社員かフリーランスか? - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社員かフリーランスか?

法人・ビジネス 独立開業 2007/10/30 00:29

現在私はある会社の従業員として収入を年間100万円程度に抑えるかたちで扶養の範囲で働いていますが、会社から今後はフリーランスでの契約への切替えの話がありました。
フリーランスになった場合、今までより収入は増え、計算では経費を差引き手取りがだいたい140万円ぐらいになりそうです。
この仕事以外仕事を増やしていくつもりはありませんが、働く時間も今までとあまり変わらず、時間の融通もきき収入もアップするのでこの話を受けようかと思っています。
でもこの条件でいくと扶養からは外れるので、税金面での不利も考えないといけませんよね。
これからフリーランスとしてやっていくことにデメリットなど何か問題はあるでしょうか? このままフリーランスへの変更をしてもよいでしょうか? アドバイスよろしくお願いします。

Uhgoさん ( 神奈川県 / 女性 / 35歳 )

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2007/10/30 08:59 詳細リンク

* ''★ 回答のポイント''
''・ 今回の契約変更によるメリットは見かけの収入増加ほど大きくない''
''・ フリーランス転向に伴う新たな社会保険料の自己負担により、収入アップがそのまま手取り額アップにつながらないのがその主な理由''

**'' ☆ 解説''
お話のとおり、確かに見かけ収入は 「雇用」 から 「フリーランス」 に変わることで年間 ''40万円'' 増えています。 しかも両者の間に働く時間に差はなく、働き方としては効率もよくなっており、会社からの今回の契約変更申入れは Uhgoさんにとって一見有利にも見受けられます。

しかし、Uhgoさんが今回の会社からの提案を受入れフリーランスに転向し、その後の所得をお話のように ''140万円'' とすると、''税法上の扶養'' はもちろんのこと ''社会保険の扶養からも外れる'' ことになり、事業者となる Uhgoさんは今度はご自身で社会保険に単独加入しなければなりません。 ''⇒'' ''【参考Q&A】'' ''妻の起業について'' / ''妻がフリーランスに'' / ''個人事業主 (妻) の年金・保険 (扶養) について''

結果、家計の視点から見ると、今までご主人様の扶養で ''タダで加入していた社会保険から抜け、自らお金を払ってほぼ同じ補償内容の保険に加入し直す'' という不経済な構図ができ、これが 「収入が増えているのに手取り額がそれほど (あるいは場合によってはほとんど) 増えない」 主な要因です。

そのあらたに発生する社会保険料負担についてですが、 ''国民年金保険料'' 17万円 (平成19年度:@14,100円×12ヶ月) に加え

補足

おそらくこれに近い額の ''国民健康保険料''((前年度の所得をベースに算出されるため、ここで金額を確定することができません)) 負担がのしかかり、この2つの合計額は、税額の計算上は社会保険料控除として節税方向には働いてくれますが、一方で確実に ''手元から出て行くお金'' です。

つまり、フリーランスに切替え増加した 40万円 のうち相当部分がこの社会保険料として ''家計の外に出て行く'' わけです。

さらに、今回事業化した場合の以下デメリットも考慮の必要があります。

[1] 配偶者控除 の適用を受けることができない
[2] 仕事 (通勤) 中の病気やケガに対する補償がなくなる
[3] 雇用保険に加入できない
[4] 確定申告が必要となる

(また、節税対策に ''青色申告'' が必要)

あと 「フリーランス」 の選択を肯定できる可能性ですが、所得をお話の ''140万円'' ではなく、社会保険の扶養のボーダーライン ''130万円未満'' にコントロールすれば、少なくとも Uhgoさんご自身の社会保険料負担を避ける (=ご主人様の扶養を継続する) ことができ、 これに ''青色申告'' を組み合わせ節税を図れば、140万円ケースより多くの金銭的メリットが残るものと思われます。 (もっともこの策をとっても上の [1]〜[4] のデメリットは残りますが・・・)

''⇒⇒⇒'' ''続きはコチラ''

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

フリーランスの税金 momonoberryさん  2013-09-11 16:09 回答2件
個人事業の開設方法につきまして 太陽光さん  2010-02-15 10:30 回答3件
会社設立後の運営について ryuhouさん  2007-12-13 03:33 回答1件
夫の扶養内でのフリーランス kevineeさん  2007-11-02 17:38 回答1件
アクセサリーブランド設立での事業形態 onelovemamaさん  2011-07-26 21:18 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)