貯蓄か返済か?どちらがいいのか教えてください - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

貯蓄か返済か?どちらがいいのか教えてください

マネー 家計・ライフプラン 2007/10/23 12:57

夫は自営業で、毎月50万円ほど家に入れてくれます。私は、正社員で保険等引かれ手取りで18万円前後です。
ボーナスは景気によりますが、手取りで30万前後いただいています。
子供は4歳と2歳の男の子で、保育園に通っています。
バブル期に住宅を取得しており、ローンが2100万円ほどあり、毎月14万6000円ほど返済に充てています。
子供のためにと、毎月5万円貯蓄。
家族旅行のために、毎月1万円貯蓄。
夫の退職金代わりに、毎月1万円の投資信託。
住宅ローン一部返済用に、毎月5万円貯蓄。
学資保険を毎月それぞれ1万円少し掛けています。
投資信託を100万円。
そのほかの貯金は約60万円。
住宅ローンの金利も上がりつつあるので、子供のためにと積み立てている貯蓄を返済に充てたほうがいいのか悩んでいます。
もう一度、家を建てたい夢があります。
私も出来るだけ、社員で働き続けようと思っています。主人は自営のため貯蓄として持っていて欲しいようです。
現在は、毎年プラス100万円返済をして、10年ぐらいで返済終了の予定ですが、いいアドバイスがありましたら、お願いします。

みゆきちさん

回答:4件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

返済と貯蓄のバランスについて

2007/10/23 13:41 詳細リンク

かずかず様 初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

返済と貯蓄を資産の運用という観点で見ますと、無リスクで利息が利益になる返済が優れています。通常投資の効果は(期待リターン−無リスク商品のリターン)÷リスクで計りますから、返済が優先されます。

一方貯蓄には、2つの目的があります。将来の支出に備えるものと、もしものときに備えるものです。ご主人の職業が自営業という形態から見ますと、160万円+αの貯蓄額は少ないように推察いたします。

何かが発生したときに備えるため(住宅ローンの支払いも含め)
生活費×6か月分+運転資金の3〜6ヶ月分程度は預貯金で確保されては如何かと考えます。

既にα分で上記資金が確保されている場合、または今後確保できた際には、余剰資金は繰上げ返済に廻し、早めの完済をお勧めします。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

貯蓄か返済かの件

2007/10/23 14:56 詳細リンク

かずかずさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

ご主人様とかずかずさんの月収を合わせた金額に占める貯蓄率は20.58%と、比較的高い水準となります。

毎年100万円の繰り上げ返済を実行していただくためには、住宅ローン一部返済用の毎月5万円を8万円に増額していただければ可能となります。

尚、現在の貯金が60万円となりますが、いざというときのことを考えると少々心許ないと思われますので、もう少し貯金をしていただくことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

現在の貯蓄額は160万円?

2007/10/23 13:13 詳細リンク

かずかずさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

しっかり積み立てしていらして感心です。
それぞれの積み立て額は書いてあるのですが、全体の貯蓄額はいくらですか?(それぞれでもいいですが)

>投資信託を100万円。
>そのほかの貯金は約60万円。

それがすべてだとすると貯蓄額が少なすぎます。
繰り上げ返済はしばらくストップしてせめて300万円くらいは貯金を増やしましょう。

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

事業勘定と個人勘定を分けライフプラン作成を!

2007/10/23 22:22 詳細リンク

かずかず様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回のかずかず様のご質問につきまして、私も個人事業主の端くれですが、貯蓄はしたいが借金もうっとうしいと誰でも思います。
考え方によっては、貯蓄が元本を2倍にでも3倍にでも変えられる大きな信用力(資本)と考えます。結論といたしまして、優先順位からして?貯蓄?借金返済は望まれます。一つのご提案でございますが、ご主人さまの事業勘定と個人(プライベート)勘定を分けて、ライフプラン作成してはいかがでしょうか?ペーパー上のみを拝見いたしますと、どんぶり勘定的に見えます。
以上

今後、ライフプランニングにつきまして、お気軽にご連絡をお待ちいたしております。
携帯:090−9313−0247
Fax:03−6789−3125

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断お願いします kako001さん  2008-11-12 14:48 回答6件
この収支バランスで大丈夫か?子供2人は難しい? smiletrainさん  2011-08-23 22:42 回答1件
家計診断と貯蓄額についてアドバイスお願いします torikkoさん  2010-09-24 22:26 回答2件
40代半ば夫婦、子供2人の場合の今後について まくさん  2014-12-10 14:16 回答2件
収支バランスと繰り上げ返済について snoopy7さん  2013-02-22 23:20 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

プチ・ライフプラン設計(提案書付&キャッシュフロー表付)

将来のお金のことが心配ではありませんか?キャッシュフロー表で確認出来ます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

マネー相談(2回目以降)

ライフプラン・資産運用・保険・住宅購入など

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)