ジャパン・パッシング? ナッシング? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ジャパン・パッシング? ナッシング?

マネー 家計・ライフプラン 2008/01/23 22:28

先日のニュースで「ジャパン・パッシングが続き、ついにはジャパン・ナッシングになってきている」というコメントを聞きました。
そもそも何が原因の、どういった現象なのでしょうか?

tomozoさん ( 神奈川県 / 女性 / 26歳 )

回答:2件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

ナッシングの原因

2008/01/24 00:17 詳細リンク
(5.0)

tomozo様 初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

日本の経済力が弱くなり、諸外国から見て日本に投資する魅力が無くなってきた状況を指します。

80年代のバブル時代には、日本の株式の時価総額が世界の70%を占める時代から、現在では10%をきるところまで低下、GDPも世界シェアの10%をきるところまで落ちている状態により、外資の投資先から外れる様子を言葉に表したものです。

私が捕らえているパッシング、ナッシングの原因は、
諸外国から、日本全体が改革から逆行して内向きになっている、改革が進んでいないと見られているためです。
例えば、
・小泉内閣が進めてきた規制改革がなし崩しに後退している。
・外資に買収されないための対抗策を導入したり、再度企業同士の株式の持合が始まっている。
・株式市場の整備が遅れて、外資の受け入れを拒む姿勢が見えてきた。
・ばら撒き行政の復活で国家財政の赤字が増える。⇒昔の日本に戻りつつある。
・日本に投資するよりも、中国、インド、東南アジアの国々に投資したほうが収益が上がる。
等々、日本経済の魅力が無くなり外資が投資を引き上げ始めたことを指します。

また、外交政策の稚拙さや、環境問題への関心の薄さ、ODAへの資金提供が減額された等々の要因から日本に期待が出来ないということもナッシングの一因です。そして政局だけで駆け引きに終始している政治の対応も諸外国からは、経済に対する無関心と取られています。

以上の諸要因から、日本への関心の薄さや、外資が投資しない状況になっています。

評価・お礼

tomozoさん

ご回答ありがとうございます。
投資・運用という言葉を目にする機会がここ数年で急激に増え、日本の株式市場が成長発展をしているのかと思っていましたが、まだまだ諸外国からは遅れているのでしょうか。

「どこどこの株を持っている」「持っていないから関係ない」だけではない、政治政策にもっと強い関心を持たなければと改めて痛感しました。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 博士 専門家

渡辺 博士
ファイナンシャルプランナー

- good

ジャパン・パッシングが正解

2008/01/24 01:38 詳細リンク
(5.0)

ファイナンシャルプランナーの渡辺博士です。

私、この件については特に辛口コメントをコラムに掲載しております。
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/24940

「ジャパン・パッシング」を皮肉って「ジャパン・ナッシング」という言い方を良くします。
本来は「ジャパン・パッシング」です。

ジャパン・パッシングですが、日本は戦後特に、日米安保条約を軸に米国中心に貿易を行ってきて、よく日米貿易摩擦と言う言葉を聞いたと思います。
それは、日本がアジアや他の地域から原料を安く輸入して、主に米国を中心に製品を高く輸出して経済が成り立ってきた背景があります。
当然、日本は売り手で貿易黒字国、米国が買い手で貿易赤字国です。
日本はもの作りに関しては世界でもトップレベルであり、高品質なものを安く販売してきた経緯があります。

しかし最近は米国が日本ではなく、特に中国を中心にアジア地域との貿易を活発にしてきました。
そうすると日本が困ります。
背景には、元々日本はアジア諸国から原料や人材を安く仕入れていたので、言わばアジアの代理店のような立場だったのです。
だから原料が高騰したら、代理店を通さずに直接買ったら安いことが分かり、又工場をアジアへ拠点を移していた関係で、実際製品を作っている人々は同じであることが言わばバレてしまったような状態です。

米国の人たちも当然安くものを買いたいですから、日本を飛び越えて中国を中心とするアジア諸国へと貿易の相手国をシフトしていきました。

そうすることでアジアの人気が高まり、アジアの新興国への投資が高まっていきました。
これがジャパン・パッシングです。
最近では、日本の価値が政治家の無策によりどんどん下がっていく傾向があり、サブプライムショックがなくても大きく下落してきていたので、もう日本の世界に対する役目がなくなってきたことを皮肉ってジャパン・ナッシングなどと言われます。

評価・お礼

tomozoさん

再度のご回答、ありがとうございます。

今回質問させていただいて、ニュースを見るときの意識が変わりました。
ありがとうございました。

回答専門家

渡辺 博士
渡辺 博士
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー
046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致します。マイホームの購入、子供の大学受験や定年退職などに備えられる提案を致します。

渡辺 博士が提供する商品・サービス

電話相談

ファイナンシャルプランニング電話相談

ちょっと電話で聞ければいいんだけどという方に。

質問者

tomozoさん

直接買い付け?

2008/01/26 13:10 固定リンク

ご回答ありがとうございます。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、日本が海外の工場で生産している製品は、日本の企業が海外に設備を作り自社工場として生産しているものではないのでしょうか?

工場から直接買ってしまう事もできるのですか?
また、こればかりは政府が株価政策打ち出したとしても収集がつかないように思われるのですが、解決するための何か有効な手段はあるのでしょうか?
貿易黒字国からの減退を辿っていってしまうだけのような気がして…。

tomozoさん (神奈川県/26歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

生活環境の変化で…家計診断お願い致します kokomeiさん  2014-03-05 20:59 回答3件
家計診断お願いします。 へちまさん  2014-01-09 01:46 回答2件
貯蓄をベースに考えるべきか投資を増額すべきか topo200さん  2013-02-06 08:15 回答1件
繰上返済の注意点は? カエルゲコゲコさん  2011-09-30 19:34 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)