どれくらいお金を貯めばいいのか、使っていいのか… - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

どれくらいお金を貯めばいいのか、使っていいのか…

マネー 家計・ライフプラン 2016/10/29 23:06

タイトル通りです。お金をどれだけ使っていいのか、貯めればいいのかわかりません。

収入:1000万円(妻は専業主婦)定年まであと15年位。
貯蓄:安定資産700万、浮動性資産1400万(現時点一時2000万)
住宅ローン:完済(資産価値約4000万)、他のローンなし。
子供2人:中2(私立)、小4
毎月23万貯蓄。賞与時30万貯蓄。
貯蓄の内、毎月10万を株、国債、リートに分散投資。あとは学費として貯蓄。
子供2人の学費をざっくり2人で2500万と推定。
老後は個人年金をやっているのである程度は確保。
これだけやっていると毎月大体とんとんで、賞与時でプラスになる感じです。
今が貯め過ぎなのか、もう少し使っていいものなのか…悩んでいます。

私は車が好きなのですが、まだ乗れる車を売って
例えば500万の新車(実際の出費は250万程)を買っても良いのか…
このお金があれば旅行に何回いけるかな…とか考えると買えなくなったり。
まぁ何にお金をかけるのかは個人の自由ですが、
現時点の経済状況で他人の客観的な意見が聞きたいです。

最近は、レジャーにはこれだけかけてもいいことにしよう、
というお金を設定しようかなと思っています。

補足

2016/10/30 01:11

レジャー費は年収の4,5%が目安とどこかで書いてましたが
そんなものでしょうか?

kkym923さん ( 神奈川県 / 男性 / 45歳 )

回答:1件

渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

どれくらいお金を貯めればいいのか、使って良いかについて

2016/10/30 17:43 詳細リンク

kkym923さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動しています、
渡辺と申します。

『今が貯めすぎなのか、もう少し使って良いものなのか悩んでいます。』
につきまして、

kkym923さんの場合、
手取り月収金額に占める現在の貯蓄水準は、
相当高い水準にあるものと思われます。

貯蓄をすることの目的はお子さん達のこれからの教育資金負担に備えてということであったり、
ご夫婦の老後資金の確保が目的であったりと、
kkym923さんと同様に、
多くの方は将来のライフイベントに備えてということが貯蓄の目的となります。

例えばですが、kkym923さんは45歳ですから、
60歳で定年を迎えるまでの間、
現在の貯蓄水準である毎月23万円の貯蓄などと、
ボーナスごとの30万円につきまして、
定年を迎えるまで積み立てて言ったとした場合、
ざっくりですが総額で5,000万円以上の残高を確保することができることになります。

これに対してお子機様方の教育資金としての見込み金額は2,500万円ということですから、
2,500万円ほどお金が残せることになります。

ここでひとつkkym923さんにお考えいただきたいこととして、
お子様方がこれから大きくなって行くにつれて、
たぶん部活であったり、友達との付き合い、
場合によっては反抗期ということも将来は起こるかも知れませんが、
家族がみんな揃って出かけられなくなってしまう日がくるかも知れないということです。

kkym923さんも気がついているとおり、
将来に備えた貯蓄にお金が回ってしまい、
今しかできない家族旅行などの機会を失ってはいないかということも、
考えていくことが大切です。

そこで少なくとも計算上からは、これだけの余裕資金が残せるのですから、
例えば、年に一回、家族旅行で50万円ほど使ってみてはいかがでしょうか。

それから今後のお金の流れを把握していくためにも、
ライフイベントとして、お子様方の教育資金がいつ頃幾らかかるのかなど、
時系列に書き出して、年間にかかる教育費用などをはじめとする。
ライフイベント資金の推移をこの機会に把握してみると良いと考えます。

さらに資金対策としてキャッシュフロー表なども有効ですが、
そこまでしなくてもライフプランシートを作成しておけば、
将来の教育資金の準備などに役立ちますのでお勧めですし、
旅行資金やマイカー買い換えなどの時期や資金的なことにも役立つと考えます。

家族で旅行を楽しんで来てください。

以上、
ご参考していただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

老後資金
貯蓄
ファイナンシャルプランナー
老後
教育資金

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断、保険診断お願いします キラキラっちさん  2016-03-24 18:25 回答1件
家計診断をお願いします ラテコさん  2015-12-07 13:18 回答3件
住宅・お金について shimaumaさん  2015-08-27 10:47 回答2件
40代半ば夫婦、子供2人の場合の今後について まくさん  2014-12-10 14:16 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

マネー相談

教育費・年金・資産運用・住宅購入・相続などに関する面談

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)