転職時支給の退職金の運用について - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

転職時支給の退職金の運用について

マネー お金と資産の運用 2007/10/06 16:41

初めまして。
32歳(既婚)の会社員です。
まだ子供はいませんが、将来的には2人くらい欲しいと思っています。
9月末に円満退職の末、ヘッドハンティングされた会社に10月1日に転職しました。前職で頑張って働いた結果?として、自己都合ですが微々たる退職金を頂きました。退職手当て45万と適格年金一時金として約85万です。
前職では401Kを導入しており、短期間ではありますが基金の運用を行っており、叉、個人でも国内株式ETF(約50万)、NZドルのMMF(約30万)と外国株投信、外国債投信等の積み立て運用を始めたばかりです。

個人的には、適格年金を85万を運用にまわしたいと思っているのですが、401Kに移行しての運用がベストでしょうか。
それとも、現在、個人的に運用している資金に上乗せする方法や、退職金を定期預金してしまう方法も考えていますが・・。

これから長い人生のことを考えると、せっかくの将来への資金ですし何かいいアドバイスを頂けるとありがたいです。
宜しくお願い致します。

zurichさん ( 東京都 / 男性 / 32歳 )

回答:4件

岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

流動性喪失はむしろメリット。

2007/10/09 10:21 詳細リンク

はじめまして、FPの岩川です。
ご回答遅くなりました。

個人型401Kを検討しているようですが、
ご存じのとおり、401Kは、資金を拘束され流動性を失いますがこれは、目的から言えばむしろメリットでしょう。さらにコストが安く、税メリットがありますので、退職金は401Kで良いと思われます。

その他の運用についてです。
同じリスクなら、より高いリターンの商品を
同じリターンなら、よりリスクの低い商品を選択するのが基本です。

このような考えで長期の資産形成を考えると、外貨MMFなどは、選択肢から外れることがよくありますので、運用の目的や期間をよく検討すると良いでしょう。

運用の場合は、明らかにリスクが高く、リターンが低いものを選択してしまうことも珍しくはありません。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
杉浦 恵祐 専門家

杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

- good

転職時の制度について回答します

2007/10/13 13:34 詳細リンク

zurichさん。
FPで1級DCプランナーの杉浦恵祐です。
私からは401Kの転職時の制度について回答します。

まず、退職金として適年から85万円受取ったのなら、それを一括で401Kに入れることはできません。

また、そもそも10月からの新しい会社の制度により、zurichさんが、401Kの加入者になれるのか、指図者にしかなれないのかが異なりますので、前職の401k分の資産の取り扱いと、今後の拠出も異なります。

1 現在の会社が会社型401Kを導入
会社型の加入者となり、個人の拠出はできない。
前職の401Kの分のみを移管して、現在の会社の分と一緒に運用する

2 現在の会社が401Kも確定給付の年金制度も導入してない
a 個人型の加入者となり、個人の拠出が月18,000円まで可能
前職の401Kの分も移管して、一緒に運用する。
b 個人型の指図者となり、個人の拠出はしない。
前職の401Kの分だけ移管してその分の運用だけする。
c 何もしない。
前職の401kの分が運用放棄となり、手数料分ずつ目減りする

3 現在の会社が401Kは導入してないが、確定給付の年金制度がある
a 個人型の指図者となり、個人の拠出はできない。(加入者になれない)
前職の401Kの分だけ移管してその分の運用だけする。
b 前職の401Kの分が50万円以下もしくは期間が3年以下
個人型にいったん移管後、脱退一時金を受取る

回答専門家

杉浦 恵祐
杉浦 恵祐
(愛知県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社OSP 代表取締役
0566-42-1882
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

金融商品の運用結果は表面上のいくら儲かったかで判断してはいけません。税金や社会保険料への影響を考慮した実際の手取り金額で考えるべきです。ご自身の状況に応じた適切な証券投資と税務、社会保険制度等の包括的なプランニングをご提供いたします。

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

ライフプランから考えましょう。

2007/10/06 17:59 詳細リンク

はじめまして、zurichさん。
マネースミスの吉野です。


将来のことをしっかり考えられて素晴らしいですね。


まず確定拠出年金のメリットは、税制優遇です。
運用されている期間の税金は免除されています。その為複利の恩恵を多く受けますので、運用がよければ多くの運用益を期待できます。

デメリットとしては、60歳になるまで受け取れないという事です。

ご自身でも資産運用をされているので、投資の知識を持っておられると思います。
お子様を2人考えられているのでしたら、教育資金としてご自身で運用されても良いかと思います。

401kにもメリットとデメリットがあります。
教育資金や住宅取得などのことも考慮し、近い時期に使う資金か当面使わなくて済む資金かを決められてから選択されると良いでしょう。


スイッチングコストを考えておいてはどうでしょう

2007/10/06 22:31 詳細リンク

zurich様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

確定拠出(401k)年金に移行するのはよい考えだと思います。運用コストは安いですし、税制メリットも享受することができます。ただし、デメリットもあります。運営管理機関や取扱金融機関によって選択できる商品の数が制限を受ける、運営管理機関などの関連会社の商品が主流になるといった点です。

そして、見過ごされがちなことはスイッチングコストの問題です。要は、気に入らなくなったときどれだけたやすくほかの代替手段に切り替えることができるかです。

401kの場合、スイッチングコストが極めて高く設定されている(実質的にスイッチングできない)わけですからその見極めが大切です。商品のラインナップ、投資教育の充実度などを確認されたほうがよいと思います。

スイッチングコストは目に見えないコストですが、長期的な視点で考えるととても大切なことです。

質問者

zurichさん

返信ありがとうございます。

2007/10/08 12:58 固定リンク

吉野様

返信ありがとうございます。401Kが60歳まで受け取れない件を改めて認識しました。検討した結果、今回の適格年金一時金は401Kで運用していこうと考えております。教育費等のまとまったお金については、現在、資産運用しているお金で考えていきたいと思います。妻も正社員として収入を得ており、そちらも積立預金を続けております。

実は既に住宅を購入しており、ローン追われながらの生活ではあります。それを加味しつつ、今後のライフプランを考えながら、いつ、いくらくらいお金が必要になってくるかを考えながら貯金、運用をしていこうとおもいます。

zurichさん (東京都/32歳/男性)

質問者

zurichさん

401Kには組み込めないようです・・

2007/10/21 15:03 固定リンク

杉浦様

アドバイスありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

現職では、年金制度はあるものの、401Kの制度はありませんでした。従って、解は3になります。
前職の会社にも確認したところ、401Kに組み込めないとのことでした・・。

個人的には、401Kの運用資産は50万以下で大した金額ではないので、まずは個人401Kに移行して、しばらくは個人で運用したいと思っています。どちらかというと、将来のお小遣い稼ぎの感じです。(アクティブな運用で進めたいと思います)

zurichさん (東京都/32歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

個人型確定拠出金と退職金の運用 ひとしさんさん  2014-07-31 02:03 回答1件
資産運用についてアドバイス願います Gingerさん  2010-02-27 23:43 回答5件
遺族年金あり母子家庭の資金運用 みやびさん  2007-07-11 12:01 回答3件
退職金の運用方法について tuki-usagiさん  2009-08-07 11:09 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

森本 直人

森本FP事務所

森本 直人

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

吉野 充巨

オフィスマイエフ・ピー

吉野 充巨

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 資産運用相談(アドバイス専門)
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 実務家FPによる貯蓄・資産運用相談
平野 雅章
(ファイナンシャルプランナー)