アフィリエイトページ作成のメリット、デメリット - Webマーケティング - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アフィリエイトページ作成のメリット、デメリット

法人・ビジネス Webマーケティング 2007/12/20 17:55

「アフィリエイトページを自動で作成!」というコピーをよく目にしますが、アフィリエイトページを大量に作成するメリット、デメリットを教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:6件

谷口 浩一

谷口 浩一
Webプロデューサー

- good

メリットは何もありません

2007/12/24 21:18 詳細リンク

ネット上にノイズを撒き散らすだけです。
賢明にご判断ください。

こんにちは、チームデルタの谷口です。

これらは、アフィリエイト収益を目的とした明らかなスパムです。
その時々に話題性の高いキーワードを基に記事を自動生成するプログラム/サービスが横行しているようです。
短期的に多少の利益を得ることは可能かもしれませんが、これらの記事の多くは、人の目で読むと、意味不明なおかしな文章の羅列ですよね。
クローラーやブログ解析は、現状、これらを排除しきれていないようですが、自動生成ページのSEO成果が、そのままキャッシュに結びつくほどビジネスは優しくはありません。

Yahoo/Googleを中心とした検索サイトが、検索結果の精度向上、良質なコンテンツの選別に多大なコストをかけている以上、スパムと知りながら利用するメリットはないと思います。


ご参考になれば幸いです。

成功するWeb戦略とホームページ制作のチームデルタ
谷口浩一

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
いせき けんじ

いせき けんじ
ITコンサルタント

- good

アフィリエイトページの罠

2008/02/05 14:42 詳細リンク

アフィリエイトページの内容にもよりますが、
現在、検索エンジンには非常に嫌われているようです。

特に、Yahoo! の場合、アフィリコードを貼り付けたページを順位降下させている感じを受けます。

これは、安易なアフィリエイトページが、検索結果の上位にくることによる、
「検索」の質の低下を防ぐためのものでしょう。

背景には、こうした「アフィリエイトページを自動で作成」するツールの配布によって、
非常に質の悪いページが量産されたことにあると思います。

まじめに活動されているアフィリエイターには、大変迷惑な話ではありますが(苦笑


**メリット:
その名のとおり、自動で簡単にサイト作成できます。


**デメリット
・検索エンジンからの評価を受けることが非常に難しい。

・アフィリエイトサイトの場合、基本的にはPPC広告が使えない。(オリジナルコンテンツではないため)

・売上を出すのに使えるマーケティングの種類が少ない。



などでしょうか?

参考になりましたら幸いです。


ありがとうございました。


簡単な説明になりますが

2007/12/23 23:41 詳細リンク

単純にページが簡単に作成できる、増えることで閲覧される可能性も増えるという部分がメリットになります。

しかし、検索エンジンでは同じドメインの表示件数を制限していることが多いですので、同じドメインでたくさん作成しても結果的に見てもらうことは簡単ではありません。

こういった部分で同じような内容のページを複数持つことでSEOスパム的に扱われることもありますので、それはそれで注意が必要です。


デメリットはページのレイアウトやデザインが皆同じになってしまう為、特色が薄れてしまいます。

それ以外にも商品の説明文や商品の紹介コピーなどが全て同じになっていたりしますので、ネット上で同じ紹介文で大量のページがあり、差別化できない可能性もあります。

ページ生成機能にもよりますが、上記が代表的なポイントになります。

上記の話はアフィリエイトサービスプロバイダが提供している機能についてお答えしています。
不労所得を推進するようなサービスとしてツールがご紹介されているものがありますが、そのようなサービスについてはご説明の対象外とさせていただきます。


メリットはないかと・・・・

2007/12/25 18:04 詳細リンク

アフェリエイトそのものにずっと疑問を感じている立場としては、回答が非常にシビアになってしまいますが、メリットは全くないと思います。

そういったページを大量にもっているサイトは検索対象としてレベルを下げられてしまいますし、閲覧者から見ても、その品位は下がっていくだけと思います。

貴社パートナー企業様との関係を除き、必須のものでなければ、作成する必要がないと考えます。


アフィリエイトの本質を考えましょう

2008/01/07 19:04 詳細リンク

ご存知のように、アフィリエイトは、自らの在庫を持たずに商品を“販売”できる仕組みで、まあインターネットならではのサービスですね。

※“販売”と書きましたが、実際には“紹介”でしょう。ただ、公取委などは、ユーザー保護の視点で、単なる紹介でも、ユーザーから見れば誰が販売しているのかが分かりにくいため、近い将来“販売者責任”を負わされる可能性もあるようです(実際に、公取委でヒアリングしました)

また、アフィリエイトも自前販売も、結局はお客様に商品に対して興味を持ってもらい、販売に結びつけることです。

ですので、単に商品を出して画一的な紹介文を並べても、魅力的に見えないと、結局は徒労に終わってしまいます。

そうした意味でも、本当にアフィリエイトで成功したいのなら、ジャンルや商品、周辺情報などをキチンと盛り込んだ、“厚みのある”サイトを構築すべきだと思います。

「アフィリエイトページを自動で作成!」というようなサイトが雨後のタケノコのように現れてくると、どなたかおっしゃったように、ネットのノイズにしかならないと思います。


楽しては儲かりません・・・

2008/01/23 14:24 詳細リンク

こんにちは、アド・プロモートの吉田です。

アフィリエイトページを大量に作成するメリットとデメリットですが、
私なりの考えを述べさせていただきますと、正直無いと思います。

結局の所「楽して儲かる」方法などそんな簡単に無いということでしょうね・・・

「アフィリエイトでお小遣い稼ぎ」とか「アフィリエイトで月商○○○万円」とか・・・
いつの世も、おいしいキャッチフレーズは消えないので気をつけたいですね。

アフィリエイトを導入するならシッカリとホームページを構築して
意味のある情報を提供する事が大切かと思います。

インターネットのツールは本当にたくさんあって
私でもびっくりするくらい便利なツールがたくさんあります。

なので一概に楽して儲かる方法が無いとは申しましたが、
ウェブサイト構築の手助けになるツールならたくさんありますのでそういったツールを
是非ご利用いただければきっとお役に立つと思います。

的確なお返事が出来なくて恐縮ですが、以上となります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

ajaxやリッチコンテンツサイトの効果指標は? 専門家プロファイルさん  2007-12-20 17:55 回答3件
更新されない社長ブログは廃止するべきか? 専門家プロファイルさん  2009-04-16 14:58 回答5件
更新できていないサイトは閉鎖すべき?リニューアルすべき? 専門家プロファイルさん  2008-08-14 11:50 回答15件
海外向け情報サイトに、「〜.jp」ではダメですか? 専門家プロファイルさん  2008-05-08 10:40 回答6件
コストをかけないWebマーケティング 専門家プロファイルさん  2008-01-31 19:10 回答11件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

SEO対策にあたっての自社サイト診断

インターネット集客のまず一歩はSEO対策から!

河井 大志

株式会社Smartaleck

河井 大志

(SEOコンサルタント)

メール相談

懸賞サイト登録代行 初回無料相談

ネットショップのプレゼント企画を宣伝してメールアドレス獲得&集客UP!

西野 公啓

株式会社ニシノ・アイティ・オフィス

西野 公啓

(ITコンサルタント)

対面相談

SEO対策面談

~SEOノウハウを社内に・今後のサイトの方向性の決定に~

河井 大志

株式会社Smartaleck

河井 大志

(SEOコンサルタント)

メール相談 SEO対策の診断
中沢 伸之
(Webプロデューサー)