コンピテンシー評価導入にあたってのポイントは? - 人材採用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

コンピテンシー評価導入にあたってのポイントは?

法人・ビジネス 人材採用 2007/10/25 18:40

ベンチャー企業の人事を担当しております。人事評価制度の見直しにあたり、コンピテンシー評価の導入を検討しています。導入にあたってのポイント、利点、問題点などを教えてください。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:2件

田邉 康雄

田邉 康雄
経営コンサルタント

4 good

多能工化表をお勧めします。

2008/01/09 12:31 詳細リンク

ベンチャー企業の人事御担当とお聞きしました。規模が不明ですが、2〜30名程度と想定します。この前提で私田辺コンサルタントは、以下をお勧めします。大企業がやっているようなコンピテンシー評価ではありません。私独特の多くの中小企業が使用している多能工化表の応用です。

―― 多能工化表とは、旋盤加工など機械工場における技能者の能力を表現する表のことです。中小企業によく見られます。

―― 昔は例えば旋盤だけを担当する「単能工」で事足りました。しかし世の中はせちがらくなりました。フライス盤もボール盤も研削盤もできなければ生きてゆけなくなりました。
表を作成するにあたっては「人の名前」「機械の名称」を縦横の項目にとってマトリックスとします。この表中に担当者が担当できる機械の欄に「〇」などの印をいれます。
これから担当できるようになってほしいと上司が思う機械の欄には△などの印を入れます。その機械に関して人を指導できるレベルになった担当者の欄には「●」などの印をいれます。そして「●」から「△」へ矢印を記入します。
この例を参考にして機械の代わりに貴ベンチャー企業において求められる能力を考えます。この項目を上手に設定することが成功の鍵です。
もしも軍隊であれば、上官が兵士に求める能力は、銃の「''発射速度''」と「''命中精度''」です。すなわち''即戦力''です。これを参考とされるのがよいでしょう。
重要なことは、この多能工化表をオープンにすることです。全員が見ている場で切磋琢磨をするのです。そしてこの''表の内容''をコンピテンシー評価とします。これで重要な人事考課の''透明性''が確保されます。

―― 中小企業の多能工化表は、ベンチャー企業に充分に応用できると思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


コンピテンシー評価について

2007/11/05 19:40 詳細リンク

近年、人材モデル策定や評価制度策定にコンピテンシーを利用する企業が増加している。しかし一方で間違った解釈や使用方法により効果を阻害しているケースも少なくない。

コンピテンシーは「高業績者の行動特性」であるが、企業内に導入する際には、ハイパフォーマ(高業績者)の行動特性を分析しその行動を整理したディクショナリーを作成する。しかし、行動面に着目するあまりその行動を発揮する際の感情や意識までは着目されないことが多い。

例えば、イチローのコンピテンシーは何かと分析した場合、行動面だけに着目したら「バッティングフォーム」になるだろう。しかし、イチローのバッティングフォームを真似たところで成果が期待できないことは明白である。

また、ある高業績を挙げる営業マンの行動特性を整理したところ営業数がずば抜けていることが分かった。「明日から営業数を10倍にしろ!」と叫んだところで、他の営業マンが行動に移せるわけではない。

人間が行動を起こす際には、必ず感情が影響を及ぼす。感情が影響しない行動はあり得ないということである。つまり、高業績者の行動ばかりに着目するのではなくその行動に結びつくEQを抽出することが重要なのである。

また、開発しやすいコンピテンシーと開発し難いコンピテンシーが存在する。

主に内面的(心内動機)なコンピテンシーは変わりにくく、外面的(行動として顕在化しているもの)なコンピテンシーは変えやすいと言われている。

リアリティが伴わない開発は本人にとって大きなストレスを伴い、マイナスの結果に陥る可能性が高いことをコンピテンシー開発者は留意しておくことが望ましいだろう。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

公平に評価が可能な人事評価制度はありますか? 専門家プロファイルさん  2008-08-28 10:09 回答1件
人事考課に360度評価を取り入れる際の注意点 専門家プロファイルさん  2008-05-08 10:40 回答1件
部署単位での成果主義の導入 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答2件
コンピテンシーを高めるために何をすべきか 専門家プロファイルさん  2006-09-15 03:08 回答2件
中途採用での、補充スピードと要求スキルのバランス 専門家プロファイルさん  2007-11-08 10:44 回答7件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

「選択制」確定拠出年金(企業型401k)導入シミュレーション

社会保険コスト削減で労使でWINWINの制度の導入を(1人からでも可能)

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

新規飲食事業立ち上げ相談

お店を始めたい方、新しい業種で出店したい方必見

掛川 幸子

株式会社イーアンドシーエスサポート

掛川 幸子

(現場力強化・EQ人材育成スペシャリスト)

その他サービス

格安ホームページ制作

貴社のサイトを格安でお作りします。

中沢 伸之

ストークデザイン

中沢 伸之

(Webプロデューサー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)