新築、リフォーム後の中古住宅、寿命は? - リフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

新築、リフォーム後の中古住宅、寿命は?

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2007/09/29 20:15

住宅の購入を検討していますが、新築にするか、中古物件をリフォームするかで悩んでおります。

?最近の建売住宅は何年くらい持つように設計されているものなのでしょうか?
?築20〜30年中古物件を購入してリフォーム(内外装及び、耐震補強や、基礎等構造部分の補強など。)したとして何年くらい住めるのでしょうか?

やはり新築も中古も、30年後くらいに大規模なリフォームまたは建て替えをしなければいけないのでしょうか?
現在26歳なので85歳くらいまで生きたとしてあと60年。
年老いてから新たなローンが組めるはずもないのでどうするべきか悩んでいます。

うーさん ( 京都府 / 女性 / 26歳 )

回答:4件

ライフスタイルと合わせて考えるといいですよ

2007/09/30 20:04 詳細リンク
(5.0)

うーさん はじめまして。

新築と中古は悩むところですよね。

質問の回答に関しては、先のお答えいただいている
方々の内容でいいと思いますよ。

それと、今回はもう1つ一緒に考える内容をお話
しますね。

それは、今後のライフスタイルの変化について。

今26歳で、ご結婚されているかもありますが、
今後子供が生まれたりして大きくライフスタイル
が変わる可能性があります(これは一般論ですが)

ですので、新築にするかどうか?はこのあたりと
すり合わせる必要があるでしょう。

20代のうちに、買い換える事が出来る住まいを
手に入れて、30代半ばで家を建てる人もいます。

また住みたい場所が、街中から郊外に変わる人も
います。そういった意味では、買換えの出来やすい
(買い手のつきやすい)場所の不動産を手に入れる
という視点もポイントになるかもしれませんね。

中古と新築という視点と合わせて、この視点も
一緒に考えてみられるのもいいと思いますよ。

参考になりましたら。

八納啓造 拝

評価・お礼

うーさん

ご回答ありがとうございます。
ライフスタイルについても良く考えたいと思います。

回答専門家

八納 啓造
八納 啓造
(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

八納 啓造が提供する商品・サービス

メール相談

無料メール相談を受け付けています

家づくり全般で分からないことがありましたらいつでもご相談ください

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


住宅の寿命は一般的に30−40年です。

2007/09/30 01:10 詳細リンク
(5.0)

お問い合わせありがとうございます。
1、建売住宅の耐久性については、それぞれのメーカーが売り出すときに、アピールしているので、一つ一つ確認した方がよいと思います。一般的には30年耐久性といわれていますが、躯体や防水などの住宅の基本的部分の保証期間は10年のはずです。時々35年保証とか40年保証という住宅がありますが、あくまでメンテナンスを継続していくのが条件となっています。
2、築20−30年の中古住宅については、その20−30年の期間にどれだけ、メンテナンスをしてきたかによって、かなり状態が異なります。ただ、一般的には20年ですと、まだ状態は良いことが多いのですが、30年となると、大規模修繕が必要なことが多いです。
また、耐震性についていえば、1995年の阪神淡路大震災以降に建築基準法の改正がおこわなれ、耐震基準が強化されているので、12年前よりも直近の中古物件ならある程度の耐震強度があると思われます。
3、「住宅」は、ある意味、生き物ですので、メンテナンスはやはり必要です。人間の身体と同じだと思います。

評価・お礼

うーさん

ご回答ありがとうございました。
メンテナンスが重要ということですね。
参考になりました。


毎月メンテナンス費用を積み立てましょう

2007/09/30 11:04 詳細リンク
(5.0)

新築にするか中古をリフォームするかという問題は、住宅を取得する際に多くの方が直面するようですね。

一般論で書かせてもらいます。

まず建売住宅の場合は、販売会社の意識として、何年持たせるかと言うことより、当たり前ですがどれだけ儲かるかに力が入っています。
我々設計事務所では、品格法をクリアーできるスペックを考えた設計を心がけています。そのレベルとしては基準法で設定されているレベルの1.5倍の強度を持たせることを目標としていますが、建売の場合は、確認は取っているはずですので基準法を満足するレベルにとどめていると思います。なぜなら、基準法より強度アップすることは販売コストが上がることになりますので、高級住宅を売りにしているのでもない限りは、そのような設計になされていないのではないかと思いますね。

ですから、建売住宅に長期の耐久性を期待することは無理があるのではないでしょうか。しかし、これも住んでからのきめ細かいメンテナンスをしていれば長期間の耐久性を持たせることは可能でしょう。

20〜30年の中古物件は、耐震補強をするとしたら調査の結果次第ですが結構なコストを覚悟しないといけないでしょう。

これは安心して住むためのコストですので、費用負担がどこまでが許容範囲になるかをあらかじめ考えておく必要があるでしょうね。

前の人も書かれているように、メンテナンスの要らない住宅は存在しませんので、長く住み続けられるためには、マンション同様にリフォーム費用として毎月定額を積み立てるくらいの気持ちをもたれることをお奨めします。

評価・お礼

うーさん

ご回答ありがとうございました。
修繕費の積み立てを頑張りたいと思います。


これからは温暖化防止対策も検討が必要です!

2007/10/10 10:24 詳細リンク
(5.0)

うーさん はじめまして。

最近ではリフォームの手法も確立してきましたので、新築かリフォームか?という問題で悩まれている方は本当に多いと思います。

?につきましては、
「持つ」ということの解釈にバリエーションがあります
が、15〜20年程度で大規模な改修をして、それでも
実質的に30〜40年ではないかと思います。

ここには、住みやすさ、使い良さ、快適性などは含まれないものと考えた方がいいでしょう。

?、?も上記の回答で想像がつくかと思いますが、最近では、これらに加え表題の温暖化防止対策として、断熱性などの大幅な強化が検討されています。

http://profile.allabout.co.jp/member/modules/weblog/details.php?blog_id=15772
http://profile.allabout.co.jp/member/modules/weblog/details.php?blog_id=15851

気密性や断熱性の強化は住宅の持ちや快適性を大幅にアップさせます!この辺も含めて多角的にご検討されてはいかがでしょうか!

ご参考になれば幸いです。

アーキ・ヴォイス 染谷

評価・お礼

うーさん

ご回答ありがとうございました。
高気密高断熱の家のほうがより良いということですね。よく検討してみます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

中古物件のリフォームについて miemie30さん  2007-10-10 17:44 回答2件
建替えの時期について gandam3jpさん  2012-06-24 14:49 回答1件
増築したいのですが・・・ くまのこさん  2011-04-27 22:21 回答3件
地震で壊れた家の診断・修理と建てかえについて t_stellaさん  2011-03-19 12:26 回答4件
中古マンション分譲 リフォームは不動産屋任せ? 広報担当さん  2009-06-01 17:28 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マンションの契約関係書類チェックと売買契約立会同行サポート

マンションの契約前に契約書や重要事項説明書をチェック! 契約当日も立会同行します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)

対面相談

産地直送の国産木による高耐震工法

天然乾燥の地域木材で耐震等級3がとれる木材を産地直送で使用

小松原 敬

一級建築士事務所 オフィス・アースワークス

小松原 敬

(建築家)

メール相談

パネル交換によるリフォーム体験

リフォームとは、ちょっとしたアイディアから生まれて来るものです。

稲垣 史朗

パウダーイエロー

稲垣 史朗

(リフォームコーディネーター)