相続時清算課税住宅取得等資金の贈与の特例について - 住宅・不動産トラブル - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

相続時清算課税住宅取得等資金の贈与の特例について

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2006/11/19 17:22

2000万円の親資金援助で、平成17年2月契約、平成19年3月引渡しの新築マンションを購入します。平成17年2月に親資金から500万円を手付け金として既に支払っています。平成18年2月〜3月の申告はしていません。平成19年3月の引渡しで残りの親資金1500万円を自己資金の一部として使います。質問は、先に使った500万円を含めて2000万円を、平成20年2月〜3月に申告し相続時清算課税住宅取得等資金の贈与の特例の対象にすることができるのか、です。それとも先に使った500万円は特例の対象に含めることはできず、別途贈与税がかかるのでしょうか?

yoikoさん ( 東京都 / 女性 / 36歳 )

回答:1件


税務署へのご確認をおすすめします

2006/11/21 10:13 詳細リンク

こんにちは。
不動産コンサルタントの鎌倉靖二です。

相続時精算課税制度についてのご質問ですね。

詳しくは税務署に確認していただきたいのですが、
わかる範囲でお話しいたします。

「住宅取得等資金の贈与を受けた場合の特例」を使う場合は
「翌年の3月15日までに住む(または住む予定がある)こと」
という要件を満たす必要があります。

ですから平成19年にご入居なら、
17年分の贈与は「特例」の適用外ということになるかと思います。

特例を使わず、通常の相続時精算課税制度であれば
前述の要件はありませんから、この制度自体は使えると思います。

ただし、初年度(この場合平成17年度)にこの制度を使う旨の届出と
贈与税の申告書を提出しなければいけません。

ご相談では「平成18年2月〜3月の申告はしていない」との
ことですので、はじめの500万円については、
残念ながらこの制度は使えないということになるのではないでしょうか。

詳しくは税務署もしくは税理士にご相談してみてください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

新築遅延による損害賠償 k.h.r.m.nさん  2011-05-18 00:35 回答1件
違法なマンション防犯カメラリース契約 だっしゅさん  2011-03-24 17:30 回答1件
住宅取得年の確定申告について 太郎さん  2006-11-28 21:46 回答1件
契約解除できますか aonaさん  2013-11-20 12:10 回答2件
親の土地に家を建てたい itaruitaruさん  2012-12-28 21:17 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

建築家による土地活用の提案 【都市型住宅】

生活の豊かさは、すまいの広さできまりません。

岩間 隆司

株式会社ソキウス

岩間 隆司

(建築家)

その他サービス

新築一戸建て内覧会同行検査 インスペクション

新築一戸建ての契約前の内覧会に同行して不具合の有無を検査します。

堀 紳一朗

忘蹄庵一級建築士事務所

堀 紳一朗

(一級建築士)