託児所&放課後児童施設 設立について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

託児所&放課後児童施設 設立について

法人・ビジネス 独立開業 2007/12/07 01:06

現在 英語による託児所、学童(放課後児童保育所)の設立を考えております。アドバイスをいただければ有難いです。現在英会話学校に勤めておりますが、親御様から もっと安く長時間英語に触れることができ英語習得に結果の出る施設ができないものか・・・と相談をされました。今の会社は講師の給料は15万円前後、さらに残業代も支払わない・・・という会社です。教える熱意のある講師が集まっていますがこの悪条件に皆ちょうど退職を考えていたところでした。商工会議所で相談し、計算した所、見込まれる利益は現在の給料がギリギリ賄える位でしたが、社長になった者は利益の半分以上が税金に・・・と言われました。これでは今よりマイナスになります。大儲けしようという意思が無く、地域社会に貢献できるサービスを行おうとしてもこのような高い税金を取られるしか、方法は無いのでしょうか。商工会議所では規模を大きくし、大きな利益を出す事を目標にし、それまでは借金する方法をすすめられています。私たちのようなこんな小さな規模での起業アイディアでも支援、相談に乗っていただける公的窓口はないでしょうか。アドバイスいただければうれしいです。

wedoneedkaminendoさん ( 長野県 / 女性 / 37歳 )

回答:2件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2008/01/19 08:26 詳細リンク

公的機関での無料相談はコストもかからず手軽に相談できるところが利点です。

例えば、会社の設立はどのようにすればよいか? お金はどこからどのように借りればよいか? 税金はいくらぐらいかかるか? など、ごく一般的な疑問については利用者のニーズを満たしてくれるもの思います。

一方、込みいった案件については一般論でのアドバイスにとどまることが多く、個別事情を総合的に考慮したほんとうの意味で有効なアドバイス・支援を求めることは難しいかもしれません。 (なぜなら「無料」だからです。)

お話では、商工会議所によると、「会社」での運営で規模を拡大し収益力を高める、というアドバイスです。
確かにその通りなのですが、やはり一般的な助言にとどまるものと見受けられ、wedoneedkaminendoさんの目的を達成できるものではありません。

例えば、お話の中で問題とされている税負担についてですが、株式会社などの 「会社」 ではなく、パートナーシップ型の「組合」 (例/LLP:有限責任事業組合) で運営することで税金の負担を軽減するという選択肢も考えられます。

公的機関でこのような個別事情に応じたアドバイスを期待することには限界があるのかもしれません。

そこで、基本的な情報については費用無料の公的機関をフルに活用され、そこで満たしえないニーズについてはやはり様々な事情において経験の豊富な民間の専門家に相談される、という具合に使い分けてみられてはいかがでしょう?

初回相談を「無料」としているところも多いので、いろいろあたってみる中で信頼できる専門家を探してみられてはどうでしょう?

補足

本来、All About ProFileはそうした目的を達成できる場所です。

創業を支援するNPO法人も存在しますが、今回はあえて我々のような民間の専門家の有効活用を推奨させていただきたいと思います。

ご質問の趣旨に沿う回答となっていませんが、よろしくお願いします。


ご質問ありがとうございます。

今後ともAll About ProFileをよろしくお願いします。

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


社会貢献事業の件

2007/12/10 09:32 詳細リンク
(4.0)

はじめまして。
藤田英明です。

弊社も介護・福祉事業を営んでおります。同じ社会貢献事業です。

私が起業したときもそうした事が相談できる公的機関はありませんでした。。。残念ながら。

現在もあまり変わらない状況です。

弊社でお勧めしている方法は弊社の介護事業FCで収益を適切に上げて頂き、その資金でご自分の行ないたい事業に取り組むという方法をお勧めしております。

また、託児所を介護事業所に併設する事も可能です。

弊社では介護事業所に駄菓子屋を併設し、お年寄りと子供のふれあいの場を提供したりしております。

HPでご確認いただければと思います。

http://www.sawahonpo.com/

評価・お礼

wedoneedkaminendoさん

ご回答いただけると思っておりませんでしたので、うれしかったです。お忙しい中ありがとうございました。サイトも拝見させていただきました。藤田さんの事業、素晴らしいです。
残念ながら今の私たちにはアドバイスいただいたような方法はとれません・・・。来年4月に新しいスクールの開校をお客様に望まれております。

公的機関はやはり頼りにならないんですね・・・がっかりです。でも反対に諦めがつきました。

もう少し勉強して自力でできる範囲でがんばってみます。

ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

喫茶店とネイルサロン みんたさん  2012-02-13 02:52 回答3件
在勤中の起業について 志さん  2013-11-14 14:27 回答3件
社員かフリーランスか? Uhgoさん  2007-10-30 00:29 回答1件
開業について cuireさん  2016-05-30 03:33 回答1件
外国企業の代理店契約について hsitehisyさん  2015-10-30 17:27 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)