開業前の確定申告 - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

開業前の確定申告

法人・ビジネス 独立開業 2014/12/15 16:03

今年2014年7月に会社を退職しまして、来年2015年3月以降に開業届を提出する予定です。
開業後は青色申告にするつもりですが、今回の2015年3月の確定申告を、白色にすべきか青色にすべきか悩んでいます。
2014年中は、退職後は所得はありません。開業費は、青色申告にしたら計上したいと思っています。
下記、いくつかパターンを考えたのですが、どうすべきかアドバイスを頂けないでしょうか。
A)2015.3/15までに白色申告を提出 → 提出以降に開業し、2016年の確定申告は青色申告にする
B)2015.3/15までに、7月までの給与所得分のみで青色申告を提出 → 提出以降に開業
C)2015.3/15までには確定申告を出さず、3月に開業してから2ヶ月以内に青色申告を出す

3月の開業以降、事業所得は不定期にしか見込めません。黒字になれたとしても、なり過ぎないように開業費を賢く計上したいと思っています。一番調整しやすいのは(A)でしょうか・・? それとも(C)の方がメリットがあるのでしょうか。
アドバイス宜しくお願いいたします。

anbeeさん ( 東京都 / 女性 / 36歳 )

回答:1件

小松 和弘 専門家

小松 和弘
経営コンサルタント

1 good

確定申告後の3月に開業し、青色申告提出が妥当です

2015/01/13 14:23 詳細リンク
(5.0)

2015年3月の確定申告と開業費の計上方法についてのご質問ですね。

まず、2015年3月の確定申告につきましては、7月までの給与所得分について確定申告することにより、納め過ぎた税金が戻ってくる場合があります。
7月で退職されますと、給与から源泉徴収された所得税の内、超過分が年末調整で精算されませんので、還付されません。また、生命保険や医療費、住宅ローンなどの控除があれば、それらも確定申告の際に所得から控除し調整することになりますので、ご確認のうえ、7月までの給与所得分で確定(白色)申告されることをお勧めいたします。
2014年中は退職後の所得が全くないのであれば、青色申告してもメリットはありません。2015.3/15までに7月までの給与所得分のみで確定申告し、3月に開業後、2ヶ月以内に青色申告を出すのが最も妥当でしょう。

また、開業費につきましては、開業の準備のために支出した費用ですので、開業時に費用ではなく繰延資産として計上し、任意の年度にわたって償却することができます。
開業費の償却の方法としては5年間(60ヶ月)で均等に償却していくか、任意のペースで償却していくか(任意償却)を選択することができます。
任意償却とすることで、例えば、開業1年目に利益が少なく開業3年目に高収益となった場合には、開業3年目に開業費を償却する事で節税効果を期待できます。

参考サイトとして、国税庁のHPをご案内します。
国税庁:償却期間経過後における開業費の任意償却
https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/04/08.htm

更により賢く節税したいとお考えでしたら、償却するタイミングや期間について、税理士などの専門家にご相談されることをお勧めいたします。

この他、開業費として認められる費用の種類や期間については、以下のサイトを参考にされるとよいでしょう。
http://allabout.co.jp/gm/gc/436677/

ご成功を心よりお祈りいたします。

繰延資産
開業費
国税庁
青色申告
確定申告

評価・お礼

anbeeさん

2015/01/18 00:57

ご丁寧に分かりやすく教えて頂き、ありがとうございます!
基本的なところで躓いておりましたが、理解できました。

また、開業費についても色々と教えて頂き、感謝いたします。
ご案内頂いたサイトも、参考にさせて頂きます。

小松 和弘

2015/01/20 20:09

ご評価ありがとうございます。
また何かご不明な点などがありましたらご遠慮なくご質問ください。

回答専門家

小松 和弘
小松 和弘
(東京都 / 経営コンサルタント)
ホットネット株式会社 代表取締役
03-6685-6749
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

中小企業のITで困ったを解決します!

ITまわりで、中小企業の困ったは様々です。どこに連絡すれば良いのか判らず、色々な窓口に電話をかけても解決できない事が多くあります。そんな「困った」の解決窓口の一本化と、中小企業の健全なIT化を推進しています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

休職・傷病手当金受給中の起業について rina36さん  2016-09-20 18:14 回答1件
会社員と個人事業主について askayuumiさん  2015-02-23 23:44 回答1件
出張ネイルについて まい5566さん  2015-05-26 12:23 回答1件
クレジットカードの仕訳について Ryo1172さん  2013-10-14 12:47 回答1件
会社に所属したほうがいいか、開業したほうがいいか shihorigonさん  2011-02-25 08:51 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)