将来の年金&マイホーム購入計画 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

将来の年金&マイホーム購入計画

マネー 家計・ライフプラン 2007/10/05 13:10

はじめまして。下記??を中心にアドバイスをお願いします。
今年6月に結婚し、新生活を始めました。
夫(31歳):非会社員 給料月23万 賞与年60万
妻(30歳):会社員 給料月21万 賞与年120万(ともに手取額)
?夫が会社員ではないことを念頭に将来の年金をどのくらい、どのように貯めていけばよいか
?いずれはマンション(中古2500万ぐらいで)を購入希望です。ローン負担を少なくしたいのですが、現在の賃貸の負担を考えると「ローンを組んで早めにマイホーム」か「しばらく賃貸で、頭金を購入金額の半分以上を用意するか」か
家計は、家賃:賃貸9.3万(共益費・P含む)、食費・その他雑費:5万、水道光熱費:1.2万、通信費:2万、医療保険:夫5千 妻4.3千、支払用積立(車・冠婚葬祭費・帰省・その他引当用):6万(内訳1万・1万・1万・3万)「その他」の分は年間を通して、余った一部を旅行代、残りを貯金に充てるつもりです)こづかい:夫3万 妻3.5万(化粧品代含)、貯蓄:給料日に8万を自動積立。確実に貯まりますが、金利はいまいちのようです。夫のほうで月3万の累投をはじめたようです。月11万を貯蓄にあてています。収入と支出を差引くと余るはずですが新生活の準備の延長で必要と感じた物に使っています。年間を通して賞与のうちの30万ほどはお互いの趣味で使うつもりです。
各々の月額収入の割に家賃が高いのは承知ですがお互いの仕事と家庭の効率を考慮して決めています。ローンを組んで高額な利息を払っていくのには抵抗があります。数年後には子供も希望しており、もし、出産し育休にはいると私の収入は減ってしまいます。現在の貯蓄は二人合わせて700万ほどです。

フローラさん ( 埼玉県 / 女性 / 30歳 )

回答:3件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

年金の考え方と住宅ローンの頭金

2007/10/05 13:55 詳細リンク
(5.0)

フローラ様 初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

ご主人が非会社員ということは、自営業、又は、企業の役員でしょうか。
年金はどの年金に加入されているかで対応が変わります。公的なものは非課税の扱いもあり、公的な制度で年金つくりを行うのが効率的です。国民年金加入であれば、国民年金基金、個人の確定拠出年金など、事業者として経営されている場合は、小規模企業共済などが考えられます。
それにプラスする私的な年金は、長期分散投資をお勧めします。
考え方は、退職(仕事から収入を得られなくなる年)以降の生活費≒(生活費×(ご主人の平均余命+6年+α)−公的年金で得られる収入≒必要な別途収入になります。現時点での極めて雑駁な予想値ですが、余裕のある生活費総額は1億円、公的年金6500万、準備する資金3500万円とされています(上は厚生年金加入の会社員例です)。

住宅ローンは極めて大きなリスクを抱える長期的な返済(≒)投資になります。頭金を購入物件の30%程度をご準備の上住宅ローンの返済負担率は25%以下とするようお勧めします。中古物件は、仲介手数料など諸費用が新築より必要です。また、予期せぬ修理の発生も予想されますのであと数年ダブルインカム時期に資金を蓄え下さい。

追記します

補足

それらも含め、一度ライフプランを作成されては如何でしょう。将来のご家族のイベント(出産、入学、車の購入など)と費用を記載するイベント表、収入と支出そして貯蓄額の年度推移を記入するキャッシュフロー表です。この表を作成しますと、家計の全体像と将来像が把握でき、貯蓄目標も明確になります。両表のサンプルを私のホームページに掲載しています。参照ください。
http://www.officemyfp.com/planningtool.htm

資産運用は余裕資金で、長期分散投資をお勧めします。現在の貯蓄額8万円のうち半分を、国内外の債券と株式の4資産に夫々1万円ずつ投資運用されてはいかがかと考えます。
また、現在の貯蓄額700万円も同様に4資産クラスでの分散投資をお勧めします。

評価・お礼

フローラさん

マイホームに関してはもうしばらく貯蓄に励みます。
資産運用に関しては家族と相談しながらライフプランをたて、確実に無駄がないよう早めに策をとろうと思います。

どうしようかと漠然としていましたので、筋道がみえてきた気がします。ありがとうございました。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

年金、マイホーム購入の件

2007/10/05 17:12 詳細リンク

フローラさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

?の質問につきまして、本来ならばいけないことなのですが、実際には会社が厚生年金には加入しないで、従業員が自身で国民年金だけに加入している場合が良くあります。

このような場合、将来の年金として不足する分は、自分で用意していかなければなりません。

既にご主人様は累投を毎月3まんえんずつ始めていますので、そちらを今後上手に運用して将来の年金の一部にしていただければよろしいと考えます。

インデックスファンドなどのパッシブ運用と、アクティブ運用のファンドを上手に組み合わせて、運用してください。

尚、毎月の貯蓄率につきまして、手取り月収の25%を貯蓄に充当していますので、かなりいい水準となります。
今後も実行可能な範囲内で続けていってください。

?の質問につきまして、2,500万円の購入希望価格に対して、自己資金(貯金)が700万円(20%+諸費用分)ありますので、マイホーム購入は今すぐにでも可能です。

ただし、ローンを組んで高額な利息を払っていくのには抵抗があるということですから、今後お子様が生まれフローラさんが職場に復帰できるまでの期間は貯蓄に専念して少しでも自己資金を貯めて、借入金を少なくしていただことをおすすめいたします。

借入金が少なくなる分、毎月の返済額も少なくて済みます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)


ファイナンシャルプランナー

- good

老後資金はほどほどに、今は頭金を優先しましょう

2007/10/05 17:50 詳細リンク
(5.0)

フローラさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

住宅購入を4.5年内に予定されているのであれば今は運用せず元本確保で頭金を優先したほうがいいでしょう。
ローンが少なければ老後の安心にもつながります。

また、自営業や法人経営者の場合は給与収入だけでなく事業の経営が安定していないとローンの審査がきびしくなります。3年ほどはしっかりと利益を出しておきましょう。

また、出産などで奥様の収入が減る前の方がローンは借りやすいかもしれませんね。フラット35のローンは収入合算できますし、会社員かどうかはあまり関係ないようです。

運用による老後資金の準備はご主人の月3万円だけにしておいたほうがいいでしょう。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

質問者

フローラさん

資産運用について

2007/10/05 14:19 固定リンク

ご返答頂き、ありがとうございました。

資産運用に関してですが各々個人のお金の範囲で株や外貨MMFなどをやっていますが、株などはとくに家計の中に組み込むのは危険ではないかと思っています。安全に確実に増やせるお勧めの商品などありますか?

また、長期分散投資をさせる場合の投資比率など目安はありますか?

フローラさん (埼玉県/30歳/女性)

質問者

フローラさん

ありがとうございました

2007/10/06 14:13 固定リンク

会社員の人よりやはり、老後のために準備しておくようにしたいと思います。

マイホームは今の(賃貸)状態が都合がよいので子供ができるまでこの状態でそれ以後最善方法を考えていきたいと思います。ありがとうございました。

フローラさん (埼玉県/30歳/女性)

質問者

フローラさん

フラット35について

2007/10/06 14:16 固定リンク

この借入れは35年間でないといけないのでしょうか?たとえば繰上げ返済をするとほかの金融機関のローンと比べると繰上げの費用などでに不利なのでしょうか?

フローラさん (埼玉県/30歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

マンション購入、住宅費負担が心配 nutsさん  2012-08-10 11:36 回答2件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
家計の見直しについて cookie2004emiさん  2009-01-01 22:17 回答5件
出産後の家計診断(妻収入ゼロ期の乗り越え方) みんみんんさん  2009-06-15 19:40 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マネー相談

教育費・年金・資産運用・住宅購入・相続などに関する面談

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

辻畑 憲男

株式会社FPソリューション

辻畑 憲男

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

支出を減らし貯蓄ができる家計診断(家計診断書&提案書付)

過剰な支出がひと目で分かる家計診断を行いますので、今月からすぐに貯蓄ができるようになります。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)