今ある資金で効率よく運用するには - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今ある資金で効率よく運用するには

マネー お金と資産の運用 2008/01/26 16:13

34才の主婦です。夫が早期退職後転職し、年収が下がった為、収入から大きく貯蓄に回すことが難しくなりました。将来に備えて資産運用を考えておりますが、アドバイスをお願います。 夫年収:360万、普通・定期預金:800万、
妻年収:160万、普通・定期預金:240万、投資信託100万 中古マンションを購入、住宅ローンは退職金で完済している為、住宅費はかかりません。今後、子供ができたら夫の収入のみになる予定です。

さちまるさん ( 福岡県 / 女性 / 36歳 )

回答:4件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

効率のよい資産運用について

2008/01/26 22:23 詳細リンク

さちまる様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談内容、拝見しました。ご主人の転職で年収が下がったとはいえ、現在は、住宅費がかかっていない状況のため、毎月の収支はマイナスではないようですね。

でしたら、目安として、生活費の3〜6ヵ月分を銀行預金に残し、それを超える資金を長期分散投資に回してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、長期分散投資の基本は、国内債券、国内株式、外国債券、外国株式に分散投資をして、長期で保有し続けることです。いただいたデータでは、投資信託100万とありますが、どのカテゴリの投資信託なのか、あるいは、バランス型の投資信託なのか等の情報が重要です。なお、定期預金は、上の4つのカテゴリのうち国内債券と同等のものと考えて良いでしょう。

具体的な資産配分の割合は、お子さんができて働けなくなる時期、教育費がかかる時期、ご主人が会社を退職する時期、年金をもらい始める時期等々を考慮しながら決定し、ライフプランが変化すれば、その都度、配分を見直します。

このことをポートフォリオ運用といい、最も効率のよい運用が可能ですが、できれば、専門家のサポートを受けられるのが理想的です。ご希望がありましたら、個別にメール相談等も行いますので、お気軽にお知らせください。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

ローリスク商品が多い様なので・・

2008/01/26 18:17 詳細リンク

はじめまして、さちまるさん。
マネースミスの吉野です。

ご質問を拝見したところ、さちまるさんの投資信託以外はローリスク商品のようですね。

将来の資産運用と思われているのは、老後資金でしょうか?

老後の資金でしたら、あと25年くらいの運用期間があります。

現在の投資信託とご主人様の貯蓄から400万円の500万円を投資信託で運用されてはいかがでしょう。

ファンドを購入する際は、国内外の債券型投資信託と株式投資信託に分けられ、株式投資信託も地域や国へ分散して運用される事をお勧めします。

仮に5%の利回りで運用できますと、
500万円の資金は25年後には約1,690万円になります。

過去の実績ですが、TOPIXや米国のS&Pなどの指数で分散投資をして運用した場合には、7%前後の実績が出ています。
7%で運用できると約2,714万円になります。
ただ、未来にも同じような数字が出るかどうかは分かりませんが、25年という長期で運用できるのであれば、時間も見方になってくれるのではないでしょうか。


ファイナンシャルプランナー

- good

ライフプランをたててみましょう。

2008/01/26 19:34 詳細リンク

さちまるさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

今後お子さんを予定されているとなると妻の年収位は取っておきたいですね。
また、車の買い替え、家電など4〜5年以内に予定されているものはありませんか?
その金額を割り出しましょう。
それを差し引くと10年以上運用できる金額が出てきます。

運用の基本は長期分散投資ですね。
海外債券、日本株式、海外株式型の投資信託で運用しましょう。

すでに投資信託をされているようですが、ファンド選びのポイントは
・分配を目的とするファンドではなく、資産の成長を目指すもの
・分配は年1〜2回でさらに再投資型
・設定来5年以上の実績あるファンド
・運用レポートで確認してベンチマークを上回っているファンド

しかしこれだけでは効率的とはいえません。なぜなら、目標利回りがないからです。
つまり、配分が決まりません。

それを確認するにはライフプランを立ててみましょう。

ご主人の転職先では退職金はありますか?
また、中古マンションですとリフォームや水周りのメンテナンスも必要ですね。

いつ、いくらのお金が必要になるかを考え、キャッシュフロー分析をすると運用の期待リターンも出てきます。効率よく運用するには目標利回りを設定することだと思いますよ。

いい機会ですから、将来設計をご主人と話し合ってみませんか?


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/


最低限のことだけ処理する

2008/01/26 22:55 詳細リンク

さちまる様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

とりあえず最低限のことだけをして次に備えるというのはいかがでしょうか?

最低限のこととは、
(1)緊急用の資金を確保する。
(2)中長期的に運用に回せるお金と、そうでないものに分ける。前者は、さらに個人向け国債とリスクのある(投資信託など)に投資するための計画を立てる。
(3)後者は、リスクのないもの(定期預金など)に預ける。
ということです。

(2)は計画を立てておくだけでもずいぶんと違いますよ。お子様のことなどがあるのでしたら、実行はその後でもよいのではないでしょうか?

質問者

さちまるさん

回答頂き、ありがとうございます

2008/01/27 14:39 固定リンク

資金というのは老後と、子供が出来た場合の教育資金です。あと、夫の年齢は42才ですので、20年弱の運用期間になりそうです。分散投資の商品をどのように選んでよいかわかりません。どうやって探して決めたらよいのでしょうか?

さちまるさん (福岡県/36歳/女性)

質問者

さちまるさん

回答頂き、ありがとうございます

2008/01/27 15:12 固定リンク

100万の投資信託は3〜4年前からグローバルソブリンオープンというのを銀行の勧められるままに始めました。専門家のサポートを受ける際にはどれくらいの料金がかかるのでしょうか?具体的にはどのようなことをして頂けるのでしょうか?

さちまるさん (福岡県/36歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

長期/資産運用について G-SHOCKさん  2012-09-12 01:03 回答2件
運用したいのですが ゆうくんさん  2008-10-14 00:38 回答3件
資産運用について はるかママさん  2008-06-19 17:28 回答7件
今後の資産運用についてアドバイスをお願いします。 ジョンマクレーンさん  2007-07-11 09:10 回答3件
資産運用についてアドバイス願います Gingerさん  2010-02-27 23:43 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 金融商品を買う前に申込むFP相談会
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 実務家FPによる貯蓄・資産運用相談
平野 雅章
(ファイナンシャルプランナー)