損害賠償の契約について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

損害賠償の契約について

法人・ビジネス 独立開業 2006/11/02 13:44

IT関連の会社を立上げます。 幸い早速前職のつながりで仕事をいただくことになり新会社でその仕事を請けることになりました。 その責任者としてマネージャー職の人を正社員として採用するのですが、その仕事はプロジェクトとして進めるため、プロジェクトマネージャーが万一途中で辞めるようなことになると大きな損害となります。 このようなリスクを避けるために、これから採用する社員に対し、入社時にプロジェクト期間中にやめた場合に○○○万円のペナルティを払うという契約を結ぼうと考えています。 この場合、身元保証人に対しても損害を補償させる契約を併せてとることはできるでしょうか? その際本人の意思確認などもとる必要はあるでしょうか?

BOASORTEさん ( 東京都 / 男性 / 34歳 )

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

適切な雇用管理を行いましょう

2006/11/03 21:39 詳細リンク

BOASORTEさん、こんにちは

お話の通り、実際にプロジェクト期間中にこの従業員の方が辞めてしまい会社に損害が発生した場合、こうした特約を根拠に労働契約上の債務不履行による損害賠償請求が可能でしょう。

しかし、労働基準法は労働者保護の観点からこうした民法の考え方に修正を加え、労働契約において損害賠償額を”事前に”決めてしまうことを禁止しています。
例えば…

「Aプロジェクト期間中に従業員側の都合により退職する場合、○○○万円の違約金を支払う」

という特約を仮に結んだとしてもその特約は『無効』となります。(身元保証人も同様です)

それともう一点、このような事前の損害賠償額の約定が同時に従業員側の『退職の自由』という「権利」行使を妨げることにつながるという観点からも違法視されます。

お話では、新しく雇われる従業員の方は特に「雇用期間を定めない」正社員であるとのことで、この場合従業員側には「退職の自由」が保障されていることにも留意が必要です。

次に実際に損害が発生した場合の求償についてですが、損害額が例えば先方との契約金額1,000万円としましょう。 このプロジェクトマネージャーの期間中の退職により、仮に1,000万円の売上がなくなってしまったとすれば、特約をもとに会社は(元)従業員に対し何らかの損害賠償を請求することになりますが、この場合損害額1,000万円を全額求償することはで許されないでしょう。 訴訟になれば裁判所が「損害の公平分担」の観点から賠償額は減額調整される可能性が高いと思われます。

(追記に続く)

補足

ではどの程度の請求が可能なのか?という問題ですが、裁判所は…

「信義則上相当と認められる額」

と非常に抽象的な基準で予測は困難です。
実際に損害が発生した場合は弁護士さんと相談することになると思いますが、さらにリスクマネジメントの観点から、このプロジェクトマネージャーについて適切な採用手続きと入社後の適切な雇用管理を行うことが重要です。 仮に訴訟となった場合、裁判所はそのあたりの不備・不手際を賠償額の減額要素として考慮する可能性があるからです。(つまりきっちりと雇用管理しないことで従業員が辞めていったという会社の過失を考慮されるということです)

いずれにしても、雇入れの際に損害賠償額まで決めてしまうことは違法となるので、実際に損害が発生した場合に損害賠償を請求する旨の約定にとどめる契約内容にすべきと考えます。 (身元保証人についても同じです。)

そして何よりも優秀な社員が辞めない適切な雇用管理が大切です。

【関連コラム】
https://profile.allabout.co.jp/pf/ysc-kaigyou/column/detail/7985


*◆◇ 「ハイブリッド型」 社会保険労務士が企業利益をクリエイト ◇◆
''Y'Sパートナーズ社会保険労務士事務所'' / http://www.ysp-sharoshi.jp

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

会社役員について pony77さん  2011-10-20 13:24 回答2件
誓約書について Almodorさん  2007-02-06 13:09 回答1件
副業の事業化について RMSYさん  2013-12-26 10:38 回答1件
起業家志望です。 oneさん  2013-01-12 18:24 回答1件
FX自動売買ソフトのネット販売について たかひろさん  2012-11-22 16:00 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)