事業継承において、息子に有利に引き継ぐには? - 事業再生と承継・M&A - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:事業再生と承継・M&A

事業継承において、息子に有利に引き継ぐには?

法人・ビジネス 事業再生と承継・M&A 2007/10/25 18:40

相続に伴い、親から息子へ事業継承をするにあたって気をつけなければいけないポイントや、税金等で有利な条件を導き出すための方策を教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:2件

村田 英幸

村田 英幸
弁護士

- good

前提が定かではありませんが

2007/10/31 09:33 詳細リンク

会社か個人商店なのか定かではありませんが、株式会社であれば、定款変更をして相続人に対する株式売り渡し請求を定めてください。事業承継者以外の相続人から株式を買い取ることにするのです。
また、税金面では、現金よりも課税上有利な不動産を購入しておくことが必要かと思われます。また、事業承継用物件を相続税の申告に際して選択するなどの方法もあります。
詳しくは専門家に相談してください。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


相続に伴う事業承継のケース。

2007/11/03 12:18 詳細リンク

一般的に「相続」は親族間の問題であり、「事業承継」は従業員や取引先などの利害関係者を含むより広範囲な問題です。
ご子息が二代目オーナーをお務めになる場合には、従業員の理解や協力も欠かせません。
したがって、円滑な事業承継のためには、周到な準備と対策が必要になります。

まず、事業承継するにあたっての課題を洗い出すことが重要です。

・自社株の株価把握
・不動産の有効活用
・相続税対策
・争続の回避
・納税資金の準備 など

相続税評価額の引き下げや事業承継の準備は、早ければ早いほど効果的です。
さらに、相続人(ご子息等)と被相続人(親)が認識をともにして取り組むことが望ましいといえます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

自社株の相続対策について 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答1件
事業再生のため会社分割を検討中。手続きの注意点は? 専門家プロファイルさん  2009-03-26 15:25 回答2件
次年度に繰り越せる案件が無く、先行きが厳しいです 専門家プロファイルさん  2009-02-26 13:09 回答2件
息子を後継者とするに辺り、社内に向けて行うべき事 専門家プロファイルさん  2008-09-25 14:47 回答9件
休眠会社を新規事業の母体とするメリットはあるか? 専門家プロファイルさん  2008-04-24 11:32 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

後継者がいない!事業承継安心相談

事業承継に備えて、早めに準備しましょう

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

電話相談

事業再生のための返済猶予(リスケ)電話相談

元銀行員で、返済猶予(リスケ)審査経験を持つコンサルタントが、事業再生のアドバイス!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談 初回限定!事業再生のための返済猶予(リスケ)面談相談
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)