貯蓄の増やし方 - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

貯蓄の増やし方

マネー お金と資産の運用 2008/02/13 14:38

年収が450万ほどまで減って来ているのに
(減ることはあっても上がることはなさそうです)
子供(高3.高1)の教育費が増えてきて
貯蓄がまったくできない状態です。
妻はパート先が潰れ現在求職中ですが年齢的に
なかなか難しいようです。

現在貯蓄1000万で家は持ち家ローンなしです。
高3は短大へ決まっており 高1は理系大学を希望
していますのでこのままでは貯蓄もあっという間に
なくなってしまいそうです。

妻にまかせっきりで国債とネット定期に預けているよう
ですが、今は資産運用に投資信託などに手を出さない
ほうが良いでしょうか?

アドバイスよろしくお願い致します。

よしおさん

回答:4件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

無リスクでの運用のご継続をお勧めします

2008/02/13 15:20 詳細リンク
(5.0)

よしお様 初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

お子様の進学が間近ですから、学習費用は国債と定期預金を継続されるようお勧めします。

ちなみに、高校3年生のお子さんは学費は既に把握されているものと拝察いたします。それにプラスして、文科省調査によれば、私立理系の初年度納付金は約150万円、次年度以降は約120万円トータルで510万円必要です(平均値です)。国立でも242万円が必要とされています。

従いまして、リスクのとれる資金の少なく、無リスクの定期預金と国債の運用をご継続下さい。

お子様が大学を卒業された後は家計には充分な余裕が出ます。それから始められては如何でしょう。その際には国内外の株式と債券への分散投資をお勧めします。

なお、現在の貯蓄は据え置きし、毎月の余剰から積立を行う場合は、インデックス・ファンドの毎月積立購入をお勧めします。(余裕が出来た際の資産運用も同一です)

現代ポートフォリオ理論によれば、最も効率的な投資方法は、市場平均(TOPIXやMSCIコクサイ指数など)に連動するインデックス・ファンド(投資信託です)をなるべく安く購入して、長期間保有し続けることとされています。日本債券、外国債券のインデックス・ファンドもあります。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 博士 専門家

渡辺 博士
ファイナンシャルプランナー

- good

必要資金の行方と貯蓄

2008/02/24 01:36 詳細リンク
(5.0)

ファイナンシャルプランナーの渡辺博士です。

すでにご認識の通り、何もしないでそのままにしておけばかなり苦しくなるでしょう。
しかし、世の中の大半の方は同じような悩みを持っておられます。

考え方はいくつもありますので、解決策はいくつもあるのですが、今回のご質問は貯蓄の殖やし方として国債やネット定期を投信に手を出さないとダメなのかということですけれども、よしおさんの考えは恐らく投資は怖いとか危険とか思ってらっしゃるのでしょう。

しかし、今までその投資をしてなかったことがこの事実を作ったといっても過言ではありません。

奥様はどの程度考えてらっしゃったか分かりませんが、半年や1年程度で利用する資金は国債やネット定期などで運用するのが望ましいのです。

高3のお子さんの分として、短大の資金をここから捻出するのはベストであると思います。
つまり奥様の考え方は間違ってません。

しかし、高1のお子さんには多少時間があるので、少しだけリスクを取った方が有利にできます。
あくまで投資信託と一言で言ってもリスクの高いものをやるのは間違いです。
リスクを軽減したものに投資するべきです。
具体的にはバランスファンドやMMFなどが有効でしょう。

いずれにしてもライフプランをしっかり考えないと、資金がショートする恐れがありますので、この時期のライフプランは専門家であるFPをもっと有効に利用しないといけませんね。

回答専門家

渡辺 博士
渡辺 博士
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー
046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致します。マイホームの購入、子供の大学受験や定年退職などに備えられる提案を致します。

渡辺 博士が提供する商品・サービス

電話相談

ファイナンシャルプランニング電話相談

ちょっと電話で聞ければいいんだけどという方に。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

直近の必要資金には向かないでしょう。

2008/02/13 21:58 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、よしおさん。
''マネースミス''の吉野です。

現在運用されているものも、長期の運用をするものですね。しかし、国債や定期は金利が低いときには、避けた方が良い商品だと思います。金利の低いままですと金利上昇時に恩恵を受けなくなります。

またネット定期がどれくらいの金利か分りませんが、証券会社などで購入できるMRFやMMFに預けられるのはいかがでしょう。MMFは、1ヶ月以上の預け入れが必要ですが比較的リスクの少ない商品です。

投資信託で運用されるのであれば、1,000万円の内で5年先まで使わない資金を計算されて、投資信託で運用されれば良いと思います。


現在の時間を有効に使ってください

2008/02/13 17:57 詳細リンク
(5.0)

よしお様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

奥さまのパートが決まるとよいですね。きっと一番効果的な方法だと思います。

資産運用は、下のお子様の教育費の目処が立ってから本格的な行動を起こされたほうがよいと思います。それまでは下準備として、ネットなどで知識を得ておく、あるいは、口座だけを開設して証券会社の発信する情報に慣れておくのも良いかも知れません。

何もしないで、数年が過ぎいざ資産運用に着手しようとしても、慣れるまで時間がかかります。現在の時間を有効に使ってください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産運用について 猫娘さん  2007-07-19 14:48 回答3件
資産運用について かずもさん  2008-09-21 16:13 回答3件
資産運用について はるかママさん  2008-06-19 17:28 回答7件
子供独立後の老後資金作り。 かんぺさん  2008-01-24 18:23 回答5件
3つの財布の分け方が決まりません デイジー2さん  2007-11-04 01:57 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

森本 直人

森本FP事務所

森本 直人

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

吉野 充巨

オフィスマイエフ・ピー

吉野 充巨

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 資産運用相談(アドバイス専門)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 実務家FPによる貯蓄・資産運用相談
平野 雅章
(ファイナンシャルプランナー)