生命保険の見直し - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の見直し

マネー 保険設計・保険見直し 2007/09/13 16:36

主人の生命保険の見直しについて教えてください。

結婚2年目。子供はいません。

主人は今年37歳で、独身のときに会社で入った
第一生命の「堂堂人生(・らぶ)」
(5年ごと利益配当付更新型終身移行保険)に加入しています。

終身保険1600万。 基本年金額200万。
生存給付金額(更新時15%増額方式)22万。
【5年ごと利差配当付特約】+【無配当特約】で
毎月 14573円(主・9089+特・5484)支払っています。

一般的に、毎月みなさん どのくらいの保険料を支払っているのでしょうか?

更新時15%増額方式ということは、
10年ごとに保険料が高くなるんですよね?

1.2年後には子供を儲けたいと考えているので、
将来の貯蓄に 少しでもまわしていきたいと思い、
2010年 2月に10年満期になることともあり 見直しを見当しています。


同じ保険会社にした方がいいのか、
解約して 他の保険会社へ変更した方がいいのか、
保険などの専門知識がない為に どうしたらいいのか分りません。

アドバイス、よろしく 御願いしたします。

kuromiさん ( 神奈川県 / 女性 / 33歳 )

回答:5件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の基本的な考え方

2007/09/13 17:34 詳細リンク
(4.0)

こんにちは。
?FPソリューションの辻畑と申します。
保険加入の具体的な商品のご説明は、メールでは難しいために基本的な考え方のポイントについてご説明いたします。詳しくは私のコラムをご参照ください。

保険を考える上で基本
1、保険料から注文しないこと(選ばないこと)。バーゲンセールはありません。
保険は確率でできています。簡単に言うと保険会社の支払う確率です。保険料が安いということは、支払われる確率が低いということです。

2、不安だか保険に加入するのではありません。
保険は不安だから保険に加入するのではありません。万一時にお金に困るからリスクヘッジとして加入するのです。お金に困らない範囲は加入する必要はありません。

保険の選び方の手順
1、 必要保障額を計算してください。
万一のときの支出と収入を計算してください。支出から収入を引いてマイナスになるのでしたら、収入が多いので保険に加入する必要はありません。

2、 目的ごとに保険種類を選んでください。
一例として
葬儀費用の準備でしたら、一生涯保障がある変額保険(終身型)
遺族の生活費の準備でしたら保険期間を決めて収入保障保険(歳満了タイプ) など

3、 保険種類を選んだら、その種類の保険を持っている保険会社より、少しでも保険料を
安いところを選んでください。

4、 最後にトータルの保険料の検討です。
保険料が高い場合には、何か妥協して確率を落とすしかありません。

医療保険についても入院して今もっている現金でまかなえるのならば必要ありません。
決めるポイントは、入院日額をいくらにするのか。一回の給付日数は何日タイプにするのか、いろいろなオプションをつけるのかどうか。です。もちろんいろいろつければつけるほど保険料は高くなります。

補足

こんにちは。
当社にお越しいただければ診断、及びアドバイス可能です。ご検討ください。

辻畑

評価・お礼

kuromiさん

今の保険を解約して入りなおしても、
同じような保障で月々の支払額が安くなるかは
分らないですもんね。どれかを削ることで安く
するのも方法のひとつなんですね。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

生命保険の見なおし

2007/09/13 22:57 詳細リンク

kuromi様、
この度はご質問いただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャル・プランナーの釜口です。

他のご家庭がどれほどの保険料を支払っているかというと、
平均は1家族で年間55万円ほどという統計値が出ていますが、このデータは全く気にする必要はありません。

そのご家庭の事情やライフプランや保険に対する考え方が違いますので・・・

「更新時15%増額方式ということは、
10年ごとに保険料が高くなるんですよね?」
更新時15%増額方式というのは生存給付金額が15%アップするという意味です。
保険料は15%どころではありません。かなり上がりますよ!

既契約保険の見なおしに関しては、実際に保険証券を見せていただき、ライフシュミレーションを作成、ご家族の保険に関する考えかたなどをお聞きした上でご提案させていただければと思います。

ご不明な点があればお気軽にご相談下さい。
http://www.bys-planning.com/

以上よろしくお願いいたします。

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

更新の際は保険料は約2倍になることが予想されます

2007/09/14 18:36 詳細リンク

kuromiさん、はじめまして。ファイナンシャルプランナーの照井博美です。

以前この保険に加入されていた方の保険の見直しをさせていただいたことがあります。
保険見直しサポートパック

おそらく更新の際には、保険料が2倍近くになることが予想されます。

他の先生がご指摘の通り、1600万円は終身の保障ではなく、現時点で万が一の場合の保険金額だと思います。

保険証券を拝見させて頂きませんとなんとも言えませんが、伺った内容からですと、保険料払込満了年齢に終身保障への移行をした場合、現状では100万円の保障が変えるかどうか、という金額なのではと推察します。

まずkuromiさんのご家庭の必要保障額を見極め、必要最低限の保険を選び、それ以外はできるだけ将来のための貯蓄にまわした方がよいかと思います。

何かありましたらお気軽にご連絡ください。
[[オフィスシノワ:info@officechinoi.or.tv]]

回答専門家

照井 博美
照井 博美
(岐阜県 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスシノワ 
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。ご家族が思い通りに人生を送れるように、お客様の価値観・思いをまずしっかり聞き取ることを一番大切にしています。 人生の良き伴走者としてのFPを目指します。


保険の見直し

2007/09/14 14:20 詳細リンク

kuromiさん
こんにちわ、東京近郊でFPをしている水野と申します。

まず現在の保険ですが終身保険が1600万円あると認識されているようですがお支払いの保険料から想定してそれは大きな認識違いかと思います。1600万円の終身保険を買うにはご主人の年齢ですとそれだけで3万円くらいが相場です。
もう一度保険証券を確認してみてください。

保険は万一の保障ですが、万一の事がなかった場合保険料を極力無駄にしないことが大切です。また、必要保障額も元気であれば毎年減少していくものです。

保険は闇雲に加入するのではなくご自身のライフプランを大まかに想定し加入することが大切です。また、全て同じ保険会社でプランを組むより各保険ごとに色々な保険会社を比べて加入した方が保険料負担は少なくなります。

神奈川にお住まいと言うことで比較的近くに下りますのでご希望いただければライフプラン分析・現状の保険分析を踏まえプラン作成が出来ますのでご依頼下さい。

mizuno@fa-a.co.jp IFA水野 秀昭


第一生命の「堂堂人生(・らぶ)」について

2007/09/14 14:32 詳細リンク

kuromi様
FPの佐藤洋です。

5年ごと利益配当付更新型終身移行保険は、名称が示しているとおり私の認識ですと、将来終身に移行可能な定期保険だと思います。

つまり10年更新の掛捨て保険です。
終身と定期(掛捨て)のどちらがいいか悪いかの話ではなく、kuromi様が純粋な終身保険と思っていらっしゃるのではないかが、最初に気になりました。

一般論として、これから家族を形成していこうとする時期は様々な支出の要素もあるので、生命保険に貯蓄機能は持たせず、掛け捨てで割り切って備えるほうがいいとは思います。

さらに、会社員のご家庭であれば、今ご加入中の定期保険の選択肢に加え、逓減定期保険も検討材料です。
逓減定期保険についてはこちらをご参照ください。

掛捨てで割安な掛け金で保障を確保し、kuromiさんのいうとおり、できるだけ他の支出要素や出産後の子育て費用に回すようにしておくほうがいいかなと思います。

保険会社をどこにするのかについては、ご主人がたばこを吸わないのならたばこを吸わない人に保険料割安の商品を準備している保険会社もありますし、吸うのでしたら掛け捨てなので同じ保障額でもより掛け金が安いところを、選ぶのがいいでしょう。

保険会社により掛け金は、同じ死亡保障額・保険期間でも違いがあります・・。


kuromiさんも、生命保険に未加入でしたら妊娠前に医療保険のご検討をこの機会に一緒に考えましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険の見直しについて mappy2guppyさん  2014-03-22 00:38 回答1件
生命保険の見直し はーとさん  2009-12-13 09:41 回答5件
夫の生命保険更新に伴い見直しについて。 ムコメルさん  2009-10-11 13:01 回答4件
子供誕生の際の生命保険の見直しについて ぷぅパパさん  2007-07-27 23:24 回答3件
ユニットリンク保険、AIG富士生命 0614aさん  2016-02-23 12:49 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)