数年後の帰国に備えて - キャリアプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

数年後の帰国に備えて

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/01/15 09:36

こんにちは。私は34歳の女性です。
5歳と3歳の子どもがおります。
現在、夫の海外勤務に伴い、アメリカに住んでいます。
3年後に帰国予定ですが、その後仕事につくために
今から勉強をしたいと考えております。が、どういった仕事が自分に
合っているのか、家庭と両立させるためには
どんな仕事が向いているのかアドバイスを頂きたくメールしました。

★これまでの経歴
95年3月 4年生大学 文学部卒業
95年4月 電機メーカー就職
人事部で、多岐に亘る事務処理&研修業務
全般を担当
01年10月 出産のために退職
現在に至る

★持っている資格
図書館司書

★育児期間中の勉強
校正処理について

★自分の得意分野
日本語にて文章を書く事、事務処理全般、
人と接する事、インテリアやファッションなどの
コーディネート

★自分の弱み
計算、数字など、細かく正確さを要求される事
対人関係のストレスに弱い

★スキルアップのために、今努力している事
毎日の英会話、
子どもの学校への奉仕活動を通してアメリカの現地生活へ
積極的に溶け込んでいる

★希望する就業形態
出来れば正社員が望ましい。
が、育児&家事との両立のため、残業のある仕事は出来ない。
在宅勤務、もしくは夕方に必ず帰れる事が大前提である。

★その他
軽度の感音性難聴(両耳)。障害手帳6級。補聴器使用。
ただし、日常会話には支障なく、補聴器を使わなくとも
済む事も多い。

以上、宜しくお願いいたします。

yukikさん ( 神奈川県 / 女性 / 34歳 )

回答:2件

鴫原 弘子

鴫原 弘子
経営コンサルタント

- good

◆「両立の理想」は、自分で描く!

2008/01/15 10:53 詳細リンク
(5.0)

こんにちは、しぎはらです。

Yukikさんが、帰国される3年後。
日本の社会構造・経済状況
それに伴う雇用形態も、大きく変化をしていると思います。

3年前の日本と、今が違うように
時代も社会も、日々変化し、進化しながら未来に向かっているという事。

ですから、アメリカ在住の3年間
日本の動向をしっかりウォッチし続ける事も大切ですよね。

「家庭と仕事の両立」は女性にとっては普遍のテーマでもありますよね。

●「両立しやすい職種」と考えるのではなく

1.自らが雇用形態を選択し
2.その条件下でいかに両立させるのかという計画を立て
3.どのような状態を「両立とするか」を自身で決める事。

が最も大切です。

●その上で、
自身にとって【仕事とは何か?・両立とはどのような状態なのか?】
について、じっくり考えてみてください

1.仕事におけるプライオリティー
お金?やりがい?貢献?=何を優先しますか?

2.子供の成長と共に、自身も、どのように成長するのか
目的や到達地点を明確に=人生において何を残し(人の役に立てること)
どんな自分像を描いていますか?

3.アメリカでの日々で何を学び、何を得る事で
帰国後の自分の役に立ちますか?=
アメリカの教育事情=日本で役立つ事は?

自身の仕事に対する条件や、優先順位は人それぞれですよね。

だからこそ、望む条件をクリアする為の
「戦略・準備」が必要になります。

ザックリとでもかまいません。
そこを明確にする事で、これからのアメリカでの3年間で
Yukikさんが、学ぶべき事準備・すべき事が見えてくると思います。

帰国後の就職に関するこちらのQ&Aもご参考になると思います。
◆40を過ぎてのブランクからの転職

アメリカでの、充実した日々を過ごして下さいね。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
葉玉 義則

葉玉 義則
キャリアカウンセラー

- good

米国での環境をチャンスに変えましょう。

2008/01/15 13:03 詳細リンク
(5.0)

こんにちは、yukikさん。My人事の葉玉です。

他のカウンセラーの方が、適切なアドバイスをされているので、私は
ちょっと視点を変えて、世界の経済動向を見極めた上での所見を述べ
させていただきたいと思います。

今後、必ず伸びる産業として、温暖化ビジネスがあると思いますが、
EUに比べ、出遅れた感のある米国としては、この2〜3年、金融や
ITで後退した経済を立て直すべく、積極的に「温暖化ビジネス」に
取り組むであろうと考えられます。

先々、日本においても、米国との取引規模の拡大は、自然な流れだと
思われますので、逆に、yukikさんの置かれた環境を「一つのチャンス」
としてとらえ、注意深く、米国内での“温暖化”に関する情報を普段
から拾い集め、この問題に関するエキスパート的な知識を蓄えられれば、
帰国の際は、有利な条件で「仕事」を確保出来るであろうと考えます。

いろいろと自己啓発に取り組むにしても、「テーマ」をもって取り組め
るかどうかが、実践に使える能力として生かせるかどうかの分かれ目に
なるのではないかと思います。

もう一つの方向は、執筆力を生かす事。米国から日本の読者に向け、ブ
ログを開設し、yukikさんが興味をもったテーマについて、エッセー風に
情報を送り続ける事。この事により、yukikさん自身が、不安や閉そく感
を脱し、前向きに明日への夢を追いかけられるのではないかと思います。

今は、インターネットの普及により、以前より、海外勤務等に関しての
ストレスは、髄分緩和されてきたのではないかと思います。

ここは、せっかくのチャンスなので、日本人同士で固まり合うことなく、
積極的に米国社会に溶け込み、人生の幅を広げる機会につないでいかれ
ては如何でしょうか。

yukikさんの米国での生活が、ご家族ともども楽しい思い出となる事と、
帰国後の「就職」もしくは「自立」が成功される事を、心よりお祈り
申し上げます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

転職か、現状維持か。 ちみゆささん  2012-08-17 12:12 回答1件
キャリアプランについて chibimarukoさん  2014-11-18 18:55 回答1件
30代新婚女性 今後のキャリアの積み方について ドットさん  2010-02-19 12:04 回答1件
フリーで翻訳等を続けていましたが・・ marionfさん  2009-06-11 19:18 回答3件
今からのキャリアプランの立て方 mo-ko-koさん  2013-09-09 20:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

レッスン・教室

就活 自己分析・探求「自分の“キャラクター”を見てみる」

就活を強い気持ちで望んでいけ、チャレンジしていけます!

平澤 一美

株式会社日本スクールシステム機構

平澤 一美

(メンタルコーチ)

電話相談

ライフキャリア全般を相談ください!

あなたのキャリアをプロデュース(スカイプ相談)

高木 透

株式会社レイクウイング

高木 透

(キャリアカウンセラー)

タカミ タカシ

日本キャリア・コーチング協会(JACCA)

タカミ タカシ

(キャリアカウンセラー)