離婚に伴う財産分与について - 離婚問題 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚に伴う財産分与について

2006/09/16 09:25

妻と別れようと思っています。
私は年収2000万円。
妻も年収1000万円以上あります。
妻は生活費を負担せず貯金しているので妻の方が預金が多いです。
こういう場合も自分の預金を財産分与しなければいけないのですか?

katiさん ( 東京都 / 51歳 )

回答:1件

財産分与の分与割合

2006/09/26 14:16 詳細リンク

Kati様

はじめまして、行政書士阿部オフィスの阿部マリです。

財産分与についてのご質問ですね。

【財産分与】
結婚中の財産は、「共有財産」「実質的共有財産」「特有財産」に分けられます。

もともと、結婚前からもっていた財産や相続・贈与によって得た財産は特有財産となり財産分与の対象とはなりません。

分与割合は2分の1ルールといって、2分1のとする見解が多いのですが、必ずしも2分の1が公平でない場合もあるため、「一切の事情を総合的に考慮」して決めることもあります。

婚姻期間中の役割分担をどのように行っていたのか(生活費の負担のみではなく家事労働なども含めて)、双方の認識はどうだったのか等を振り返り、妻と協議してみましょう。

双方の合意が得られる分与割合を決めることができればよいですね。

回答専門家

阿部 マリ
阿部 マリ
(神奈川県 / 行政書士)
行政書士阿部オフィス 行政書士
045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

男性のための離婚相談。頼れる安心のパートナー

(1)豊富な情報量とノウハウの提供(2)意思決定の支援・問題解決の助力と支援(3)離婚のコンシェルジュサービスこの3つを軸に、あなたの話しをじっくりと聞き対処すべき課題をみつけ、具体的解決のために最適な方法をコーディネートします。

阿部 マリが提供する商品・サービス

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

離婚したくないが、慰謝料を多く請求する方法 rikonsinitaiさん  2016-03-29 08:38 回答1件
離婚時の財産分与 別会計とは 2ndpcさん  2014-07-31 05:18 回答1件
離婚時の住宅ローンについて トットコカァサンさん  2012-02-08 11:40 回答1件
離婚と財産の保全方法 ららきらさん  2010-12-10 21:08 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

初回電話相談 5,000円

初めての電話相談の方は、お試し料金で行います。通話料無料

堀江 健一

カウンセリングルーム エンパシィ

堀江 健一

(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

藤原 文

MAC行政書士事務所

藤原 文

(行政書士)

電話相談

芭蕉先生のなんでもお悩みカウンセリング

カウンセリング内容は、カテゴリーにこだわらずどんな内容でも構いません。

芭蕉先生

芭蕉の辻探偵事務所

芭蕉先生

(男女問題カウンセラー)

電話相談 電話 離婚回避・夫婦円満コンサルティング
中村 はるみ
(幸せの魔法をかける夫婦円満コンサルタント)
電話相談 不倫相手と直接交渉予行演習
芭蕉先生
(男女問題カウンセラー)