屋根断熱について - 住宅設計・構造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

屋根断熱について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/02/11 10:45

現在、新築予定の屋根断熱についてお聞きしたいことがあります。在来工法で天井のない構造になっており標準ですと通気層+75?のグラスウールの施工方法なのですが天井がないことによる夏の暑さ対策のためよりよい方法を模索しております。グラスウールの効果にいささか心配があります。そこで調べたところ色々な商品があるようで選択しきれません。いまのところFPパネル(F&P)、遮断ルーフ(松本建工)、サニーライト・ネオマフォーム(旭化成)、AFボード・風通し銀次郎(旭ファイバーグラス)などがあることがわかりました。基本的に通気層+断熱層の構造は共通のようで通気層が2層だったり断熱層がグラスウールより効果がありそうだったり・・・。このなかではどれが信頼性がありますか?また、ほかによいものがあれば教えていただけませんか?

山田太郎の親友さん ( 愛知県 / 男性 / 33歳 )

回答:1件


屋根断熱は厚さが勝負

2008/02/17 14:02 詳細リンク

高断熱高気密構法の普及を推進している
NPO法人 新木造住宅技術研究協議会 会員
勇和建設(株)の齋藤です
さっそくですが
夏の暑さ対策から考えると、屋根断熱は厚くしましょう
断熱材と断熱工法により推奨厚さが異なりますが
GW(密度10kg/m3品)の場合で
充填断熱工法で200mmは欲しいところです
充填断熱工法で同程度の性能を、得るには
サニーライトなら170mm
硬質ウレタン断熱材ら120mm
ネオマフォームやAFボードなら110mmが必要です
外張り断熱工法なら
サニーライトなら135mm
硬質ウレタン断熱材ら80mm
ネオマフォームやAFボードなら66mmが必要です
(外張り断熱工法を採用すると、木部の冷熱橋が無くなるので
断熱材を薄くすることが出来ます)
工務店と相談して、安く施工できる工法を選ぶと良いともいます
どの方法を選ばれても良いと思います
通気層は、どの工法にしても必要です
通気層厚さは30mm以上が必須です

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

屋根断熱について 山田太郎の親友さん  2008-02-11 10:43 回答3件
寝苦しい夏季の屋根裏遮熱対策 キョロ@さん  2009-10-10 23:47 回答2件
外断熱における吸音対策 tkofji0911さん  2007-10-24 16:24 回答1件
新築の外壁素材について turibakaさん  2014-11-15 16:23 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

酒井 正人

サカイデザインネットワーク有限会社

酒井 正人

(建築家)

対面相談

注文住宅の請負契約関係書類チェックと契約立会同行サポート

注文住宅の契約前に契約書や設計図書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

【関西圏限定】戸建て住宅の設計・見積・契約書をプロがチェック

注文住宅や戸建てなどの契約前・後に設計・見積が適正なものか中立的なプロがチェックします! 

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)