嘱託採用で主人の扶養から外れるべきか - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

嘱託採用で主人の扶養から外れるべきか

マネー 年金・社会保険 2007/09/16 17:06

41歳子供2人です。7年間パート(時給1000円)で勤めてきました。人手が足りず、130万の枠で収まりきれそうもなくなり会社側から嘱託で社会保険をつけ月額19万円を提示されました。契約は1年ごとの更新となり、別手当てはありません。主人は年収1000万ほどです。嘱託の雇用条件は週40時間、週休2日年間休日103日有休、残業などの手当てはありません。かなり責任も持たされそうです。私なりの計算で行くと現在の時給の方がよいのですが、この先のことを考えると、扶養を外れてこの話にのったほうがよいでしょうか。嘱託扱いがとても抵抗があります。嘱託と契約社員の違いは重大でしょうか。

キャンディーキャンディーさん ( 兵庫県 / 女性 / 41歳 )

回答:1件


ファイナンシャルプランナー

- good

嘱託と契約の違い?

2007/09/17 07:09 詳細リンク

キャンディーキャンディーさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

嘱託や契約社員という呼び方は会社で独自に基準を決めて区別しているだけで、法律などで決まったものではないようです。一般的に定年退職後に再雇用する場合は嘱託扱いになっていますが、キャンディーキャンディーさんの場合はこれとは違いますね。

どちらにしても7年間のパートでのお仕事振りが評価され、会社にとって必要な存在だと言うことではないでしょうか?

扶養からはずれ、ご自身の社会保険に入れるのはいいことですね。さらに収入も130万円から一気に228万円なるわけですから。

後はキャンディーキャンディーさんのやる気次第ですね。今のお仕事は好きですか?やりがいはありますか?責任を持たされると言うことは、ある程度任されるということですね。

前向きにイキイキとお仕事をされるのであればお子さんたちにとってもいいことだとおもいます。後姿で見せられる教育ですね。
この際、ご主人やお子さんにも協力をお願いしてはいかがでしょう。

嘱託というあいまいな立場への不安は良くわかります。
今後ずーと働いても嘱託のままなのか、昇給はないのか、残業手当、有給は?正社員への道はないのか、などと言ったこともよく聞いてみましょう。


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

106万の壁 扶養内にとどまるべきか迷っています。 miharuruさん  2016-08-29 14:09 回答1件
出産手当金と育児給付金 こうちゃんママさん  2009-04-19 21:49 回答1件
今のまま働くと働き損になりますか? mykrh2oさん  2011-11-10 17:46 回答2件
厚生年金・健康保険について くろみちゃんさん  2009-10-13 20:05 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

マンション管理適正化診断サービス

マンション管理組合向け火災保険

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

電話相談

新婚ご夫婦のための安心マイホームプラン(提案書など特典付)

マイホームを購入するということは、今後の人生設計の大部分が決定しますので、決して失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

セミナー 結婚を機に考える2人のライフプラン相談
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)