屋根断熱の範囲と屋根の形状について - 住宅設計・構造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

屋根断熱の範囲と屋根の形状について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/03/09 09:14

延床2500?程の3階建の倉庫の屋根なんですが、切妻屋根の軒の出寸法が、2500mmあります。断熱材は2500mm出ている軒先には必要ないと思いますが入れておいたほうがいいのでしょうか?また、そうした場合、80mmのウレタン断熱材と30mmの通気層を考えていますので、屋根と軒先の境界で110mmの段差ができてしまいますが、良い納め方はあるのでしょうか?ちなみに、樋は軒先に隠し樋を考えています。

takiさん ( 大阪府 / 男性 / 36歳 )

回答:1件


軒先は一般的には不要です

2008/03/10 07:38 詳細リンク

takiさん、はじめまして。

倉庫の構造が何なのかが分かりませんが、一般的にいえば軒の出ている部位への断熱材は不要です。

断熱をする目的は、床、壁、天井をぐるりと断熱材を回しこんで、室温を外気温からの影響を防ぐという目的です。われわれが真冬に防寒服を着るのと一緒ですね。その時は首や袖口、足首などをゴムのようなもので締め付けて空気が漏れないようにしているのと一緒と考えれば分かりやすいでしょう。

ですから、断熱材が切れ目なく連続していることのほうが大事です。

2階と3階の外壁周りの床には、外壁から600程度までの断熱材を付けておいたほうがいいですね。

鉄骨造であれば柱は結露防止も兼ねて断熱材を巻き込んだほうがいいでしょう。

参考までに。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

takiさん

ありがとうございます。

2008/03/11 08:23 固定リンク

倉庫の構造は、鉄骨に外壁はALCを張ります。
軒先は断熱材を施工しなければ、断熱材を施工する屋根部の80mmの硬質ウレタン+30mmの通気層で、屋根と軒先の境界で110mmの段差ができてしまいますが、良い納め方はあるのでしょうか?

takiさん (大阪府/36歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

断熱材の選択 Dutraさん  2016-09-12 23:30 回答1件
何がなんだか ann0710さん  2014-02-15 10:48 回答1件
断熱材(高性能グラスウール)とは? hanabida51さん  2013-07-18 18:56 回答1件
外壁&屋根&断熱材について せいとさん  2012-09-15 09:19 回答1件
床の断熱方法について【助けて下さい(泣】 ginoさん  2012-03-02 17:37 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

酒井 正人

サカイデザインネットワーク有限会社

酒井 正人

(建築家)

対面相談

注文住宅の請負契約関係書類チェックと契約立会同行サポート

注文住宅の契約前に契約書や設計図書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)