贈与税について - 不動産売買 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

贈与税について

住宅・不動産 不動産売買 2008/03/01 21:34

妻と共働きをしていますが、2人で6000万の新築マンションを契約しました。私の口座から600万、妻の口座から2400万、計3000万の頭金を支払い、残り3000万を私が15年ローンを組む形で支払いを検討しています。妻の口座の2400万に関しては、共同で貯蓄してきたものです。以上の場合でも、贈与税はかかるのでしょうか。

タキガワさん ( 神奈川県 / 男性 / 43歳 )

回答:2件

藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

贈与税について

2008/03/04 16:04 詳細リンク

タキガワ さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
ご質問いただきました件ですが、

原則、住宅を購入する際の自己資金は、
その名義の人のお金として判断されます。

但し、夫婦共稼ぎで奥様が家計などをやりくりしていた場合、
便宜上、奥様の口座に貯金が貯まっていることは多々あります。

この場合、貯金を貯めた期間の夫婦それぞれの収入に応じて
按分することになっております。

仮に、2400万円の貯金をためる間の収入比率が、夫6:妻4だったとしたら、

夫1440万円:妻960万円としても問題がないとの見解です。
(前後100万円以内でしたら、収入按分からずれていても大丈夫です)

尚、結婚前に貯めていたお金は、その持ち主のものになりますので、
注意が必要となります。

詳しいことは、税理士か所轄の税務署にご相談下さい。


以上、ご参考になりましたでしょうか
アドキャスト 藤森哲也

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

藤森 哲也が提供する商品・サービス

対面相談

相続相談

~おひとりで悩まず、まずはご相談ください~

対面相談

住宅ローン相談

金利が0.5%違うだけで、返済額は違ってきます

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
寺岡 孝 専門家

寺岡 孝
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント

- good

贈与税について

2008/03/04 17:19 詳細リンク

アネシスプランニングの寺岡と申し上げます。宜しくお願い致します。
マンションのご購入おめでとうございます。これから家具とかインテリアの購入など楽しみですね。ソファは個人的には日本フクラというメーカーがよくて自宅で愛用してますが…

個人的なことはさて置き、この場合、マンションの登記名義人とその持分を資金内訳に合わせて明確にすることが重要と思います。
登記の内訳と後々税務所からくる「お尋ね」の整合性が合っていないと、やれ贈与だの譲渡所得だのと色々追求されることがありますので、不自然な資金内訳にならないよう登記前に明確にされておくことをお勧めします。

ご質問の内容からですと、ご主人が3/5、奥様が2/5の按分で持分を持たれて登記することをお勧めいたします。

これで表面上はご主人3,600万円分(現金600万円、ローン3,000万円)、奥様2,400万円分(現金2,400万円)の資金内訳に沿った登記の形になり、贈与税の対象にはならないと思います。

ただ、奥様の口座の2,400万円の内訳が、例えば通帳にご主人から振込された形跡があったりすると「奥さんにあげた」ということになり、金額によっては贈与税の対象になりうります。

また、ご主人のローンの借入が奥様の収入を合算した形で借入申込した場合ですと、ローンをお二人共同で返済するということ(よく連帯債務と言われます。)になり、ローン分についても按分した形で登記に反映することがあります。

登記関係がまだ先のご様子ですので、資金内訳をよく注意して登記に反映されてはと思います。


最終的には税務署や税理士に相談することがいいと思いますが、市や区で無料の税務相談もあるのでご活用されてはいかがでしょうか。

こんな感じですがご参考になれば幸いです。
何かありましたらお問い合わせ下さい。

補足

贈与税について 〜その2〜

夫婦間での居住用不動産の贈与については配偶者控除があります。

婚姻期間が20年以上で、居住用不動産もしくは居住用不動産を取得する為の金銭の贈与があった場合に、2000万円まで控除できる特例がありますので該当するようであれば利用してはと思います。(条件はありますのでご注意下さい。)

例えば、奥様を保険金受取人、ご主人を被保険者にしていた生命保険が満期になった場合、奥様の生命保険金を住宅資金に充てると贈与税がかからない方法があります。本来は奥様が贈与税を払うわけですが、この規定を利用して節税することが可能です。

何かありましたらお問い合わせ下さい。
宜しくお願い致します。

回答専門家

寺岡 孝
寺岡 孝
(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

寺岡 孝が提供する商品・サービス

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

対面相談

新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

新築、中古マンションの契約などのお悩みを個別に解決します!

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

妻が頭金を出す場合の税金について とうもろこしさん  2009-05-14 16:18 回答2件
新築マンション契約名義を共有から単独にしたい レコさん  2014-03-14 16:04 回答1件
マンション購入の手付金の返還について 山田華太郎さん  2014-02-25 12:35 回答1件
値引きの返金に有効な契約書は? しょたのたさん  2013-11-12 16:56 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

建売一戸建や建築条件付き土地の売買契約に関する個別相談

建売住宅や建築条件付の土地の契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

藤森 哲也

株式会社アドキャスト

藤森 哲也

(不動産コンサルタント)

対面相談 中古住宅よろず個別相談
菊池 猛
(中古住宅専門家)
対面相談 住宅購入相談コンサルティング
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)