退職後のうつ再発について生活費の相談 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

退職後のうつ再発について生活費の相談

マネー 家計・ライフプラン 2008/02/01 19:10

以前うつ病を発症し、通院・投薬をしていました。うつのときに大きな決断は良くないと知っていましたので、経過をみておりました。うつが回復して転職しようと、昨年秋に退職しました。すぐに復帰する予定だったのですが、どうも意欲がわかず、体調もすぐれなかったのでおかしいなと思っていたのですが、うつが再発したようで、年明けから通院を再開しました。こんなことになると思ってなかったので、失業保険の申請もしていませんでした。
本当はもう少し休養が必要なのかもしれませんが、経済的な事情で仕事をはじめないと生活ができなくなる不安もあり、焦っています。医師からはフルタイムではなければ仕事しても良いと言われています。ただそれでは金銭的にやっていけないのです。
失業保険を受給できるまでの期間に貯金がなくなってしまうので、今から申請しても仕方ないし・・・。
年金の免除申請、健康保険の減額、税金の分割払い申請などは済ませました。確定申告にも行こうと思っています。
このほかに少しでも生活が楽になれるような方法はありますでしょうか。自分の判断が甘かったとは痛感しているのですが、どうかアドバイスをお願いいたします。

ペラドンナさん ( 大阪府 / 女性 / 34歳 )

回答:1件

渡辺 博士 専門家

渡辺 博士
ファイナンシャルプランナー

- good

生活費の不安

2008/02/02 15:46 詳細リンク
(3.0)

ファイナンシャルプランナーの渡辺博士です。

お気の毒ですね。でも、うつは身体に問題は無いのですからすぐに働けるようになりますよ。

今回のご相談には資金的なご相談ですので、直接的な効果が期待できるかわかりませんが、まず、雇用保険については90日経過してないのですか?
昨年秋の退職なら、もうそろそろだと思いますが・・・
手続きに書類が不足してできないなんて事のないように、今から十分確認して下さい。

生活費が少しでも楽になるには、ほとんど手続きをしていると思いますので、あとは毎月の支出の中の節約しかないと思います。

水道光熱費を使いすぎないような節約や、NHKや生命保険などの前納や年払い、これは国民年金などにも使えますよ。

ただ、これらを実行してもほんのわずかしか効果がないので、生活レベルを落とすだけなんですよ。FPの中にはこれらを推奨する人もいるのですが、私は積極的な実行には反対なんです。

私の考えはもっと前向きに、将来の自分自身がどうありたいかを考えて、一定の時期を自分で決め、それが10年後なら10年後の自分がどうなっていたいかを考え、その時の自分になるために今、何をしなければならないかを考えて実行する方が効果的です。

私たちは、1日1日確実に死という時期に向かって進んで生きてます。
だから、今がとても大事で、今をいい加減に終わらしてしまうと、自分がこの世に生まれてきた意味を1日捨てたことになります。
自分がこの世に生まれてきた意味を、この世の中に知らしめるためにも、将来の自分に対して今すぐに行動をおこした方がいいと思います。

まずは節約なども必要かもしれませんが、積極的に働きましょう。
いろいろな人物に出会ったほうが自分自身を成長させますよ。

回答専門家

渡辺 博士
渡辺 博士
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー
046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致します。マイホームの購入、子供の大学受験や定年退職などに備えられる提案を致します。

渡辺 博士が提供する商品・サービス

電話相談

ファイナンシャルプランニング電話相談

ちょっと電話で聞ければいいんだけどという方に。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

ペラドンナさん

回答ありがとうございます

2008/02/02 19:52 固定リンク

失業保険の手続きに有効期限があるのですね、初めて知りました。9月末で退職し、離職票が会社から届いたのが10月中旬でしたので・・・。
ご回答のとおり、節約を心がけながら仕事に少しずつ復帰するしかないなぁと思います。いろいろな制度や前もっての準備、早めの受診など、知っておくべきことが後になってわかり、これも勉強と心に留めておきます。
 ライフプランも考えないといけませんね。主治医と相談しながら、無理なく生活していきます。
ご回答、ありがとうございました。

ペラドンナさん (大阪府/34歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養に入るにあたって、アルバイト収入の考え方 osietehakaseさん  2011-11-08 14:17 回答1件
老後の資金準備 akichan19さん  2011-02-13 18:35 回答4件
生活力のない夫、出産後どうしたら・・・ 蝉丸さん  2010-09-20 13:36 回答1件
家計削れる所 さあさん  2009-11-18 16:44 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)