遺産分割協議書を作成するときの注意点は? - 法律手続き・書類作成 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

遺産分割協議書を作成するときの注意点は?

暮らしと法律 法律手続き・書類作成 2008/01/11 10:30

遺産分割協議書を作成する際、あとでシマッタ!ということにならないために、注意点を教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:1件


遺産分割協議書を作成するときの注意点

2008/01/11 19:40 詳細リンク

こんにちは。吉田行政法務事務所の吉田です。
さて、「遺産分割協議書を作成するときの注意点」ですが、以下に記述いたします。

1 被相続人(亡くなった人)の氏名とともに、死亡日(除籍謄本で確認)と最終の住所(住民票の除票で確認)を必ず記載することです。

2 土地・建物など不動産が相続財産としてある場合、登記事項証明書(登記簿謄本)を法務局・登記所から取り寄せ、土地については、「所在」、「地番」、「地目」、「地積」などを正確に転記し、建物については、「所在」、「地番」、「家屋番号」、「構造」、「床面積」などを正確に転記します。

3 不動産については以下のような書き方をします。

以下に掲げる被相続人所有の不動産の所有権すべてを○○が取得する(例)

4 銀行などの金融機関に預金がある場合、銀行名、支店名、預金の種類、口座番号を明確に記載します。(特に郵便局のものは現在、ゆうちょ銀行扱いとなっています。)

5 被相続人にその時点で、分からなかった財産が出てくるかもしれませんので、「被相続人に隠れたる財産が発見された場合、その財産は○○が、取得する。」というように、後々のことも考慮し、必ず記載してください。

6 最後に相続人全員が署名・押印することになりますが、必ず、本人が自署し、実印を押印してください。また、全員の印鑑登録証明書も取得してください。

7 遺産分割協議書に基づいて、法務局に不動産の所有権移転を行う場合、不動産の所在地の市町村で「直近の土地・家屋評価証明書」を取得してください。

8 不動産の相続については、一つの土地や建物を複数の相続人が共有する形は、私はお勧めしていません。その理由は、処分しようとした場合など、他の共有者の同意を得なければならないことがあるからです。

以上、遺産分割協議書を作成するときの「重要な」注意点を記述いたしました。
ご質問の回答になっておれば幸いに存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

不動産登記について uechan-ueponさん  2012-10-01 10:05 回答1件
共有名義の建物の数次相続の登記について ゆみこ88さん  2011-09-23 21:00 回答1件
相続について フースーブさん  2009-07-25 11:53 回答1件
マンションの遺産分割協議書の作成について toukiさん  2009-01-24 21:25 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

中西 優一郎

弁護士法人アルテ

中西 優一郎

(弁護士)

岡村 陽介

サニー行政書士事務所

岡村 陽介

(行政書士)