起業したいです - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業したいです

法人・ビジネス 独立開業 2007/09/11 14:00

私は、29歳の外国人女性です。去年同じ国籍の男性と結婚しました。今年は4年目の社会人となり、安定した収入が毎月入ってきます。
でも、今の仕事はこれからずっとしたい仕事ではないです。起業したいです。
今考えているのは、まずネットショッピングからはじめたいと思います。そのほうが資金もそんなにかからないからです。
ここで質問をしたいですが、
1)外国人の私は、今の社会人になりながら、ネットショッピングの運営できるでしょうか?
ネットショッピングを始める前に、必ず仕事をやめて、起業届け?自営業届け?みたいなものを提出しないといけないでしょうか?
2)私は、外国人ですので、年金をもらうのは望んでいません。もし仕事をやめたら、国民年金を払わないといけないでしょうか?
3)外国人が日本で起業する場合、特別にやらないといけない法的なことってありますでしょうか?

皆様からのご回答と意見、そしてご指導お待ちしております。
以上、よろしくお願いします。

ジョアンさん ( 神奈川県 / 女性 / 29歳 )

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ご質問ありがとうございます

2007/09/12 23:30 詳細リンク

*● 質問 (1)−1
''外国人の私は、今の社会人になりながら、ネットショッピングの運営できるでしょうか?''
** 回答と解説
日本の一般企業の多くは、通常会社でのお仕事以外に別の仕事を持つことが ''禁止'' されていたり、あるいはそのような場合に ''許可'' を得なければならない会社ルールを定めています。

もしジョアンさんのお勤めの会社にもそのようなルールがあるようであれば、会社に黙って起業し、会社に見つかった場合、ジョアンさんは会社ルールの違反を理由に、何らかのペナルティが課せられることも考えておかなければなりません。 なのでまずは一度お勤めの会社の規則を確認してみましょう。

【関連Q&A】 ''週末起業'' をごらん下さい。 少し複雑ですが特に同時に2つ以上のお仕事をする際、ご自身のお仕事を守る上でも知っておかなければならない大切な問題です。

また同時に2つ以上のお仕事をする場合、気をつけなければならないのは、お勤めの会社とジョアンさんの事業が「競業」(=同じ業種・同じような商品を扱う)関係にある場合です。

この場合は、上のような会社ルールがあるないにかかわらず、会社に見つかれば最悪会社を ''クビ(懲戒解雇)'' になる、つまりお勤めの方のお仕事を失ってしまうリスクがあり、これは会社に対する裏切り行為としてタブーとされています。 同じ事業、同じような商品を扱うことが、お勤めの会社の利益を害するおそれがあり、会社との信頼関係を損なう行為と見られているからです。 少なくともお勤めをしながら競業関係の起業をすることは避けなければなりません。

【参考Q&A】 ''二重就業に伴う法的リスク''

補足

結局のところ、今のお仕事をしながら起業することが許されるかどうかは、会社とジョアンさんがお互いの利益を尊重するかたちで、会社との信頼関係のもと会社の理解を得られるかどうかがポイントになってくると思います。(実際には難しいと思いますが・・・)


*● 質問 (1)−2
''ネットショッピングを始める前に、必ず仕事をやめて、起業届け?自営業届け?みたいなものを提出しないといけないでしょうか?''
** 回答と解説
起業するうえでお勤めをやめなければならないかどうかは、質問(1)−1でお話したとおりです。

あと開業届(起業届け、自営業届け)については、仕事をやめるやめないにかかわらず、ご自身で事業をされる場合、「税金」を納める義務を果たす上で必ず必要な手続きです。


*● 質問 (2)
''私は、外国人ですので、年金をもらうのは望んでいません。もし仕事をやめたら、国民年金を払わないといけないでしょうか?''
** 回答と解説
お勤めをやめて日本を完全に離れる(本国に帰られる)のであれば、国民年金から抜け保険料を払う必要はなくなりますが、お話のように引続き日本に住まれ(起業され)るのであれば、やはり国民年金へ加入しなければなりません。

ただ、ご主人様が会社で社会保険にご加入で、の ''被扶養者'' (所得 ''130万円未満'' )になることができれば、起業されたとしてもジョアンさん単独で国民年金に加入する(保険料を納める)必要はありません。 反対に言えば、所得が ''130万円以上'' 見込まれれるようであればやはりご自身で加入しなければなりません。

→ ''続きはコチラ''

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

外国人夫と夫婦での個人事業起業について akitakomachiさん  2012-06-29 05:58 回答1件
外国企業の代理店契約について hsitehisyさん  2015-10-30 17:27 回答1件
2つの専門職で独立開業は可能か hannah.mさん  2014-03-08 21:48 回答1件
離職後の国民健康保険料や国民年金の確定申告 taiseimaruさん  2013-01-26 23:55 回答1件
起業するために・・・ やすとさん  2009-09-04 17:36 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)