バリアフリー住宅を建てるポイントは? - 住宅設計・構造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

バリアフリー住宅を建てるポイントは?

住宅・不動産 住宅設計・構造 2005/11/21 00:00

高齢の親と暮らすことを考え、現在建て替えを検討しています。バリアフリーといっても、階段を緩勾配にする、または手すりをつける、などの対応策しか思いつきません。バリアフリー住宅について、専門家の皆さんが設計上で気をつけているポイントはどんなところですか?立て替えのポイントも、ぜひアドバイスお願いします。

※この質問は、ユーザーの方から事前にいただいたものを、専門家プロファイル が編集して掲載しています。

All About ProFileさん

回答:4件

視点を変えて

2006/01/15 20:39 詳細リンク

住宅内のバリアフリー化については、導入時のポイントを場所別にコラムで書かせていただいてますので是非ご覧ください。

建替えられるということで、押さえて頂きたい事項は
1.屋外への出やすさ
2.非常時の安全の確保
3.ご病気になったり、症状が悪化されたときの対応
です。

1については、いくら屋内の住み心地がよくても、外出されるのに一苦労な屋外アプローチでは、家に篭りがちになってしまいます。

2は地震・火事などの災害時、タンスなどで事故に遭われたり避難ルートがなくならないよう動線を検討する必要があります。

3については、ご両親がお元気なうちは2階へ上がったりできますが、症状が重い病気に万が一なられた場合、生活動線が全く変わってしまわないようにする配慮が必要です。
外部のヘルパーさんや訪問介護にも対応できるような工夫をされると、住宅の不具合で施設に行かなければならない状況を回避できます。

お年寄りの方は自分の為に建替えるとなると、遠慮したりする傾向がありますので、ご家族全員が明るく暮らせるような設計打ち合わせを心がけていただきたいと思います。

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


段差を活用する!

2005/11/21 00:00 詳細リンク

車椅子の座面高さは約40センチ
玄関や浴槽の段差をこの40センチに合わせると車椅子からの水平移動が容易になります。
段差がなく全てフラットの床が良いとは限りません!
動線計画の中で、最適な方法を考えた方が良いでしょう!


バリアフリーを狭義的にとらえないで

2005/11/21 10:01 詳細リンク

高齢者にとっては腰の高さの移動が最もこたえるそうです。「床をフラットにする事」イコール「バリアフリー」ではありません。どちらかといえば、腰の高さの移動がなるべく少なくなるように計画するのがポイントです。
「バリアフリー」イコール「段差のない事」、といった狭義的な捉え方から脱する。人間はだれでも加齢とともに運動機能や感覚機能が衰えます。それをなるべくゆっくり進むようにしてあげることが大事です。
設備にもバリアフリーはあります。例えば、照明の照度や位置。階段で、自分の影を踏みながら登り降りするような照明配置はお勧めできませんし、温熱環境としても、各部屋で急激な室温の差が生まれないように配慮する事もバリアフリーの一つです。
まずプランから見て障壁をなくし、それで捕らえきれないところを細部計画や設備で対応させていく。手摺バンバンの家にして、逆に高齢者に疎外感を与えてしまうのも問題です。心理的なバリアフリーも忘れずに。。。


バリアフリー住宅をたてるポイントは?の回答

2006/12/08 14:16 詳細リンク

バリアフリー住宅というのはバリアフリー設備のある家ではありません。高齢者、障害者、身障者が心安らかに暮らせる家です。もちろん症状に合った手摺等の設備を浴室、便所、玄関、廊下につけることは必要ですが、重要なことは、その方が自立的に心安らかに暮らせる家にすることです。寝室から食事、便所、浴室への動線。窓の高さを低くして車椅子の人が快適な見晴らしが得られるとかがあります。基本は動線の処理だと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

二世帯住宅を建てるポイントは? 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答7件
ガレージ住宅の設計料、施工料について 専門家プロファイルさん  2008-11-13 12:55 回答5件
賃貸併用住宅を建てるポイントと入居率アップのコツ 専門家プロファイルさん  2008-04-24 11:32 回答4件
犬と暮らす住宅づくりのポイントは? 専門家プロファイルさん  2005-11-21 00:00 回答3件
工務店・設計事務所の信用力について 段田男さん  2009-08-21 15:52 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

酒井 正人

サカイデザインネットワーク有限会社

酒井 正人

(建築家)

対面相談

注文住宅の請負契約関係書類チェックと契約立会同行サポート

注文住宅の契約前に契約書や設計図書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

【関西圏限定】戸建て住宅の設計・見積・契約書をプロがチェック

注文住宅や戸建てなどの契約前・後に設計・見積が適正なものか中立的なプロがチェックします! 

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)