保険について - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保険について

マネー 保険設計・保険見直し 2007/12/25 14:25

夫43歳 終身300万 共済400万 定期600万
(以上死亡時)医療保険一日7000円 に加入しています。あと死亡時退職金が500万と貯蓄が現在350万です。家族は妻(パート)子ども(10さい)住宅ローン残り9年、住宅ローンをのぞいた生活費16万位です。子どもは高校までは公立を予定しています。18歳満期、200万の学資保険に加入しています。いま加入している保険で保障は足りているのか少し不安です。よろしくお願いします。

ソナタさん ( 福岡県 / 女性 / 41歳 )

回答:8件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険について

2007/12/25 14:57 詳細リンク
(4.0)

こんにちは。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

保障が足りているかどうかですが、お会いしてご説明をするのが一番なのですが難しいと思いますので、一度ご自身で計算してみてください。計算の仕方は、下記の私のコラムを見てください。
保険は、不安だから加入するものではありません。万が一の時にお金に困るので加入するのです。
どのくらい保険でカバーしたらいいのか実際にいくつかのパターンを考え検討してみてください。
実際にご主人様が今なくなった場合にどのような生活するのか考えましょう。

死亡保険金額の計算の仕方
http://profile.allabout.co.jp/member/modules/weblog/post.php?blog_id=22163

遺族年金について(サラリーマンの場合)
http://profile.allabout.co.jp/member/modules/weblog/post.php?blog_id=22181

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

1 good

遺族保障額の件

2007/12/25 15:47 詳細リンク
(4.0)

ソナタさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

ご主人様に万が一のことがあった場合の遺族保障額につきまして、お子様が高校卒業するまでにかかる教育資金の総額は、高校まで公立ということですから概ね360万円程度で済みます。

大学は卒業後に自分で返済する奨学金制度を利用する方法もありますので、計算に入れません。

また、生活費につきましても、16万円の80%程度で計算すると、教育資金も含めて1,600万円程度あれば賄える計算となりますので、現在の保障金額1,800万円あれば十分です。

よって、ご安心いただいてもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2007/12/25 15:11 詳細リンク
(4.0)

ソナタさん、はじめまして。フォートラストの大関と申します。

現在の保障が足りてるかどうかは、厳密な観点から申し上げますと
・ご主人の職業(社会保険加入状況なども含めて)
・住宅ローン残債額
・共済、定期保険の保険期間
などをお聞きしないと、正確なことは申し上げられません。

ただ、一般論からすれば、やや足りないように思われます。

収入保障保険などで補ってみてはいかがでしょう。
例えば、
毎月10万円保障を15年間で、掛金は、月々約3,500円〜4,500円程度です。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

保障としては、

2007/12/25 18:19 詳細リンク

はじめまして、ソナタさん。
マネースミスの吉野です。

実際はご家庭のデータをお聞きした上でシミュレーションをすると詳しく出てきます。保険に漠然と加入されるより目的別に加入されると分かり易くなり、無駄の無い保険に加入できます。


ご質問を拝見したところでは、万が一の時に余裕のある生活とは言えませんが、保障額としては良いのではないでしょうか?



勿論、ご主人に万が一の事があった時のご遺族の生活は不安なものです。
しかし、生きていく為のリスクにも備えていかないといけないと思いますので、保険と併せて貯蓄をされるのもお考え下さい。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

学資保険加入はライフプラン作成の原点!

2007/12/27 19:29 詳細リンク

ソナタ様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
私は銀行退職後、ソニー生命で6年間の営業を行い、独立後今に至っております。今回のソナタ様からのご質問につきましてお応えさせていただきます。先ず、生命保険には大きく2つの性質があることを覚えておいてください。その1つは死亡保険ともう1つは生存保険です。さらに保険にはご契約者の気持ちが入っていることも保険加入の大切なポイントです。具体的には、お子さまの学資保険が典型的な保険と思います。保険料は高いですが、皆様は将来のことを考えて契約するのです。学資保険がライフプラン作成の原点かもしれません。同様に、将来を見据えた保険に加入されることをご提案いたします。その、ポイントはご主人さまを中心としたライフプランを作成することと考えます。それから、現状の保険を見直してください。
以上

森 和彦

森 和彦
ファイナンシャルプランナー

- good

保険について

2007/12/27 22:48 詳細リンク

ソナタさん こんばんは

詳細伺わないと何とも言い難いのですが

必要補償額について以前コラムを書いたので参考にしてみてください。

お役に立てると思います。

頑張ってください。

http://profile.allabout.co.jp/pf/k-mori/column/detail/22713

http://profile.allabout.co.jp/pf/k-mori/column/detail/22714


回答させていただきます

2007/12/27 17:30 詳細リンク

東京リスクソリューション 川本育敬と申します。

本日より登録させていただきましたので、宜しくお願いいたします。


ご質問について。

ご職業による公的年金の補償額、
ご主人の万一の際に住宅ローンの残債がどうなるのか(団信などでなくなるのか)

などわかりませんので、明確には回答できませんが。

住宅ローンがなくなるとしても、少し保障が足りない気がいたします。


終身保険のみ残し、定期保険などを収入保障(月々15万円ほど)にきりかえれば
すっきりとした保障になるかもしれません。

保険料は保険期間にもよりますが、5000円〜6000円程度ではないでしょうか。


はじめまして!

2007/12/28 00:03 詳細リンク

はじめまして!「まいど・おおきに」の大阪から書かせていただきます、石倉です。

ご主人さまはサラリーマンでよろしいでしょうか。
遺族年金などのシュミレーションにはもう少し情報がほしいですが、死亡保障が
少〜し少ないかもです。

入院保険は、平均的ですが、保障期間が足りてるのかも心配ですね。
医療保険制度も変わってきています、一昔前なら60歳は老人医療でしたけど、
60代はまだまだ一般と変わらぬ医療負担があります。
保障期間なども考えたほうがいいでしょう、終身型とか。

また奥様のパート収入も家計で重要な部分を占めているのなら
奥様の医療保険・収入保障保険など考えてもいかがでしょうか。

質問者

ソナタさん

保険について

2007/12/28 10:03 固定リンク

ご回答ありがとうございます。夫はサラリーマンです。ご指摘の医療保険なんですが、終身ではなく、60歳すぎたら保障額が下がります。やはり終身がよいでしょうか?私も迷ったのですが、保険だけに頼らず毎月積み立て貯金して備えています。あと妻の保険ですが、共済で死亡時340万入院5000円に加入しています。

ソナタさん (福岡県/41歳/女性)

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

医療保険と教育資金についてご相談です。 rinrin0708さん  2013-01-26 23:45 回答2件
必要補償額(死亡保障額)の設定について memememeさん  2012-02-15 02:25 回答1件
保険の見直し 収入保障の設定金額について アドさん  2009-07-17 00:19 回答7件
保険診断をお願いします ライカさん  2008-05-24 01:11 回答10件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)