すねの骨(脛骨)が湾曲してきて重症の場合は歩けなくなります。ワクチンに行ったとき、先生にお話になられてX線検査をお受けになられればいいと思います。ちゃんと治療すれば普通に育ちます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

柴犬(子犬)の餌の量 まろきっちゃんさん  2014-03-30 17:02 回答2件
犬の痙攣発作 なおはるさん  2012-06-27 12:01 回答1件
下腹部に触れると悲痛な叫びを上げます… uraponさん  2015-07-17 00:42 回答1件
犬の健康問題 marirumamaさん  2015-05-13 12:07 回答1件
急に呼吸がおかしくなった。 サトウ9447さん  2014-07-13 13:29 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

お筝(琴)教室 レッスン&作法

お筝(琴)教室 レッスン&作法  お教室は広尾ガーデンヒルズ

松井 千恵美

桜ことスクール

松井 千恵美

(マナーコンサルタント)

対面相談

相続税還付の可能性無料診断(東京事務所)

相続税申告後5年以内の方を対象に、相続税の過払いがないかを無料診断します。

高原 誠

フジ相続税理士法人/株式会社フジ総合鑑定

高原 誠

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)