変額個人年金について - お金と資産の運用 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

変額個人年金について

マネー お金と資産の運用 2014/09/02 21:26

私は現在31才で,手元にある400万円を老後資金として増やしたいと考えています。そこでJAのライフロードに加入しようか検討しているのですが,変額個人年金はインフレに強いって本当でしょうか?この商品は最低保証利率でずっと推移した場合他社の定額年金よりも受取額がかなり少なくなる事が予想されています。そこで他社の定額年金にも分散して加入した方が良いのでしょうか?今後市場金利が上がって行く場合は変額が良いのでしょうが,今後長い目でみてそんなにインフレになったりする事ってあるのかなとも思います。

ぽわぞんさん ( 愛知県 / 女性 / 31歳 )

回答:2件

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

インフレ対応の商品選択について

2014/09/05 14:25 詳細リンク
(5.0)

ぽわぞん様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

お書き頂いた商品は、予定利率変動型とありますね。

ちなみに、変額個人年金とは、積立部分に特別勘定が設定されているものをいいます。

特別勘定は、国内外の株式や債券などで運用され、将来の年金や解約返戻金は、その運用次第で増減します。

一方、ご検討されている商品に特別勘定はなく、予定利率の見直しが行われる仕組みがあるだけです。

主には、国内債券で運用されるため、一般的な変額個人年金と比べ、インフレに強いとはいいにくいです。

ただ、インフレになれば、金利が上昇する可能性も高いので、超低金利のまま、見直しがされないものよりは、インフレ対応型といえます。

あとは、インフレになるシナリオを予めイメージしておいた方がよいと思います。

もしインフレになるとしたら、その前に急激な円安があることも考えられます。

極端な円安になれば、海外に依存している食糧、エネルギーなどの価格が国内で高騰する可能性が高いです。

多少の円安であれば、その高騰分は、流通段階である程度まで企業側が吸収してくれますが、極端に進めば、一般消費者にその負担が転嫁され始めます。

給料がそれほど上がらない中、万一、物価が今の2倍、3倍になってしまったりすると、生活への影響も甚大です。

自然災害が突然襲ってくるのと一緒で、金融災害が突然起こらないとも限りません。

ご検討されている商品も、最低保証があるという意味で、決してわるくはありませんが、極端なインフレ、円安にも備えるなら、変額個人年金、あるいは、投資信託などを組み合わせで考えておいた方がよいかもしれません。

インフレ
商品選択
ファイナンシャルプランナー
個人年金
見直し

評価・お礼

ぽわぞんさん

2014/09/05 17:44

分かりやすいご説明をして頂きありがとうございます。私はこれまで資産運用について殆ど経験がなく,元本保証がないと怖いというイメージがあり,個人年金も元本保証ありという条件で探しておりました。しかしインフレ対応にはある程度リスクをとったほうが良いのでしょうね。投資信託については無知なのですが,少額で始められるのもあるのでしょうか。個人年金をかけつつ,無理のない範囲で自分にあった金融商品を探していこうと思います。

森本 直人

2014/09/05 18:45

ぽわぞん様、評価・コメントありがとうございます。

資産運用については、インフレ対応も大事ですが、将来の公的年金だけでは生活できなくなるリスクへの対処も大事です。

FPに限らず、一般に、将来の公的年金には期待できないと考えている方は多いものの、真剣に対策を立てている方は少ないです。

具体的に試算すると、貯蓄性のある保険による年1%程度の利回りでは、老後資金が枯渇してしまうグラフになるケースも少なくありません。
(もっとも、現実には、資金が枯渇する前に節約するとは思いますが...)

他にも安全かつ効率的に資金を殖やす手段はありますので、金融経済について、よく勉強した上で、時間を味方につけられる今のうちから、長期視点の運用にも取り組んでみてはいかがでしょうか。

例えば、投資信託の積立プランであれば、比較的少額から取り組みやすいと思います。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

1 good

変額年金と利率変動型年金は異なります。

2014/09/12 23:07 詳細リンク
(5.0)

はじめまして、FPの岩川と申します。

下記のように名前は似ていますが、運用の仕組みは異なります

1)変額個人年金・・・・株式や債券などの投資信託で運用する年金保険
2)利率変動型年金保険・・・・・主に国債で運用している年金保険

※長期投資では一般に株式などが含まれた方がインフレに強いと言われます。

ぽわぞん様が検討中の年金保険は、2の利率変動型年金保険ですね。
保険会社が、間接的に国債を購入して運用していることになります。


>>他社の定額年金にも分散して加入・・・

定額年金であれば、おそらく主に国債で運用している年金保険と考えられます。
つまり、同じ投資先の商品を複数購入(分散)してもそれほど利回りに大差はないと言えます。

今後のインフレに対応した商品を検討するならば、1の変額年金保険です。

ただ変額年金は、中身の運用次第では、しっかりとしたリターンを期待できる反面、理解をせず購入すれば、結果的に元本の欠損もあります。

インフレ対応が目的で、かつ保険としての保障が必要なければ、国債や投資信託での資産形成も検討されても宜しいのではないでしょうか。
投資信託、変額年金には、それぞれ税制面、コスト面、満期の有無、受取方法など異なった特徴がありますので、情報収集も必要です。

ご不明な点がございましたら、気軽にご質問ください。

変額年金
投資信託
資産形成
債券
年金保険

評価・お礼

ぽわぞんさん

2014/09/13 00:42

分かりやすい回答をして頂きありがとうございます。実は今個人年金の他に投資信託で外貨MMFというものを始めようかと検討しています。つい最近この運用について調べたところ,税金の面で外貨預金より有利みたいですね。しかし今は円安なので実際に始めるのは後にしたほうが良いのでしょうか?利回りは求めたいところですが投資は初心者で難しく感じます。

岩川 昌樹

2014/09/13 00:54

国内債券に偏らず、広く分散するのは良いと思います。
また、外貨MMFは、ご指摘の通り外貨預金と比較しても有利です。

ただ、長期投資を基本にするならば、もう一工夫すると選択肢は、まだあるのかもしれません。

きっと参考になると思います。
お時間ございましたら、是非、ご覧下さい。

★外貨MMFと外貨預金の利用価値↓
http://goo.gl/WcAERq

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

老後資金のための資産運用 きぃちゃんさん  2016-02-12 23:50 回答2件
小規模企業共済と個人型確定拠出年金 がっちゃん0477さん  2015-11-30 01:49 回答1件
アクサ生命のユニットリンクについて datemoriさん  2015-04-14 10:50 回答4件
個人型確定拠出金と退職金の運用 ひとしさんさん  2014-07-31 02:03 回答1件
お金を守り、増やすには? がっちゃん0477さん  2015-11-18 02:38 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

矢崎 雅之

やざきFP事務所

矢崎 雅之

(ファイナンシャルプランナー)

その他サービス

NISAスタートアッププログラム

NISA(少額投資非課税制度)を有効に活用するためのプログラムです!

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

対面相談

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)加入サポート

イデコ(iDeCo:個人型確定拠出年金)に加入する際のコンサルティングを総合的に行います。

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 金融商品を買う前に申込むFP相談会
森本 直人
(ファイナンシャルプランナー)