夫婦の生命保険見直しについて - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夫婦の生命保険見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2007/09/13 10:21

夫(44歳) 年収約2000万円
妻(43歳) 年収約1000万円
子ども 11歳,9歳
現在,金融資産が殖えてきたため,死亡保障を減らすことができるか,見直しを考え中です.どちらかが(特に妻が)死亡しても家計として困る可能性は少ない状態です.


?平成5年(30歳時)加入終身生命保険
保険料 月35250円(60歳払込満了)
死亡保険金 5000万円(60歳まで.以後2000万円)
入院保障特約 5000円

?個人年金保険(一時払い) 平成29年満期 1000万円(目標額1200万円)

?ドル建て個人年金保険(一時払い) 平成26年解約返戻金 95000ドル


?平成1年(26歳時)加入終身生命保険
保険料 14415円(55歳払込満了)
死亡保険金 3000万円(55歳時まで.以後500万円)
入院保障特約 5000円
現在の解約返戻金は157万円予定

?個人年金保険(一時払い) 平成29年満期 500万円(目標額600万円)

夫?,妻?個人年金保険は,銀行で勧められるまま加入してしまいました.途中解約しても損なので,置いておこうと思っています.夫?はドル資産活用のため,契約しました.

妻?の保険を解約して返戻金157万円を受け取り,残り12年分の掛け金207万円と合わせて運用したほうがいいのでは,と考えています.掛け金が負担な訳ではないので,続けておいたほうがよいのでしょうか?

夫?に関して,見直ししたほうがよければ,ご教示いただければ幸いです.

ワーキングマザーさん ( 神奈川県 / 女性 / 43歳 )

回答:3件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

保険の加入の仕方

2007/09/13 10:49 詳細リンク
(5.0)

こんにちは。
?FPソリューションの辻畑と申します。

保険は、万が一の時にお金に困るから加入するのです。不安だから加入するのではありません。まずは、ご主人が亡くなられたとき、奥様がなくなられたときに具体的にお金に困るかどうか収支を計算してみましょう。(支出としては、生活費、教育費、住居費、葬儀費、娯楽費などが上げられます。収入としては、遺族年金、会社からの死亡退職金、預貯金、奥様、またはご主人様の収入などが上げられます。)
もし、困らないのであれば辞めて運用、または貯蓄をしたほうがいいです。何の目的のために保険に加入しているのか考えましょう。
これは入院保険についても当てはまります。現時点で入院しても現金でカバーできるのであれば、加入しないほうがいいですね。支払う保険料ともらえる額を比較してみてください。もちろん保険ですのですぐに入院、死亡するのであれば加入したほうがいいですが、よく考えましょう。
奥様、ご主人様の?の個人年金保険ですが加入されたばかりでしたら、今後金利が上昇した時点で解約してより金利の高いものに買えたほうがいいでしょう。

評価・お礼

ワーキングマザーさん

早速のご回答ありがとうございます.保険は,必要だからこそ加入するというすっきりとした結論ですね.大多数の方が加入している生命保険なので,解約するのも勇気がいる気がしたのですが(まさに不安だから続けている状態)背中を押していただいたような気がします.今後,また主人とも相談して検討いたします.ありがとうございました.

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

加入保険の件

2007/09/13 11:18 詳細リンク
(4.0)

ワーキングマザーさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

死亡保険につきまして、ご主人様奥様ともに若い頃に加入していますので、支払い保険料も割安に済んでいます。

ただし、終身保険に加入されていますので、元々の支払い保険料が定期保険に比べて割高となります。

ご夫婦各々終身保険を1,000万円に減額して、不足分は定期保険で保障を賄うようにすれば、保険料は大分安くできます。

尚、医療保障部分の入院保障特約につきまして、ご夫婦各々5,000円となっていますが、少々不足しています。
10,000円に増額するか、あるいは最新の終身タイプの医療保険に加入し直してもよろしいと考えます。

最新の医療保険の場合、入院給付金は一泊二日から至急されますし、日帰り手術から手術給付金が支給されるものがほとんどです。

解約返戻金につきましては、ワーキングマザーさんのお考えのとおり、運用にまわした方がよろしいと考えます。

加入時には、老後資金にと勧められたかも知れませんが、保障と運用は分けてお考え頂いた方がよろしいと考えます。

以上、ご参考にして頂けますと幸いです。また、分からないことなどありましたら、お気軽にお問い合わせください。
リアルビジョン 渡辺行雄

補足

保険金額が全て終身保険ということで、解釈していました。

加入保険はご主人様・奥様各々定期保険特約付き終身保険に加入しているのですね。

たいへん失礼をいたしました。

ワーキングマザーさんは、終身保険が500万円となりますのでこれを残して、定期保険の一部を解約してもよろしいかも知れません。

ご主人様におかれましては、終身保険が2,000万円となりますので、ここの部分を1,000万円にしていただくと、保険料が安くできます。

尚、定期保険特約付き終身保険となりますので、支払い保険料が割安とは限りません(詳細は保険証書を確認しないと分かりません。)

以上、ご参考にして頂けますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

ワーキングマザーさん

ご回答ありがとうございます.保険料は割安なのですね.主人の終身部分は2000万円で私が500万円なので,主人の方の終身部分を減らせばよいということでしょうか?その場合,今までの保険の「転換」をする,ということなのでしょうか.

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

とてもよく考えられてますね。

2007/09/13 21:44 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、ワーキングマザーさん。
マネースミスの吉野です。

保険というのは、万が一の時に金銭面で必要になるものだと思います。

ワーキングマザーさんのおっしゃるように、万が一の時に家計に影響が無いのであれば保険の必要性は無いのではないでしょうか。

ご主人様の見直しを特にお考えのようですが、ご主人様の保障が多いと思われるのであれば、これまで加入していた保険の解約返戻金を元に保険期間を変えないで保険金を減額する払済保険という方法もあります。
保険会社に相談されてみてはいかがでしょうか?
しかし、特約部分は解約になりますので注意してください。

奥様の保険についても同じように払済保険にするのも良いと思いますが、奥様の場合は女性特有の病気に備えるのも忘れないで下さい。

評価・お礼

ワーキングマザーさん

払済保険について,知りませんでした!どの程度の保障にできるのか,確認してみます.その場合,医療保障は別に新たに考える必要があるということですね.それから,医療保険にも対象疾病の違いがあるのですね.これも気にしていませんでした.
いろいろとご教示ありがとうございました.

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

保険の見直しについて hikomamaさん  2014-04-20 00:16 回答2件
保険見直し+ライフプランについて ctsfukさん  2012-03-25 14:45 回答1件
生命保険、個人年金の見直し のえりーさん  2009-01-04 14:21 回答7件
第一子が生まれるので保険の見直しをかけたいです ankoromochiさん  2013-02-14 11:17 回答2件
個人年金保険の新規契約 makkiさん  2012-04-25 21:47 回答6件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

メール相談

「メールで相談。ほけんのこと」 匿名相談OK!

Q&Aよりも詳しく具体的なことが知りたいときに

京増 恵太郎

FPアメニティ

京増 恵太郎

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)