別居中の旦那の母親を扶養家族に入れたい。 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

別居中の旦那の母親を扶養家族に入れたい。

マネー 年金・社会保険 2007/12/27 23:16

今、旦那は、厚生年金に加入していて、私は、専業主婦なので、旦那の扶養家族になっています。旦那の母親(58歳)は、同じ県内ですが、離れて暮らしています。昨年、リストラに合い、昨年の4月から月10万弱の失業保険を受け取っています。でも、来年の1月で支給が終わります。仕事は、次、するかどうかわかりません。今、母は、自分で国民健康保険と国民年金を自分で払っています。しかも、母と同居のニートの旦那の兄の国民健康保険と国民年金も。兄は、ここ3年くらい無職なんです。母は、保険だけで、生活が苦しいみたいです。旦那は、母子家庭なので、父がいないので、母の生活の援助を少しでもしてあけたいみたいなのですが、もし、母を扶養に入れたら、今までよりは、旦那の給料の手取りが減りますよ?私たちの家計の負担にはならないのでしょうか?仕送りは、これから月7万円くらいする予定です。扶養に入ったら、健康保険と年金は、母が自分で払わなくていいんですか?自分たち、親とメリットがあるなら、扶養に入れてあげてもいいと思っているのですが、何の知識もないので、だれか、アドバイス教えて下さい。兄は、扶養に入れないみたいですね。早く働いてもらいたいんですが。

yuri_pyonさん ( 香川県 / 女性 / 29歳 )

回答:1件


お母様が扶養に入っても給料は変化ありません

2007/12/27 23:37 詳細リンク

はじめまして、yuri_pyon様。
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの牛尾理です。

お母様はご主人の健康保険の扶養に入ることができます。保険料は発生しません。国民年金は60歳まで加入しなければなりません。お母様が扶養に入っても、ご主人の給料に変化はありません。お兄様は同居でないので扶養には入れません。

お母様と別居されていますので、お母様の年収が130万円未満で、ご主人からの仕送額より少ないときにはお母様を扶養に入れることができます。失業給付が終わればすぐにご主人の扶養に入るよう手続きをしてあげてください。仕送りについては、証拠が残るようにしておいてください。例えば口座振込みなどです。

国民年金は60歳まで加入しなければなりません(現在の保険料は月額1万4,100円です)。ご主人が負担されてもかまいませんが、失業中ですので、特例免除申請してはいかがでしょう。免除期間の年金額の計算は、保険料が納付された場合と比較して3分の1になりますが、保険料負担がなくなります。手続きはお母様の住民票のある市区町村役場でしてください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

旦那の別居の母を扶養に入れたい。 yuri_pyonさん  2007-12-27 23:21 回答2件
育児休業基本給付金の支給要件について voodoopkさん  2009-09-24 14:45 回答1件
国民健康保険料算定における総所得金額とは? パラちゃんさん  2007-07-13 21:18 回答3件
遺族年金受給者を扶養に入れることについて Sutherlandさん  2012-03-05 18:39 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)