雇用保険について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

雇用保険について

法人・ビジネス 独立開業 2006/11/28 01:46

はじめまして。
私は近々美容室を開くのですが、雇用保険のことについて質問があります。よろしくお願いします。

私は9月末で勤めていた美容室を辞め、とりあえず失業保険をもらうためハローワークで給付の手続きをしました。
9月までいた美容室には96年4月から正社員として働いてるので、今年9月に辞めるまで10年5ヶ月働いたことになり、給付日数の表を見て自分では120日分(勤務10年以上)の手当てがもらえると思っていたのですが、ハローワークからは実際は90日分しかもらえないと言われました。 理由は雇用保険の加入が97年5月になっていて、加入期間が10年未満となるからだとハローワークは言っていますが納得がいきません。 これはどういことでしょうか? この10年5ヶ月の間長期休暇もとっておらず、ブランクもないはずなのですが?

Roseさん ( 千葉県 / 女性 / 32歳 )

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

"受給資格がある"という前提でお答えします

2006/11/29 00:49 詳細リンク

Roseさん、こんにちは

まず最初にRoseさんのケースをストレートに解釈すれば、本来なら失業給付を受けることはできません。なぜなら、失業保険は会社を辞めて開業することが決まってるような場合、給付を受ける前提条件である「就職の意思」を欠くことになるからです。

ただ、お話によると(近々「開業」とありますが?)すでにハローワークに行かれて受給資格の決定を受け、失業状態が「認定」されているとの可能性もうかがえるので、受給の原則「就職の意思」と失業の「認定」の両者を満たしているという前提で回答させていただきます。

問題の96年4月から97年4月までの間のRoseさんの就業形態ですが、「正社員」となっているところを見ると、もともと会社へは勤務期間を限定されたパートや期間雇用者としてではなく、ごく一般的に期間を区切らないいわゆる「正社員」として入社されたものと「仮定」してお話を進めていきます。

雇用保険というのは、会社(もしくは個人事業主)が加入の要件に該当する従業員を雇い入れたとき、つまり入社日から加入の扱いになり、従業員はその日から被保険者となります。

おそらく美容室一般の勤務体系から考えれば、Roseさんの場合、入社当時雇用保険加入の最低ラインである

(1) 週の所定労働時間 20時間以上
(2) 1年以上継続勤務の見込みあり

を少なくともクリアしていたものと推測します。(Roseさんの方でもご確認ください)

仮に会社がこの期間(13ヶ月間)を「試用期間」だと主張しても、上のような2つの基準を入社時点で満たしていれば”当然に”入社時点、つまり96年4月からRoseさんは雇用保険の被保険者になっていなければなりません。

(追記に続く)

補足

こうして見ていくと、おそらく(推測ですが)会社の''資格取得の届出遅延''の可能性が高いものと思われます。
通常ならこうした場合であっても、直近2年分までなら、保険料を遡って払うことにより空白期間を埋めることもできるのですが、お話の保険料は10年前のものであり、残念ながら保険料徴収の''時効「2年」''が立ちはだかり、本来加入していなければならなかった96年4月〜97年4月までの13ヶ月分の加入は(会社の故意・過失の有無にかかわらず)もはや認められません。 したがってRoseさんが失業給付をもらうためのベースとなる被保険者期間は、実際に保険料が支払われた97年5月〜06年9月の9年5ヶ月となり、残念ながら、ひとつ上の給付日数120日に対応する所要期間である10年にはわずかに及ばず、Roseさんがご覧になられた表の「5年以上10年未満」に該当し給付日数は90日にとどまることになります。

また別の可能性として、Roseさんが入社された時の契約が例えば当初1年は3ヶ月ごとの期間契約であり、資格取得を本採用後の1年後に届出た、というケースも考えられますが、このような場合でも、その期間が継続していればやはり入社当初から雇用保険加入が義務付けられるので、やはり先述のケースと結論は変わりません。

このように残念ながら「時効」の壁が立ちはだかり、「雇用保険法」上の法的救済を求めることはできません。

いずれにしても、これはすべて仮定含みのお話なので一度Roseさんの会社との入社時の雇用契約書をチェックしてください。 そしてこの件について会社に問い合わせ、説明を求めてみてはいかがでしょうか?


*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' / http://www.ysp-sharoshi.jp

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

使用人兼務役員の責任 pony77さん  2012-01-10 23:44 回答1件
会社員と個人事業主について askayuumiさん  2015-02-23 23:44 回答1件
会社員の副業として始めた個人事業 momo4profileさん  2014-10-21 17:31 回答1件
会社役員について pony77さん  2011-10-20 13:24 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)