助成金について - 独立開業 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

助成金について

法人・ビジネス 独立開業 2007/09/03 21:40

いつも拝見しています。
助成金についての質問です。

7月に会社を辞め、今失業保険を受けていますが、就職ではなく開業を考えています。
私も起業者向けの助成金の制度が使えないか検討したいと思っていますが、そもそも私のように個人事業で起業する場合もその対象になるのでしょうか。
開業者向けの助成金の制度と手続きについて詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

せきとさん ( 千葉県 / 男性 / 32歳 )

回答:1件

後藤 義弘 専門家

後藤 義弘
社会保険労務士

- good

ProFile をご愛顧いただきありがとうございます。

2007/09/04 00:29 詳細リンク
(5.0)

*回答のポイント
新規開業者向けに助成金については、要件に該当すれば運営形態(法人・個人)を問わずご利用いただけます。 ただこれらの助成金は ''タイミングが命'' です。 まずは中心となる要件に該当するかチェックし、該当するようであれば早急に専門家もしくは取扱い機関にご相談されることをお勧めします。

**''解説''
助成金はその運営母体によりいくつかのバリエーションがありますが、今回は せきとさん が目下雇用保険の失業給付を受けておられるという状況から、雇用保険が主体となり運営されている助成金制度を中心にみていきたいと思います。

まず 新規事業者向けの助成金制度は雇用保険法がその趣旨としている ''雇用の創出'' というテーマと強く結びついており、そのインセンティブとして助成金が支給される仕組みであることから、その対象は概ね

''人の新規雇用を伴う事業を始める事業者''

に限定されていることに留意が必要です。
例えば週末起業や1人取締役の会社など従業員の雇用のない新規開業は残念ながらこの雇用保険制度の助成金の対象にはなりません。

現在、せきとさんのような事業を始められる方が対象となる助成金は

(1) 受給資格者創業支援助成金 [max 200万円]
(2) 中小企業基盤人材確保助成金 [max 850万円]
(3) 地域創業助成金 [max 500万円] (近々廃止の予定?)

[その他一定の業種(介護事業)向け、''45歳以上'' の事業者向け、''子育て中の女性 '' 向けの助成金などもあります ]

などが候補として考えられますが、少なくともこの3つに関しては運営形態が せきとさん のように「個人事業」であってもその他の要件を満たしていれば受給の対象となります。

補足

そしてそこからどのような人を雇用すれば対象となるかについて上の(1)〜(3)ごとそれぞれの制度によって異なっており、この点が要件の中心部分になってくるため、まずはこのあたりのチェックから受給可否を探っていくことになります。

(1) 雇用保険に加入 [*1] できる従業員を 1名 以上
(2) ''管理職相当 [年収350万円以上(除賞与)]'' の従業員 1名 以上 [*2]
(3) ''会社都合で離職'' した従業員 1名 を含む 2名 以上 [*3]

[*1] 週の所定労働時間 ''20時間以上'' + ''1年以上'' の雇用見込
[*2] この他開業に際し ''300万円以上の設備投資'' が必要
[*3] 事業者が会社都合離職者である場合は 1名の雇用で可

誌面の制約上省略させていただきますが、この他にもそれぞれの助成金ごとたくさんの要件があるので、詳細については各制度のHPをご参照、もしくはお問い合わせいただければ回答をさせていただきます。

ただ せきとさん の場合、今のご自身の状況がすでに上の(1)の助成金の対象となる可能性を示唆しています。(なお せきとさん の資格要件として雇用保険に加入されていた期間が ''5年以上'' あることが必要です)

また7月に会社を退職されすでに失業給付を受給されているということから離職理由が ''会社都合'' という可能性が考えられます。 もしそうだとすれば(3)の助成金が、また雇用される従業員のお給料の額によっては(2)の助成金も対象となるかもしれません。

ちなみに上の3つの助成金は要件に該当していれば

''(1) × (2) もしくは (2) × (3)''

の組み合わせで ''ダブル受給'' も可能です。

→ ''続きはコチラ ''

評価・お礼

せきとさん

役立つ情報ありがとうございます!
細かい点わからない点はまた問い合わせさせていただきたいと思います。 そのときはよろしくお願いします。

ご親切な対応ありがとうございました!

回答専門家

後藤 義弘
後藤 義弘
(社会保険労務士)
代表取締役

『提案力』 『コミュニケーション力』 に自信アリ

中堅中小企業の頼れるアドバイザーとして経営上の広い課題に横断的に対応します。経営者との良い協働関係を通じ、常に有益なツールや情報をご提案し、会社利益に積極的に貢献するとともにお客様の満足を超えるパフォーマンスのご提供に全力を尽くします。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

せきとさん

ご丁寧なお答えありがとうございます!

2007/09/07 22:06 固定リンク

再質問です。

ご紹介いただいた受給資格者創業支援助成金についてお聞きしたいのですが、要件になっている「雇用保険に加入できる従業員1名以上」の従業員はアルバイトなど正社員じゃない従業員でもよいのでしょうか。
それとも年収350万円以上ともあるので、やはり正社員を採用する必要があるということでしょうか。 よろしくお願いします。

せきとさん (千葉県/32歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

休職・傷病手当金受給中の起業について rina36さん  2016-09-20 18:14 回答1件
会社員の副業として始めた個人事業 momo4profileさん  2014-10-21 17:31 回答1件
独立開業における保険と税についての質問 88クランキーさん  2013-07-30 15:04 回答1件
給与所得者の週末起業について merceさん  2007-11-10 05:40 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

独立、起業、法人成り アドバイス

これから独立、起業、法人成り、副業などを検討している方へのアドバイス

谷 理恵子

谷 理恵子

(心理カウンセラー、起業コンサルタント)

メール相談

創業資金を借入するための起業計画メール相談(2往復)

元銀行員で、豊富な創業資金審査経験を持つコンサルタントが、起業計画書を事前に点検!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

メール相談

【メール無料相談】 起業家のための生き残り財務戦略&資金調達

起業時の財務面、資金調達について、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

森 滋昭

森公認会計士事務所

森 滋昭

(公認会計士・税理士)

メール相談 創業資金を借入するための起業計画メール相談(1か月)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)