開業前に事務所を契約 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

開業前に事務所を契約

法人・ビジネス 独立開業 2007/12/22 19:19

来年3月1日より個人事業主として開業届けを出す予定でいます。
自宅を事務所として使わずに、レンタルオフィスを借りることとなりました。
そのレンタルオフィスを借りる為の費用を今年中に払わなければなりません。
個人事業主は、1/1〜12/31までの申告をするとのことですが、3月に開業する為の事務所を借りる為の費用を今年に支払っても来年の申告に経費としてのせることができるのでしょうか?
そもそも、事務所を借りる為にかかる費用は経費として認められるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

かおりん☆さん ( 東京都 / 女性 / 39歳 )

回答:2件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2007/12/26 22:47 詳細リンク

*■ 質問-1
''事務所を借りる為にかかる費用は経費として認められるのでしょうか?''
**''★ 回答 : 一定範囲で認められます。''
''【解説】''
事務所を借りる際、主に

(1) 敷金
(2) 礼金
(3) 不動産会社の仲介手数料
(4) 一定期間の前払い家賃

等の支出が考えられますが、これらすべてが 「経費」 となるわけではありません。

(1) は事務所退去時に ''返還が予定されている'' ものであれば、これは 「経費」 ではなく、「資産」 となります。

一方、(2) (3) についてはいずれも賃貸借契約に付随する ''手数料'' と考えられることから、後の (4) も含めて 「経費」 と考えてよいでしょう。



*■ 質問-2
''3月に開業する為の事務所を借りる為の費用を今年に支払っても来年の申告に経費としてのせることができるのでしょうか?''
**''★ 回答 : 開業準備期間中の必要経費の計上は可能です。''
''【解説】''
平成20年3月の開業を予定されており、これに先駆け平成19年12月に事務所の賃貸借契約に伴い発生する支出、つまり開業前の準備期間中の支出の取扱いについてのご質問です。

今回の支出が確定申告の単位期間 (1〜12月) をまたぐことから、その支出の年度を超えての経費計上が可能かという点も含めお答えします。

結論から申し上げますと、来年 (平成20年3月) の開業までに発生する支出については、(一定のものを除き) お話の平成19年度中に発生する支出も含め、まとめて 「開業費」 と集約し、 ''5年間で償却 (5年に分けて費用計上)'' します。

言い換えると、開業前に発生する支出は、平成20年度における経費として計上可能ですが、すべての支出を平成20年度の経費とすることはできず、5年間均等に分けて計上していくことになります。

補足

あとひとつ気になるのが、

''>来年の申告に経費としてのせる・・・''

の 『来年の申告』 の部分の解釈です。

ひとまず上のご説明は、来年度 (平成20年度) の経費計上について、つまり平成21年 (平成20年度) の確定申告を想定したものです。

しかし、かおりん☆さんのご質問が、今年度 (平成19年度) 中に支払った事務所賃借関連の費用の今年度中の処理、すなわち、来る平成20年2月15日から3月15日の確定申告を意識したものであったとしても、上のご説明が妥当します。

つまり、今年度発生した開業準備に伴う一定の支出は、今年度中の経費として個別に処理するのではなく、開業までに発生したものがまとめて来年度以降の経費 (5年償却) となるため、支出がたとえ平成19年度中であっても気にする必要はないでしょう。


ご質問ありがとうございます。

今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


開業前に事務所を契約の件

2008/05/28 18:58 詳細リンク

個人事業の場合にはかなり広く認められています。


・広告宣伝費
・接待交際費
・旅費
・調査費
・借入金の利子
・従業員の給料
・賃借の土地、建物の賃借料
・電気、ガス、水道の料金 等


開業準備のために特になされた上記の経費が開業費になります。

開業前に契約した事務所経費も経費に算入できます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業主の開業届と経費について enjmrxsさん  2013-08-05 15:32 回答2件
海外在住中に個人ビジネスを始める際の税金について 555はなさん  2016-03-30 09:32 回答1件
個人事業主開業について ゆきんこ85さん  2013-05-21 19:47 回答1件
個人事業主開業について ゆきんこ85さん  2013-05-21 10:29 回答1件
バーを経営するにあたって elsさん  2008-03-22 19:55 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)