住宅ローン借換について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローン借換について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2015/10/26 16:04

現在借換を検討しています。

ローン残高 1080万
期間 13年

現在利率 1.7 2022年から変動に変更(現在の変動1.2)

借換検討先 変動 0.588 もしくは10年固定 0.860→その後変動

諸費用は40万前後かかるようです。

現在借りている銀行は変動になった時の優遇が少なく、それなら今借換して変動にした方がいいのかなと思いました。
しかし変動のリスクも怖いので、10年固定でも今より低くなるのでそっちでもいいのかとも思います。

現在家計が苦しいわけでもないので、わざわざ借換る必要はないでしょうか。

ちび子さん ( 東京都 / 女性 / 40歳 )

回答:2件

三島木 英雄 専門家

三島木 英雄
ファイナンシャルプランナー

- good

10年固定で今より固定金利期間を伸ばす方法

2015/10/26 18:58 詳細リンク

ちび子様

住宅ローンの借換えをご検討中とのこと、昨今の住宅ローンは非常に金利が
低いため、借換えされる方は多くいらっしゃいます。

内容を拝見しましたが決定的な差が出ずに確かに悩ましいですね。

良い意味で、ローン期間が残り短い事と借入金が少ない為、金利差の影響が
大きく出ていません。


ご質問を整理すると下記のようなイメージです。

※現在のまま
金利:1.7%(変動以降後も0.5%上昇想定で1.7%とする)
毎月返済額:約77,211円 想定金利負担総額:約124万

※変動金利
金利:0.588%(7年後から0.5%上昇想定で1.088%とする)
毎月返済額:約71,927円 想定金利負担総額:約53万

※10年固定
金利:0.860%(10年後から1.36%とする)
毎月返済額:約71,927円 想定金利負担総額:約64万


ベースとして現在のまま借りていた場合は、残り13年で約124万円程度の
金利負担となりそうです。

借換えをした場合、金利負担は減りますがコストの40万程度を考慮すると
差額は小さくなってきます。
出来る限り同条件とする為、借換えの場合も金利上昇をさせています。

金利とコストで考えると
現在のまま:124万
変動:93万
10年固定:104万


借換えメリットは何とかありそうですが、絶対にしなくてはならないという
レベルではなさそうですね。


不確定要素としては金利上昇ですが、現在あと7年ほど固定金利期間があります。
変動金利の際は、それを失ってしまいますので30万円ほど得をしそうですが
金利上昇の速度によっては、、、というリスクが付いてきます。

それであれば、10年固定の方がメリットが高いかもしれません
・現在よりも固定金利期間が長くなる
・固定金利終了後も適用される変動金利が低い
・毎月の返済額を減らしたい訳ではない

ちび子様のご希望も考慮すると、10年固定にメリットがありそうだと思います。

少しでもご参考になれば幸いです。

金利上昇
借換え
固定金利
変動金利
住宅ローン

回答専門家

三島木 英雄
三島木 英雄
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

三島木 英雄が提供する商品・サービス

対面相談

ライフプランコンサルティング(家計診断)

■お金の将来予測を行い「将来不安を解消!」見えてくる課題点・問題点を解決しませんか!?

対面相談

しっかり解る!確定拠出年金の「制度・運用レッスン」

~投資のリスクをしっかりと理解、確定拠出年金の制度をしっかり使いきろう~

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

5 good

住宅ローン借り換えについて

2015/10/27 10:07 詳細リンク

ちび子さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャルプランナーとして活動している渡辺て゜゛す。

『現在、家計が苦しいわけでもないので、わざわざ借り換える必要はないでししょうか。』
につきまして、

住宅ローンを借り換えてメリットが出るための条件として、
・借入残高が1,000万円以上残っていること。
・返済期間が10年以上残っていること。
・現在のローン金利との差が、1.0%以上あること。
などとなります。

返済額のシミュレーションは別の方が行っているので私の方では行いませんが、
現在のローン金利を考慮した場合、
若干のメリットは出てくるものと思われます。

ちび子さんが現在利用している住宅ローンの場合、
2022年から変動金利に切り替わってしまう点が少々気にはなりますが、
2022年までにはローンの借入残高も大分減っていて、
変動金利に替わっても借入金額が少なくなっていれば、
それほど大きな金利負担にはならないと思われますし、

もしも借り換えを行うとした場合、
謄本や収入証明書など、
添付資料を取り寄せるのにそれなりの手間と時間がかかってしまいます。

多少なりとも返済負担を軽減したいのでしたら、
0.86%で借りられる10年固定金利でもよろしいと考えますし、

借り換えを行うときの手間ひまが煩わしいようでしたら、
今のままで、繰り上げ返済を行って返済期間を短くしておいてもよろしいと考えます。

以上、ご参考していただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄
http://www.fpreal.jp/

個別相談
繰り上げ返済
ファイナンシャルプランナー
借り換え
ローン借り換え

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローン借換 ヴルさん  2016-08-19 08:24 回答2件
マンション売却か賃貸か モンスターくんさん  2015-11-20 01:44 回答2件
3800万の物件を購入しても家計が破綻しませんか? ぽんざえもんさん  2015-03-03 07:47 回答1件
銀行に住宅ローンの金利交渉をしたのですが ライブさん  2016-08-18 08:50 回答1件
姉弟間で名義変更と住宅ローン借り換え k.a.t.k.aさん  2016-01-23 17:59 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

鹿児島市住宅ローン借換え相談

住宅ローンの借換えの絶好のチャンスです。

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書&CF付)

初めて住宅を購入する方に、後から後悔しない住宅ローンの組み方をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローン相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)