株は売るべきでしょうか。 - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

株は売るべきでしょうか。

マネー 投資相談 2008/02/12 11:23

「資産運用」という言葉に踊らされ、いくつかの個別銘柄を購入したのですが、結果はあまり芳しくありません。半値以下になってしまったものもあります。

サブプライムローン問題などで、市場が冷え込んでいる中、売るべきは保持すべきべきか、迷っています。アドバイスよろしくお願いします。

ai-aiさん ( 東京都 / 女性 / 34歳 )

回答:3件

それぞれの銘柄を再度検討しましょう。

2008/02/17 00:42 詳細リンク
(4.0)

株への投資はリスクの大きなものです。買い付けたそれぞれの銘柄について再度ai-aiさんなりに評価をし直してみましょう。自分で入手できる限りの情報を集めて今後のその銘柄の成長性や収益性を検討してみましょう。ai-aiがその銘柄に何を期待するのかも考えて。売却益なのか、配当なのか、株主優待なのかなどなど。その上でこのまま保有するかロスカットするかの判断をすることになるのではないでしょうか。
株取引で利益を出し続けることは想定しにくいことです。ai-aiさんが今後も株取引を続ける気持ちがおありなら今回の経験を糧にして自らの投資スタイルを見つけていきましょう。また、今後積極的に株取引を行う気持ちがないのなら早々に手仕舞うことをお勧めします。

回答専門家

佐々木 保幸
佐々木 保幸
(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

判断材料をお届けします

2008/02/12 16:08 詳細リンク
(5.0)

ai-ai様 初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

昨年後半以来の下げ相場で個別株は含み損を抱えていらっしゃると思います。売却するかは月並みな回答ですが判断材料を提供します。

○個々の企業の株式を購入された時点にお考えに為られた内容に変化が無ければ、継続保有をお勧めします。例えば、購入時の当該企業の評価として、技術的に優れ、今期以降も業績向上・成長を見込みまれる等が現在も変化していないのであれば継続保有下さい。

○また、PERやPBRの数値を見て、又は、配当率が良かったから等で購入をされた場合にも、継続保有をお勧めします。当該企業の業績面での変化は無く、相場に足を引きずられていると考えます。

○テーマで変購入された場合は、資源株が良い、不動産株が良い、などで選択されたのでしたら、そのテーマが変化した際には売り時と考えます。

◎長期保有をお考えになって購入された場合には継続保有をお勧めします。

●上記のように個別株を研究して購入されていない場合は、インデックスファンド又はETF(上場投信)への乗換えをお勧めします。明日の価格や将来の行方は予測がつきません、上昇局面は短期間(1.2年)で終了します。従って「市場に留まる事が勝つためのキーポイント」です。

私のHPに分散投資の典型として私の運用レポートを掲載しています。宜しければご一読下さい。
http://www.officemyfp.com/myfundreport-5.html

私のファンドも今日時点で年初来で10%程度の下落です。投資の原則等を参考としてください。


少し厳しいことをいいますが

2008/02/12 11:44 詳細リンク
(4.0)

ai-ai様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

少し厳しいことをいいます。

>サブプライムローン問題などで、市場が冷え込んでいる中、売るべきは保持すべきべきか、迷っています<
誰もが迷っています。それはプロであっても同じことです。

運用機関であれば、証券会社であれば、市場がどう動くのかを知っていると考えるのは幻想です。

ただし、プロは自分の採っているリスクは認識しています。

ai-ai様は自分の保有している銘柄すべて、つまりご自分のポートフォリオの特性を理解していますか?市場がある動きをしたとき、自分のポートフォリオは値が上がるのか下がるのか?敏感に反応するのかどうか?

隣の人が買っているから自分も買ったのであれば、隣の人が売ったから自分も売ってしまうということになりかねません。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
ドル建て個人年金と住宅ローン ポカホンタスさん  2008-10-12 22:31 回答4件
退職金での資産運用 taketoさん  2015-04-15 10:05 回答3件
住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
金(ゴールド)への投資について sub_gp02さん  2011-09-25 12:29 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

国内外の金融商品を用いた資産運用

特に、海外金融商品を用いた資産運用への取り組み方

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)