雇用保険について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

雇用保険について

マネー 年金・社会保険 2016/01/31 02:03

こらから時給1200円のパート勤務をする予定です。主人の保険に加入したいので
月108000円以下に抑えようと思うと
90時間以下の勤務時間になりそうです。

雇用保険は週20時間以上勤務している方が
加入できると聞きましたが
月によって31日あり5週ある日などは
何時間以上勤務すれば
雇用保険に、加入できる条件を
みたすのでしょうか?

朱あかさん ( 大阪府 / 女性 / 31歳 )

回答:1件

平松 徹 専門家

平松 徹
社会保険労務士

- good

1週間の単位で20時間以上働くとき、雇用保険加入になります。

2016/01/31 11:35 詳細リンク

社労士の平松です。(^O^)/

1週間の単位で20時間以上働くとき、雇用保険加入になります。
企業との労働時間の取り決めが、週当たり20時間以上ですと、加入です。

「月によって31日あり5週ある日などは 何時間以上勤務すれば 雇用保険に、加入できる条件 みたすのでしょうか? 」

雇用保険の加入要件は月単位では考えません。
ただ、月90時間が限度ということ。
31日の月で考えますと、月31日は7日で割ると4..43週です。
週20時間で88.6時間で、90時間を割ります。
すべての月が90時間を下回るということです。

労働条件通知書など企業の方で従業員に出さないといけませんが、週ごとの労働日、労働時間を明示しています。

その労働時間が20時間以上であれば、雇用保険に加入になります。

少しわかりずらいかもしれません。
その場合、またお気軽にご質問ください。m(__)m

雇用保険の加入要件は月単位では考えません。

回答専門家

平松 徹
平松 徹
(千葉県 / 社会保険労務士)
株式会社 ソフィア 所長

役に立ってなんぼの経営コンサルタントです。

顧客の役に立てたときに喜びが大きいですね。そのためには顧客のニーズをしっかりと把握すること、それに応えるにはどのようにしたらよいか、いろいろと悩むことが多い毎日です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

106万の壁 扶養内にとどまるべきか迷っています。 miharuruさん  2016-08-29 14:09 回答1件
扶養130万以内パートについて ffu84738さん  2016-11-03 22:05 回答1件
雇用保険、国民健康保険について b5a9rさん  2014-06-09 09:10 回答1件
今のまま働くと働き損になりますか? mykrh2oさん  2011-11-10 17:46 回答2件
社会保険、厚生年金の加入条件について takumiさん  2011-02-27 11:57 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

対面相談 鹿児島市保険の見直し訪問サービス
宮里 恵
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)