扶養について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養について

マネー 年金・社会保険 2007/10/01 19:37

予定日は5月なのですが、この11月で、出産の為仕事を辞めようと思います。今現在154万の収入ですので、退社時は180万くらいになるとおもいます。退社してすぐ、夫の扶養にはいれるのでしょうか?また、失業保険の延長は、ふように入るとできないのでしょうか?
今は、扶養に入らず、自分で国民健康保険に入り、出産後失業保険をもらうのは損ですかね?

tomopさん ( 東京都 / 女性 / 33歳 )

回答:1件


扶養について

2007/10/02 01:34 詳細リンク

ご主人の扶養にはいる(被扶養者になる)には、年収制限があり、年間収入が130万円未満かつ、被保険者(ご主人)の年間収入の2分の1未満であれば、被扶養者となることができます。
ここでいう年間収入の「年間」とは、原則として認定申請時から将来に向かっての年間をいいますが、年間収入の算定は、申請時の状況によって判定するものとし、将来に向かって確認できるものはその額で、確認できないときは直近の実績により判定します。(政府管掌健保の場合)

健康保険組合では、政府管掌健康保険の基準に準じて判断するところもありますが、独自の判断をするところがあります。
?前年度1月より12月の間の収入で判断し 前年度の収入が130万円以上あれば現在会社を退職して、無職でも被扶養者とはしないところもあります。
?失業給付を受給する予定があれば将来収入が予定されるので現在無収入でも被扶養者にしないというのもあります。

従いまして、ご主人の健康保険が政府管掌健保でしたら、扶養にはいることができると思いますが、健康保険組合であれば、基準がまちまちですので、ます確認することをお勧めします。

扶養に入らず、国民保険健康保険に加入した場合、国民健康保険料と国民年金保険料を支払わなければなりません。具体的な金額が分かりませんので、どちらが得かは分かりませんが、扶養に入ることができれば、そちらの方が負担が少なくてすむのではないのでしょうか。

また、雇用保険の基本手当を受給する場合は、失業の要件(働く意思・能力・求職活動・求職の申し込みなど)が必要となります。受給した場合でも、基本手当日額が低い場合は、扶養に入ることが可能な場合もありますので、この点も確認していただきたいと思います。

長い回答になって、すみません。ご不明な点がありましたら、またご質問願います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

結婚後の妻の扶養について知りたいです! タノスケさん  2008-10-19 01:10 回答2件
国民健康保険に入っている母を被扶養者にできますか みーたろうさん  2016-12-26 01:06 回答1件
扶養について ちょのさん  2008-11-25 02:59 回答1件
扶養について ぐーぐーさん  2008-10-15 13:32 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)