これからのライフプランについて - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

これからのライフプランについて

マネー 家計・ライフプラン 2007/10/15 15:35

先月結婚し、正社員で仕事をしています。年収は220万円程度です。夫は2,3年後には子供が欲しいと望んでおりその頃には夫の扶養に入る予定です。先日2年後あたりから給与所得者の税金負担が増え、扶養控除を受けるには1年間は社員で支払っていたときの税金を納めないといけない期間があり家計の辛い時に増税後よりは今から準備をしていたほうがまだ楽ではないかいう話を聞きました。夫の収入も私とほぼ同じです。この話を聞くまでは貯金もしたいので2,3年は正社員で働くつもりでした。働いても何も残らないのではもったいない気がして今後のライフプランで悩んでいます。わかりにくい内容で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

ネルさん ( 大阪府 / 女性 / 35歳 )

回答:2件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

この機会にライフプラン作成をお勧めします

2007/10/15 18:10 詳細リンク
(5.0)

ネル 様 初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

ご結婚おめでとうございます。
ご質問は羽田野先生のお書きになったとおりで、ネル様の聞き間違いと思います。

その上で この機会にライフプランの作成をお勧めします。
将来の夢や希望をご家族のイベント(出産・入学、レジャー・旅行、車・住宅の購入など)として費用とともに記載するイベント表、収入、支出そして貯蓄額の年度推移を記入するキャッシュフロー表です。また、ご自分達の保有する資産を確認するバランスシートです。

これらの表を作成しますと、家計の全体像と将来像が把握でき、夢や希望を実現するための、貯蓄目標も明確になります。サンプルを私のホームページに掲載しています。宜しければご参照ください。
http://www.officemyfp.com/planningtool.htm

評価・お礼

ネルさん

丁寧なご回答をいただきありがとうございます。
おっしゃるとおり、いい機会かも知れませんね。
夫と良く話し合い、吉野先生の表を参考にさせていただいて将来に向けてがんばります。ありがとうございました。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

ご安心ください。聞き間違いでしょう。

2007/10/15 16:22 詳細リンク
(5.0)

ネルさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

ご安心ください。
正社員で働いたほうがずっとお得です。

>扶養控除を受けるには1年間は社員で支払っていたときの税金を納めないといけない期間があり・・・・

おそらくは住民税のことでしょう。
住民税は1年遅れで支払います。よって退職した1年目は
働いていた時の収入にかかる住民税を収めなくてはいけません。たとえ収入がなくて扶養に入っていたとしても・・・・ということだと思います。

増税と言うのは所得税と住民税の負担割合が変わったことで、住民税5%から10%となったことをいっているのでしょう。
でもその分所得税は下がったのですよ。

「退職して収入がないのに、昨年分の住民税を払わなくてはいけない。特に定年退職の方などは収入も高い分いままでの5%でも大変だったのに、今度はそれが倍になるので準備しておく必要がありますよ。」
という意味だったのではないかと推測します。

>働いても何も残らない・・?

そんなことはありません。働いたほうがずっとお得ですよ。
お子さんができてもやめないで産休、育休でお仕事を続けたら、さらにお得です。

評価・お礼

ネルさん

早速回答いただき、ありがとうございます。とても参考になりました。専門家の方に相談できるのはとても心強いです。新たにがんばっていく勇気が湧いてきました。ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
将来の年金&マイホーム購入計画 フローラさん  2007-10-05 13:10 回答3件
家計・ライフプラン 森加奈さん  2007-09-20 14:49 回答2件
家計診断をお願いします ひよこ5さん  2013-04-12 14:26 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)