小規模個人再生と個人事業廃業 - 借金・債務整理 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

小規模個人再生と個人事業廃業

マネー 借金・債務整理 2014/09/27 10:15

個人事業をしていますが、小規模個人再生の申請をします。現在、私名義の事業用預金口座から妻名義の口座に残高を移し、日々の売上入金、仕入の支払はそちらから行っています。妻は実際に私の仕事に専従し給与を支払っています。先日税理士から私が廃業し、妻の名前で開業届を提出する様に言われました。小規模個人再生を申請する上で私が廃業するのは問題ないのでしょうか。

スマブラさん ( 大阪府 / 男性 / 44歳 )

回答:1件

小林 一行

小林 一行
司法書士

- good

廃業は問題があります。

2014/09/27 22:01 詳細リンク

はじめまして、司法書士の小林一行と申します。

さっそくご質問の件ですが、小規模個人再生を申し立てるための要件として「反復継続した収入」のある事が必要です(民事再生法221条1項)

個人再生は自己破産と異なり、負債の総額が減額こそされるものの、認可後も返済を継続していくため、返済能力のある事が必要となるからです。

この「反復継続した収入がある」という事は自営業者の方の場合、毎年の確定申告書や納税証明書で証明することになります。

しかし、毎日の入出金を奥様の名義にされ、かつ廃業もされるのでは、この「反復継続した収入」を証明するのが難しくなります。

もちろん、「反復継続した収入」には自営業での売り上げに限らず、どこかへお勤めの場合の給与所得も含まれます。

そのため、廃業されたとしても、どこかにお勤めになり給与所得を得られるのでしたら、「反復継続した収入」の要件は満たします。

そうではなく、単に廃業だけして、今後どこかへお勤めになるといった事情もないのでしたら、小規模個人再生を申請するうえで問題があります。廃業により「反復継続した収入」の要件を満たさなくなってしまうからです。

税理士さんが、奥様への経営主体の変更を指示している理由がわからないので、正確な回答は難しいですが、少なくとも小規模個人再生との関係では、ご主人が経営主体であり、その収入を確定申告で証明できるという状態で申請をされた方がよいかと思われます。

個人再生
司法書士
民事再生
自己破産
自営業

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

余命3ヶ月の主人の債務整理について ウェーブさん  2015-09-26 23:43 回答1件
妻からお金を借りる場合 鍛冶屋さん  2013-06-18 19:24 回答1件
競馬の情報詐欺にあいました みいくんさん  2015-08-16 23:42 回答1件
債務整理  ななしのななしさん  2010-01-25 19:05 回答1件
自己破産による親族間のトラブル ハイロウさん  2008-10-13 01:03 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)