住宅ローンの借り換えと繰り上げ返済について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの借り換えと繰り上げ返済について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/01/24 22:44

平成18年9月に3,550万円の住宅を購入しました。頭金は1,350万円でローンが2,200万円をフラット35で組みました。
金利が、1〜5年が2.62%で月80,071円(ボーナス払い無し)の返済で6年目以降が金利2.92%の月82,754円の返済です。
今までに2回の繰り上げ返済(1回目100万円、2回目120万円)をし、現在の借入残高が1,920万円です。
近々100万円の繰上げ返済を行う予定です。
そして今後も繰上げ返済を毎年1回は行い、平成23年の金利上昇までに借入残高を1,350万円にしようと計画しています。(繰上げ返済受付額は100万円から)
現在の貯蓄はもしもの貯金が80万円と教育資金10万円です。教育資金については、月々1万円の貯金を去年から始めて、今後も続けて行こうと思います。
5年目以降は繰り上げ返済のペースを落とし教育資金などの貯蓄に力を入れていこうと計画していますが大丈夫でしょうか。
また、今一生懸命繰上げ返済を行うよりも10年固定などのローンに借り換えを行うか、もしくは残高が1,350万円となった時点で借り換えを行った方がよいのかとも悩んだりします。

収入と家族構成は以下の通りです。
夫34歳 会社員 年収(手取り)400万円
妻 パート 年収(手取り)125万円
子供 二人 9歳、6歳

よいアドバイスをよろしくお願いします。

びーじぇーさん ( 福岡県 / 女性 / 39歳 )

回答:3件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

教育資金の件

2008/01/25 10:12 詳細リンク

びーじぇーさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『5年目以降は繰り上げ返済のペース...大丈夫でしょうか?』につきまして、基本的に考え方としは大丈夫だと思われますが、教育資金については親の勝手で構いませんので、将来の進学予定に合わせてどの程度準備する必要があるのかを今のうちに把握しておくことをおすすめいたします。

また、教育資金などのライフイベント資金がいつ頃いくら必要になるのかなどを整理していただくためにも、ライフプランシートを作成したり、キャッシュフロー表を作成して繰り上げ返済を今後も行った場合や教育資金などを入れて、今後の資金残高の推移なども確認しておくとよろしいと考えます。

キャッシュフロー表の作成資料などはこちらのサイトの中でも、また、インターネット上でも紹介されていますので、そちらを活用していただくとよろしいと考えます。

また、借り換えにつきまして、現在フラット35を利用していますが、適用金利も低くなっていますし、今後繰り上げ返済が思うようにできなくなっても、完済するまでローン金利が上がったりすることはありませんので、今のままの方が将来のマネープランは立てやすいと考えます。

よって、新たに諸費用を支払ってまで、借換をする必要性はないと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンについて

2008/01/25 12:16 詳細リンク

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

住宅ローンの繰り上げ返済についてですが、今後教育費がかかってきて心配でしたら期間短縮ではなく、毎月の返済を軽減するのもひとつの手段です。そうすることにより毎月に余裕が出てくるのでその分を教育費に回せるようになります。利息の総支払額は、期間短縮をしたほうが減りますが
教育費がかかるときのことを考えるとリスクヘッジになります。

借り換えについては、今はする必要はありません。将来必要になるのかは、その時の経済情勢により変わってきますので今はなんともいえません。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

杉浦 順司

杉浦 順司
ファイナンシャルプランナー

- good

借換と繰り上げ返済

2008/01/25 16:11 詳細リンク

びーじぇーさんへ

はじめまして、イマムラエージェンシーの杉浦と申します。

ご質問についてですが、順調に繰り上げ返済ができていることは素晴しいですね。
このままのペースで無理なく繰り上げ返済を継続し、目標のローン残高になった時に借換のご検討をされてはいかがでしょうか?今の状況での借換には諸経費もかかりますし、あまりおすすめできません。現在のペースを無理せず維持して下さいね。

以上、参考にしていただければ幸いです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

退職金完済での住宅ローン ヒデ1966さん  2009-08-01 23:50 回答5件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件
住宅ローンについて ぺこりっちさん  2013-06-15 21:29 回答2件
住宅ローンの借り方について コロンコロンさん  2011-07-05 23:35 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)