繰り上げ返済と貯蓄。どちらが大事? - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

繰り上げ返済と貯蓄。どちらが大事?

マネー 家計・ライフプラン 2008/01/23 13:52

3年前に結婚し、約2年程前に5000万円の一戸建ての住宅を購入しました。
主人:31歳 年収700(手取り600)
私 :32歳 年収500(手取り400)


住宅ローンは2人で3900万円を35年で組みました。
(ローン内訳:主人2900万、固定金利 私1000万変動10年固定 ボーナス払無し)
毎月142000円の支払いだったので、支払額を減らす方の繰上げ返済を350万、
期間短縮形の繰上げ返済を100万。現在毎月の住宅ローンは134000円となりました。

なるべく頭金を多く出したかった事もあり、貯金は殆ど手元に残さなかった為、
現在の貯蓄は250万円ほどです。

住宅ローン残高は2人で合計3350万円。

積み立て型の貯金は1年に100万円。
繰上げ返済を1年に200万円しています。

そろそろ子供も欲しいと思いますが、仕事も正社員で転職して1年程ですので、
もっとながく勤めたいと思っています。でも何があるかわかりませんし、この貯蓄額だと
正直怖いなと思っています。
最低どのくらい貯金があって、毎月どのくらいのローン額ならば安心できるのかわからないので不安です。ローンを返すよりも貯金を増やしたほうがいいのでしょうか?

ちょっと無茶なローンを組んでしまった気がして、すこし焦ってしまいます。

ひろっぺさん ( 東京都 / 女性 / 32歳 )

回答:5件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

不安のなくすために。

2008/01/23 14:34 詳細リンク
(4.0)

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

不安をなくすためにまずは将来の予定、目標、夢などを書きだしてみましょう。そして実現するにはどのくらいのお金を貯めないといけないの考え、今度どのようにしたら達成するのか検討しましょう。具体的になればなるほど不安はなくなります。
そして、もしお金が貯められないのであれば、どうしたらいいのか対策を考えましょう。

繰り上げ返済についてですが、今後のことを考えると毎月の返済額を軽減していく方法をとっていくほうがいいでしょう。
預貯金をどのくらい残したらいいのかは、今後の支出予定によります。
何も使う予定がなければ繰り上げ返済をしたほうが支払利息が減りますので繰上げ返済をしたほうがいいです。

評価・お礼

ひろっぺさん

早速のご回答ありがとうございました。
確かにただ漠然と「もっと支払額を少なくしなくちゃいけない」とそれが目標みたいになっていました。でも、なんで減らしたいのか?を考えていませんでした。
目的が漠然としているから、余計不安なんですね。
もう少し、主人と今後やりたいことや、目標等をお互いに話あってみたいと思います。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄の件

2008/01/23 16:35 詳細リンク
(4.0)

ひろっぺさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

現在、貯蓄よりも繰り上げを優先していますが、ひろっぺさんの場合、今の時期は基本的にこれでよろしいと考えます。

目先のライフイベントとして、旅行や自動車を保有していれば買い換え程度となりますので、イベント費用があまりかからない今時期は、住宅ローンの繰り上げに充当していただいて大丈夫です。

尚、将来お子さんをご希望されていますので、もし対象なりとも預貯金残高に不安を感じるようでしたら、現在の預貯金に加えて、出産・育休期間中にひろっぺさんが得ることができる収入相当額を別途確保しておけば、よろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

ひろっぺさん

ご回答ありがとうございます。
専門家の方に「今の時期は基本的にこれでよろしいと考えます。」という
ご意見をいただけて、正直ホッとしました。

出産、育休期間中にもうすこし安心できるよう、生活を見直して、もう少し貯蓄を増やしたいとおもいます。
どうもありがとうございました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 博士 専門家

渡辺 博士
ファイナンシャルプランナー

- good

返済はしっかりと貯蓄をしてから

2008/01/23 16:52 詳細リンク
(4.0)

ファイナンシャルプランナーの渡辺博士です。

ご自身でもお気づきのように、ひろっぺさんご夫婦は無茶をしてしまいました。
でももう取り返しはつきません。
実際住宅そのものは夢のマイホームでしょうから、物件選びを考えるなら、同時に資金繰りを考えるべきでした。

貯蓄がほとんどないのはたしかに心細いですよね。
今からはしっかりと貯蓄をして下さい。
しばらく何もできないと言う位の心構えが必要です。

お二人の収入から考えると、約500万円位は貯蓄があるといいのですが、最低でも今の250万円は維持するようにして下さい。
これらは万が一の時の緊急資金ですから、定期預金として動かさないでいて下さい。
500万円位になるまでは、繰上返済はしないで下さい。

ひろっぺさんは、借金を早く返したいから繰上返済をしているのですか?
それなら間違いです。
カードローンなどとは意味合いが違います。

住宅ローンは一生に一度のような買い物です。こんな大きなものを買うには、しばらくローン返済とうまく付き合わなければなりません。
それならば、最初にある程度頭金を貯めて、毎月の返済額が収支を圧迫しないような金額を設定する必要がありました。
しかも繰上返済はいいのですが、毎月の資金繰りを考えると、残高を減らすことより毎月の返済額を減らす事の方が優先です。そして安定した収支を築き上げて、それでも余裕があれば残高減らしにかかるのが正当なやり方です。

収支が良くないと、いつまで経っても住宅ローンに縛られるようになってしまいます。
その為にも今は貯蓄をしっかりとして、余裕ができたら繰上返済をするようにして下さい。
ローン残高まで貯めて、一気に返済したっていいのですよ。

評価・お礼

ひろっぺさん

パンチの効いたご意見、ありがとうございます。
分かっているけど、なんとなく認識しているけど、やはり専門家にはっきりと言われると気持ちが引き締まる思いです。

住宅購入時には、最初の何年かは二人で頑張って、繰上げ返済して毎月の支払い額を減らそうと。なんとなく決めていました。私も仕事をやめる予定はないし、主人も今より年収が150万円程多かったので、(残業代が減った為、今の収入は残業殆どない状態です)
調子の良いことばかりを考えていました。

やはり住宅ローンを組む時には、最悪の時を想定して組むべきだなと思います。
でも、おっしゃる通り、もう取り返しはつきません。(笑)

「ローン残高まで貯めて、一気に返済したっていいのですよ。」
驚きました。目からうろこです。
まずは、500万円今年中に貯金したいと思います。

回答専門家

渡辺 博士
渡辺 博士
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー
046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致します。マイホームの購入、子供の大学受験や定年退職などに備えられる提案を致します。

渡辺 博士が提供する商品・サービス

電話相談

ファイナンシャルプランニング電話相談

ちょっと電話で聞ければいいんだけどという方に。

栗本 大介 専門家

栗本 大介
ファイナンシャルプランナー

- good

一定額が貯まるまでは貯蓄優先で

2008/01/23 16:57 詳細リンク
(4.0)

ひろっぺさん、はじめまして。
FPの栗本と申します。

貯蓄と繰り上げ返済のバランスは、多くの方が悩まれますが、ご自身なりに安心できる金額が貯まるまでは、貯蓄を優先される方がいいと思います。

そこで「自分なりに安心できる金額」がいくらなのかっていうことになりますが、以下のように考えてみてはいかがでしょうか?

一般的に「いざという時のために、すぐに使える状態の貯金」は、毎月の生活費の6ヶ月〜1年分があればいいと言われてます。
ひろっぺさんの毎月の生活費がいくらぐらいかはわかりませんが、仮に30万円であれば180万円〜360万円ですよね。これは、普通預金などの、すぐに引き出しができる金融商品にしておきます。

そして、数年のうちに使うことが決まっているお金。
子どもにかかるお金や車の購入、旅行などの支出がこれにあたりますが、これらは「ライフプラン表」を作ることでなんとなくつかむことができます。

「3年後に車を買い換えるから、250万円いる」とか、
「2年後ぐらいには子どもが欲しいから、出産費用などで30万円」とか。

予定している計画によって随分違ってくるかと思いますが、せめて、ここまでに出てきた金額が貯まるまでは貯蓄を優先されるべきだと思いますよ。

※ライフプラン表の作り方は、以下のページをを参考にしてみてください。
http://fpoasis.jp/modules/smartinvest/item.php?itemid=6


その上で、仮にお子さんの誕生によって、しばらくの間ご主人の収入だけで生活をする必要が出てくる可能性もありますから、ご主人だけの収入で、住宅ローンの返済を含む家計がすべて賄えるかどうかを確かめておかれれば、より不安が解消されるでしょう。

評価・お礼

ひろっぺさん

ご回答ありがとうございます。
栗本さんから教えていただきましたライフプラン表、リンク先から拝見させていただきました。
一朝一夕で作成できるものではなさそうなので、この後、時間をかけてじっくり作ってみたいと思います。
毎月の生活費を計算してみたら凄いことになってしまいましたので、まずは生活を見直し、今年は貯蓄優先にしたいと思います。
ご意見、とても勉強になりました。

回答専門家

栗本 大介
栗本 大介
(ファイナンシャルプランナー)
株式会社エフピーオアシス 代表取締役

商品ありきではなく、まずはお金の考え方を養うことが大切です

お金に振り回されることなく、みんなに幸せな生活を送って欲しい。それが、私がFPを続ける理由です。生活者の立場に立った、あなたの身近な「マネーの専門家」として、必要なときにはいつでもお役に立ちます。お金との上手な付き合い方を一緒に考えましょう。


ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄を優先しましょう

2008/01/23 15:51 詳細リンク
(4.0)

ひろっぺさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

今後お子さんを予定されているのでしたら、貯蓄を優先しましょう。
妊娠には個人差がありますので、そのまま勤務するつもりでもできないこともあります。
幸い産休までお仕事が出来たとしも育休中の収入は3割になってしまいますね。

また、育休中にご主人が退職を余儀なくされた方の相談も受けたことがあります。
何があっても対応できるよう、いまは貯蓄を優先した方がいいでしょう。

何事もなくお仕事復帰ができれば繰り上げ返済はそれからでも間に合います。
おっしゃるように「何があるかわかりません」
あらゆるリスクに対応できるのが貯金ですね。

今のうちにご主人のみの収入でやりくりしてみましょう。
膨らんでいる家計を見直すいい機会ですよ。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

評価・お礼

ひろっぺさん

ご回答、どうもありがとうございます、
具体的な例があり、わかりやすい説明でした。

今まではなんとなく焦っているだけで、二人とも仕事しているんだし。
と、生活のレベルは下げたくないと、週に3日以上外食するという
贅沢な暮らしをしていました。
(贅沢と思うレベルは個人差があるので、たいしたこと無いかもしれませんが)

お話を伺って「貯金しなくちゃな」と、毎日の無駄遣いを反省しました。
主人のみの収入で生活が出来るかどうかは別として、意識があるだけでも多少は違うと思いますし。節約できた分は貯蓄するつもりです。
ストレスにならない程度に努力をしていきます。
ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計管理についてアドバイスをお願い致します。 ミュウさん  2008-02-21 18:08 回答4件
今後のライフプランについて oiak3535さん  2011-04-23 01:06 回答3件
家計診断と住宅購入について l185sgbvfさん  2010-06-22 07:50 回答12件
ライフプランでの悩み えるんさん  2009-04-12 21:45 回答7件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マネー相談

教育費・年金・資産運用・住宅購入・相続などに関する面談

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

辻畑 憲男

株式会社FPソリューション

辻畑 憲男

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

支出を減らし貯蓄ができる家計診断(家計診断書&提案書付)

過剰な支出がひと目で分かる家計診断を行いますので、今月からすぐに貯蓄ができるようになります。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)