IT系営業にて - 転職・就職 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

IT系営業にて

キャリア・仕事 転職・就職 2006/10/28 01:09

こんにちは!どうぞよろしくお願いします。
現在、某IT企業(200名弱規模。上場済み)にて営業職を務めている、30歳男です。
現在、将来の事に少し不安に思っている事があります。
それは「今後、この事業に営業職は必要なのか?」
という事です。現在の仕事にはやりがいも感じていますし、メンバーにも恵まれていると感じています。しかし自身のキャリアのことを考えると、非常に戸惑いを感じます。それは、方針的に営業が必要なくなる事が良しとされるビジョンを、持っていると言う事です。

必要とされなくなるポジションで、成果を挙げていく事に意味はあるのか。
また、この成果は転職する際、認めてもらえるのか?
この2点につき、お考えを伺えれば、と思います。
よろしくお願いします。

odaさん ( 東京都 / 男性 / 31歳 )

回答:5件


お問い合わせに関して

2006/10/28 21:58 詳細リンク

こんにちは。
お問い合わせの件ですが、

1、「必要とされなくなるポジションで、成果を挙げていく事」に多少の意味(営業経験年数を積める等)はあると思いますが、意味合いとしては弱いと思います。おそらく社内において評価もされにくくなるかと思いますし、今後、他の環境下で「必要とされている場(ポジション)」を探された方がよろしいと思います。

2、「この成果は転職する際、認めてもらえるのか?」に関しては、転職する際には社内においての必要性、単なる数字だけでなく、取り組み姿勢、工夫(改善)したポイントなど多方面から評価されますので、認められる部分も多いかと思います。

従い、社内において「必要とされなくなる」といえども「前向きに」お仕事をされ、第三者からも評価頂けるように頑張って下さい。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


会社の動向と業界全体の動向は必ずしも一致しません

2006/10/29 10:27 詳細リンク

ご質問拝見いたしました。
ご質問のポイントは

?必要とされなくなるポジションで、成果を挙げていく事
に意味はあるのか。
?この成果は転職する際、認めてもらえるのか

に特にフォーカスしてご回答差し上げます。
前提条件としてIT業界の営業職の方向性を簡単に触れます。
現状では営業職が必要なくなることは無いと思います。
会社により、PMやITコンサルが兼務するケース一次
的にブームでしたが、現在はそのことにより本来のPM
やコンサルのサービスの質が下がるほうが問題視され
営業とPMやコンサルの分業化で全体の質を高める方向に
業界は動いてます。

それを踏まえ
?結論としてはご本人の強みと会社の方向が異なるため
意味はあまりあるとはいえません。
?御社以外の会社で実績を評価していただける企業は
先ほどの解説でも補足しましたとおり十分あります。
その際のPRポイントは30歳過ぎた際の転職において
強みがどこにあるか、特定の業界やアカウント、プロ
ダクトやソリューション等整理することです。

以上参考になりましたでしょうか。
追加のご質問あれば遠慮なさらずいただければ幸いです。


IT企業における営業職は現在売り手市場です

2006/10/29 22:17 詳細リンク

アクシスコンサルティングの荒木田です。

色々な前提条件はあると思いますが、私の回答はズバリ

「営業職に誇りを持っており、引き続き営業としてキャリアを積みたいと考えるのであれば、転職をお勧めする」

というものです。

現在の転職マーケットに目を向けさせていただきますと、IT業界は総じて好調!

その中でも「モノ売り」の営業スタイルではなく、顧客に対しソリューションを投下して成果を上げている「ソリューション営業」と言われる経験をお持ちの方は、大手SI企業、ソフトウェア・ハードウェア企業などを中心に売り手市場になっています。

特に28歳〜35歳くらいで、社会人として一通りの経験を積んでいる方であれば、大きなキャリアアップのチャンスです。

マーケットの機は熟しております。

是非、社内のみならず大きな目でキャリアの選択をしてはいかがでしょうか?


優良IT企業は、優秀な営業を益々必要としています。

2006/10/31 00:21 詳細リンク

こんにちわ。
アクシスコンサルティングの茂泉です。

今回のご質問について、2点のご回答を差し上げます。

まず、最初は 今後もIT業界において、優秀な営業は益々必要とされるということです。
システムが大規模化し、24時間化し、マルチベンダー化していく今後、一番最初の段階でエンドユーザーに対して、どれだけ魅力的な かつ技術力のあるシステム提案が出来るかは非常に大きなポイントとなります。
このため、エンドユーザーに直結する元請企業や準元請企業では、技術力・営業力ともに優秀なIT営業経験者の確保は現状でも積極的に行っています。
もちろん、全てのIT企業が優秀なIT営業を必要としている訳ではなく、例えば、下請け的な業務が中心で、今後もユーザーからの直接受注を考えていないソフトハウス等では営業の必要性がない場合もあります。
しかし、いづれにしても 自社の企業価値を上げて行くには、自社の技術を外部に売り込むことが必要不可欠です。
今は、優秀なIT企業ほど 優秀な営業を求めています。(企業からの求人案件を見れば一目瞭然ですね。)

2点目としては、上記のような現在のマーケット事情で、現在の会社の営業職の評価が低いのであれば、具体的に転職を検討する必要性もあるかも知れません。30歳というご年齢を考えると、転職の可否は別としても、一度ご自身のキャリアパスを真剣に考えることをお薦めします。

チャンスとタイミングを大事にして下さい。


必要とされない仕事を続けることに意味はあるか

2006/11/01 14:19 詳細リンク

こんにちは 細井です。ご質問の件にお答えします。
1)必要とされなくなるポジションで、成果を挙げていく事に意味はあるのか。

世の中全体からみればIT業界の営業でチカラをもつ人材は依然必要とされており、
その会社の方針で必要とされていなくともチカラをつけておくことに意味はあります。

ただ、そんなことよりも、
自分では意義と意気を感じ取り組んでいることが会社に評価されないことは働く人間としてとても悲しいことですね。

genpoさんがせっかくいい成果を挙げてもそれを会社が評価しないとやる気がそがれてしまいます。
やる気をなくす組織で続けること、
わたしはそれが一番心配です。

もしgenpoさんがITセールスに思い入れと愛着をお持ちなら、
このままチカラが入らない会社で一人奮闘するのか、
コンサルティングセールスを強化充実してゆくところに場を移してモチベーションの高い人たちと切磋琢磨するのか、など
冷静に、一度外に出たときの可能性を考えてみたほうがよいと思います。

2)成果は転職する際、認めてもらえるのか?
認められます。
ただIT業界の営業でもこれからは、
ハコ売りのような決まったものを
売り込むだけのチカラでは認めてもらうのは難しくなっています。

どこで働くにせよ、
仕事の質を意識して取り組まれることをお勧めします。
ちなみにIT営業を経験している人に特に期待される強みは
無形のものをイメージさせる言葉化能力、
顧客の課題を見つけ最適な提案を行う課題認識力や提案力、
そのために論理的にものごとをとらえられる思考力などです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

キャリアコンサルタントになりたい コンソメパンチさん  2016-01-09 15:02 回答1件
転職時期と家庭との両立について コロンコロンさん  2013-10-27 21:50 回答1件
地元公務員への転職について purioさん  2013-08-14 20:20 回答1件
転職か否か sasisusesoさん  2012-09-13 08:14 回答1件
失敗続きで自分の判断が信用できない時は? マコトビさん  2009-09-02 15:55 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

転職と再就職の個別の相談面談【無料】

転職の不安と悩みを解消して、転職成功に繋げる自信を取り戻す90分間のキャリアカウンセリングです。

西澤 靖夫

転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」

西澤 靖夫

(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

メール相談

【メール】履歴書・職務経歴書添削

メールによる添削です。口頭でのアドバイスが必要な方は後から電話相談をお申込下さい。

瀧本 博史

オフィス瀧本

瀧本 博史

(キャリアカウンセラー)

メール相談

【エントリーシート添削】;ストーリーとしてのES攻略法

★☆★書き方で”わかる”と変わる☆★☆

中沢雅孝

中沢雅孝

(YouTube専門コンサルタント)

対面相談 転職カウンセリング
安達瑠依子
(転職コンサルタント)