積み立て保険を解約すべきか迷っています - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:投資相談

積み立て保険を解約すべきか迷っています

マネー 投資相談 2008/02/08 14:31

50歳独身女性。中学生の息子と二人暮らしです。40歳のときに月3万円を20年間積み立てて、60歳から年間175万円を5年間受け取るという保険に入りました。ちょうど10年経ったところですが、このままあと10年積み立てるべきか、あるいはここで解約して月3万を投資信託などで運用したほうがいいのか迷っています。投資信託にする場合、元手150万、月3万円ずつ積み立てて10年で1000万をつくることが可能でしょうか? あるいはそのやり方で現実的な金額はいくらぐらいになるでしょうか。また、それ以外におすすめの運用方法がありましたら教えてください。解約する場合、300万ほどが戻ってくる予定なので60万ほどの損になります。仕事は自由業で退職金等ありません。ほかに貯蓄もほとんどなく、息子が18歳のときに300万受け取れる学資保険があるだけです(一括払い済み)。

チヂミさん ( 東京都 / 女性 / 50歳 )

回答:5件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

おすすめの運用方法について

2008/02/08 16:06 詳細リンク

チヂミ様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

いただいた条件の50歳から元手150万、月3万円ずつ10年間積立というプランで、例えば、60歳から年間200万を5年間受取りたいとすると、目標利回りは、年率で約7%に設定しなければなりません。

株式インデックスの過去の平均リターンを考えれば、年率で約7%という数字は、不可能な数字ではありませんが、実際には、投資信託等に係る手数料や税金を考慮しなければなりません。

それ以外におすすめの運用方法としては、個人型確定拠出年金があります。

個人型確定拠出年金とは、簡単に言うと、自己の責任において、株式投資信託等のリスク商品で運用することもできる公的な年金制度です。国民年金の第1号被保険者の方であれば、月々68000円を限度に掛けられます。
※但し、国民年金基金の限度額と枠を共有します。

なお、個人型確定拠出年金には、下記の3つの税制メリットがあります。
・拠出時 掛け金は、全額所得控除の対象となるため、所得税、住民税の節税になる。
・運用時 分配金、売却益等の運用益には、税金がかからないため、複利運用効果が大きい。
※特別法人税課税は平成20年3月31日まで凍結
・給付時 年金受取の場合は、公的年金等控除を受けられる。
一括受取の場合は、退職所得とみなされ、退職所得控除が受けられる。
※いずれも現在の法令に基づくもの。

概要は、以上ですが、具体的に検討される場合は、細かい注意点等がいろいろとありますので、個別にお問い合わせいただけると、幸いです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 充巨

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

資産の運用試算と解約の可否

2008/02/08 16:19 詳細リンク

チヂミ様初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

元金150万円で月3万円の積立の場合、10年で1000万円を得るには、年率10%の複利運用が必要です。(150万円→約389万円、積立分約615万円)。
但しこの達成は極めて運が必要で、リスクの高い(損する確率も高い)金融商品の購入を前提とします。

ご記載された内容から拝察し、リスクの大きな投資は適していないように拝察します。通常ベース3〜5%程度の運用益を目指されては如何でしょう。

5%の複利運用の場合約710万円になります。企業年金連合会が公表している資産クラス毎の期待リターンから試算しますと、日本株式、外国債券、外国株式に均等配分し、毎年均等になるように資産調整を行う場合に期待リターンが5.2%、リスクは11.2%になります。そして各資産夫々のインデックス・ファンド3本購入がコストが安くお勧めです。
なお、日本債券を入れた4資産の均等配分は期待リターン4.3%、リスクが8,7%になります。

解約に関してですが
毎月3万円積み立てで、20年後から5年×175万円受け取る運用利率は2%弱の複利運用になります(毎月3万円、20年、2%の複利運用で約884万円)。
今回解約した300万円と毎月3万円の積立を行って同額以上の金額を得るには4%以上複利運用が必要です(約886万円=444万円+442万円)
従いまして、解約して投資・運用のリスクを取るよりも、ご契約をお続けになるようお勧

私のHPに資産配分シリーズとして資産配分検討表とともに、年金を運用している、年金基金連合会、企業年金連合会、年金積立金管理・運用(独行法)の資産配分、そして各資産クラス別の期待収益率を掲載しています。宜しければご一読下さい。
http://www.officemyfp.com/assetclass-1.html


ファイナンシャルプランナー

- good

解約ではなく積立中止はできませんか?

2008/02/08 17:13 詳細リンク

チヂミさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

元本150万円と月3万円の10年積立で1000万円を達成するには10%以上で回さないといけません。10%と言うと不可能ではありませんが、かなりハイリスクだと考えます。
もう少しリスクをおさえ5%くらいとするのが妥当でしょう。この場合は711万円です。

今の積立保険ですが、解約せずに積立をストップして60歳からもらうことは出来ないでしょうか?
そうすれば175万円の半分の87.5万円、月7万2千円ほどになります。

これから積み立てる月3万円は投資信託で運用し60歳まで積み立てて、5年据え置き、取り崩しは65歳からというのがいいのではないかと思います。
月3万円を10年積み立てて5年据え置く形であれば5%と見込んでも597万円になります。

この年金原資を10年間5%で運用しながら取り崩すと年75.6万円、月6.3万円です。
これと年金で生活できないでしょうか?

元手150万に関してはあえてこれに加えませんでした。
学資保険のほかに蓄えがあまりないとすると運用しない方がいいかもしれません。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

可能性はありますが・・・・

2008/02/08 18:19 詳細リンク

はじめまして、チヂミさん。
''マネースミス''の吉野です。



***お考えの資産運用では、やはり10%以上の期待利回りがないと希望額には到達しません。
10%以上は不可能かと言われれば不可能ではないと思いますが、個人が闇雲に運用すると、とても危ない数字だと思います。

現在の元手の資金と解約返戻金は別と考えて宜しければ、解約返戻金の100万円を150万円に加えてはいかがでしょう。

TOPIXやS&Pなど各国の指標を参考に分散投資をしながら運用したデータによれば、平均で約7%の利回りで運用できるという結果が出ています。しかし、手数料などがありますのでもう少し期待利回りは低めに設定された方が良いと思います。

実際、250万円を7%で10年間運用できたとしたら、約492万円
3万円ずつの積立も7%で積立運用できたとしたら、約519万円

と目標額に到達します。


しかし、どちらも5%で運用できたとしたら、
一括運用が 約407万円
積立運用が 約465万円
と100万円強の不足になります。

後は、銘柄の選択と購入後のメンテナンスがしっかり出来れば、平均以上の利回りも期待できると思います。


また、私が取引している証券会社では、そういった銘柄選択やメンテナンスなども行っておりますので、ご興味がおありでしたらご連絡下さい。。


少し難しいと思います

2008/02/08 18:29 詳細リンク

チヂミ様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

「元手150万、月3万円ずつ積み立てて 10年で1000万」はかなり難しいと思います。
こちらに試算ツールを用意してありますのでご確認いただけます。

私が試算した仮定は

一時に投資する金額(初期投資)150万円
利回り(金融商品の予想利回り)5.0%
投資期間 10年
毎月の投資金額 3万円
金融機関に支払う手数料(毎年)1.25%
税金(値上がり益に対する課税)20%
購入時に支払う手数料 1.0%
解約時に支払う手数料 0.0%

です。一般的なバランス型ファンドをイメージしています。

数値を入力して「計算」ボタンを押すと、10年目の時価が614万円となります。1000万円には少し届きませんね。仮定を変更していただくこともできます。

契約した時期から考えると相当予定利率の低い契約になっていると思いますので、払済(はらいずみ)年金保険にしてしまい、これからの支払う予定の金額のみを投資信託などで運用することも考えられます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

オフショアの積立投資に興味があります ひままさん  2008-09-18 12:44 回答2件
祖母から孫へ ひーじゃーさん  2006-05-31 12:35 回答1件
住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
投資信託積立の運用方法 あき99さん  2009-08-26 09:59 回答7件
確定拠出年金:基礎の基礎教えてください! ユキチャンさん  2008-11-02 13:25 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

国内外の金融商品を用いた資産運用

特に、海外金融商品を用いた資産運用への取り組み方

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)